天皇賞春2019予想・本命はフィエールマン

 

再戦。

 

昨年の菊花賞上位組が

人気の中心を形成しそうな

今回の天皇賞2019は

再戦ムードが高まる一戦です。

 

菊花賞を制したフィエールマンが

一歩リードしている形ですが

ライバルたちも実績をあげて

この大一番に乗り込んで来ました。

 

現4歳世代のレベルの高さは

至るところで目撃されていますが

1冠を制したフィエールマンには

俄然注目が集まります。

 

果たして見事人気に応えて

先頭でゴールを駆け抜けられるのか―

予想の根拠を伝える前にまずは

印と買い目から公開しましょう。

 

<天皇賞春2019予想・印&買い目>

本命◎・・・フィエールマン

対抗〇・・・エタリオウ

単穴▲・・・ユーキャンスマイル

特注☆・・・ロードヴァンドール

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー〇▲☆各100円、計400円。

 

 

本命◎はフィエールマンです。

 

同馬は先述のとおり昨年

菊花賞を制したGⅠ馬ですが

長距離向きの馬体に加えて

破壊力のある末脚を武器に持ちます。

 

今回予想の決め手にしたのは

道中緩みそうな展開であり

ちょうど昨年の菊花賞時と

似たような展開を予想しました。

 

2周目の弛緩しやすいところで

ルメール騎手が進出を開始し

エタリオウを見ながらスパートする

そんな情景を思い描きました。

 

こうなると枠順も10番枠なら

邪魔が入りそうにもありませんし

頭数も手ごろですから紛れる

要素は少ないと思います。

 

いつも休み明けのようなローテーションで

きっちり結果を出していますし

馬体もそれで仕上がってくるタイプで

抜かりはないと思います。

 

 

対抗〇にはエタリオウです。

 

同馬は今回内枠2番と

かなり内目の枠に入りましたが

ロスがない枠なのは良いものの

差し馬にはやや微妙な枠です。

 

インを突いて先行するタイプが

入る分には良い枠と言えますが

直線に入る前にワンテンポ

仕掛けが遅れる可能性があります。

 

菊花賞では抜け出したところを

フィエールマンに差されたことから

この点を意識した仕掛けを考えて

2番手評価にとどめておきました。

 

とはいえ力のある馬ですし

復帰戦も2着と上々でした。

叩いて良化するタイプですから

上昇度も含めての対抗です。

 

 

単穴▲はユーキャンスマイルです。

 

同馬は元々3歳春から

高い素質を感じていた馬ですが

ここに来て長距離戦で結果を出し

活躍の場を得た印象があります。

 

すらりと伸びた胴体からも

高い長距離適性を感じますし

バランスもよく切れ味にも不足なく

総合力の高い馬だと思います。

 

前走で手綱をとった岩田騎手が

連続で騎乗する今回ですが

同騎手は前年の当レースで

優勝している実績のある騎手です。

 

インを突くか外を回すのか

スリリングな直線になると思われ

上記2頭に割って入るとすれば

適性高い同馬ではと思います。

 

最後特注は☆ロードヴァンドールです。

 

同馬は前走・シャケトラが勝った

阪神大賞典を3着でしたが

このときのスタミナを考えると

侮れない印象を感じています。

 

馬場が悪いなか序盤から飛ばして

粘った馬はこの馬だけでしたし

京都も3勝している舞台で

同馬が最も得意な舞台です。

 

欲を言えば内枠が当たれば

より前進も有り得そうなのですが

横山典弘騎手が騎乗して

大胆に逃げる可能性があります。

 

長距離戦は逃げ馬の奇襲により

かき乱されることも少なくないので

一発を警戒して特注に

同馬の存在を挙げておきます。

 

ということで・・・

 

上位3頭は人気の4歳から

選出する結果となりましたが

サトノダイヤモンドと新馬戦を走った

ロードヴァンドールにも色気はあります。

 

フィエールマンによるGⅠ連勝か

エタリオウの悲願達成か―

 

ご覧くださるあなたがゴールを

スマイルで迎えられますように。

 

*青葉賞☆1着→〇2着→◎3着→▲4着、印4頭で4着独占。

パドックロード(2019)4月度会員募集中!

 

競馬予想のレジまぐ

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「天皇賞春2019予想・本命はフィエールマン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です