宝塚記念2019結果・優勝馬はリスグラシュー

 

紅一点。

 

強豪牡馬の中にただ一頭

参戦した牝馬のリスグラシューが

好位から最速の脚を使って

完勝した宝塚記念2019。

 

昨秋一段の成長を果たして

GⅠを勝利した同馬でしたが

D.レーン騎手のエスコートにより

GⅠ2勝目を手中にしました。

 

身上の差し脚を2番手から

繰り出したのには驚きましたが

ゴール後にガッツポーズを作った

レーン騎手も会心の騎乗でした。

 

最後は突き放す余裕も見せた

鮮烈な一戦となりましたが

その走りを振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<宝塚記念2019予想・印&買い目>

本命◎・・・アルアイン

対抗〇・・・キセキ

単穴▲・・・リスグラシュー

特注☆・・・エタリオウ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<宝塚記念2019結果>

優勝馬・・・リスグラシュー(▲)

2着馬・・・キセキ(〇)

3着馬・・・スワーヴリチャード

(◎4着、☆9着)

払戻金・・・ワイド340円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)

 

相変わらずガミってしまった上

◎アルアインは4着でしたが・・・。

 

それでは早速今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

きれいに揃った飛び出しとなりました。

さすがは歴戦の古馬のGⅠ

スタートを決めた各馬はここから

ポジション争いに移ります。

 

 

まず先頭へ追い出して行ったのが

予想通りにキセキとなりましたが

行きかけたスティッフェリオが控えて

早くもスローに落ち着いてきます。

 

すると外からレーン騎手が騎乗する

リスグラシューも早目に前につけ

これには周囲のファンからも「あっ」と

驚きの声が漏れる展開でした。

 

 

前半の1000m通過タイムは

60秒ちょうどの時計となり

レーン騎手の駆るリスグラシューは

2番手の外(矢印)を回り溜めていました。

 

 

いよいよ4コーナーを回り直線

殆ど隊列が動かないまま

粘り込みを図るキセキを目がけて

リスグラシューが差し脚を伸ばします。

 

捉えてからはあっという間に

キセキ以下を突き放す末脚で

ゴール板を駆け抜けた時にはなんと

3馬身も突き抜けていました。

 

 

・・・圧倒的パフォーマンスでした。

 

2着のキセキが粘り込むように

ペースを刻んだ展開でしたが

それを楽に追走しながら最後

これだけ着差を開くほどの走り・・・

 

2番手から上がり最速となる

35秒2の脚を使われては

後続で待機した各馬にとっては

ひとたまりもありませんでした。

 

レース上がりが35秒3ですし

これを上回ったのも同馬だけの結果で

馬場・展開・仕上がりを読み取った

レーン騎手の判断も見事でした。

 

予想時から騎手の乗り替わりに関して

大丈夫だろうとは伝えましたが

ここまで手が合う上に先行で

抜け出して勝つとは驚きでした。

宝塚記念2019予想・本命はアルアイン

 

それではここからは宝塚記念の

馬体診断に参りましょう。

パドック速報パドックロードの印

以下の通りとなりました。

 

 

〇1着→◎2着→▲4着→☆10着でした。

 

それでは早速馬体診断

行って参りましょう。

 

 

まず優勝馬リスグラシューです。

 

モニター画像なので角度がついてしまい

見づらい部分はあるかと思いますが

張りのある無駄のない馬体からは

好調を十分に感じとれました。

 

最初本命に迷うほどでしたが

キセキの方が筋肉量があるため

総合的な2番手評価で

配信するに至りました。

 

これまでも伝えてきたとおりですが

昨秋以降の急成長のあとも

充実しきっている馬体からは

切れ味とスタミナを感じました。

 

牝馬らしい細身の腹袋を持ち

背が高く見える独特の風貌で

「こういう時は走る」という手応えを

強く感じた仕上がりでした。

 

レーン騎手も「完璧な仕上げ」という

コメントをレース後残しましたが

はしくれも100点満点に近い

仕上がりにあると思いました。

 

 

2着馬はキセキです。

 

同馬は前走時の大阪杯でも

パドックで本命にしたのですが

今回もバランス良く筋肉も

柔らかく張っていて好調でした。

 

皮膚の薄い感じも見受けられたため

上昇していると感じられましたし

リスグラシューより幅の有る点で

こちらを上位評価としました。

 

この馬は胴長でバネがあるため

少し腹部が垂れて見えるのですが

背中がしなやかで強度があり

きちんと結果を残せる馬です。

 

今は本当に充実期ですし

毎回見ていて気持ち良い馬体です。

池江調教師の手腕を

十分感じられる仕上がりでした。

 

 

最後3着馬はスワーヴリチャードです。

 

同馬は前走海外競馬で

仕上がりに注目していましたが

相変わらずバランスの良い馬体で

1周目を見てホッとしました。

 

ショウナンバッハとこちらのどちらを

4番手にするかで悩みましたが

選出に至らず▲アルアインも

4着だったことが残念でした。

 

ただ現役の古馬の中でも屈指の

バランスの良さは特筆もので

低重心で絞れた馬体も

好感が持てる仕上がりでした。

 

良い時はもっとツヤと張りが目立って

いかにも目立つ仕上がりになるので

この点縦の比較を考慮して

外したのを後悔しています。

 

ということで・・・

 

今回の一戦は4番手までの

位置取りの馬が上位を独占して

スローで切れる末脚が使える

3頭の決着となりました。

 

レーン騎手とのコンビをまだまだ

見てみたいところではありますが

短期免許が切れるために

同騎手は一旦日本を離れます。

 

彼を追いかけて海外に出るのか

それとも国内に専念するのか・・・

これからもリスグラシューの走りからは

目が離せないところです。

 

旬を迎えたリスグラシューやキセキが

再びターフに姿を現すとき

はしくれも更に相馬眼を磨いて

レースを迎えたいと思います。

 

いつも応援下さっている皆様

誠にありがとうございます。

これからも全力で取り組みますので

よろしくお願い申し上げます。

 

宝塚記念2019結果・データ

馬場状態:良。当日未明にかけて小雨。

走破タイム:2分10秒8(レコードとコンマ7秒差)

1000m通過:60秒0=後半58秒9

ペース:スローペース

レース上がり3F:35秒3=優勝馬35秒2(最速)

 

*宝塚記念本線ワンツー☆6月の最終週も

パドックロード(2019)6月度会員募集中!

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「宝塚記念2019結果・優勝馬はリスグラシュー」への2件のフィードバック

  1. おかげさまで春のG1ラスト飾る事ができました。
    ありがとうございました!
    こちらにもコメ残す事が出来るようになりましたw

    1. 炭酸水さん!嬉しいです(*^^*)

      何がはまってコメントいただけるようになったのか、はしくれには分からないのですが…(^^;)とても光栄です☆

      宝塚記念は上手く行きましたが、炭酸水さんの的中はご自身の予想力によるものです。一つのツールとしてお使いいただき、心よりの感謝を申し上げます。

      またいつでもいらっしゃって下さい。お待ちしています~(*^^*)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です