皐月賞2019結果・優勝馬はサートゥルナーリア

 

無敗。

 

ハイレベルなメンバーが顔を揃えた

皐月賞2019の結果は

断然人気に応える形で

サートゥルナーリアが見事優勝。

 

ホープフルステークス以来の

実戦でもしっかり結果を残し

大目標・日本ダービーへ向けて

無敗の1冠を制しました。

 

その美しい特別なフォルムで

見る者を魅了する同馬ですが

パドックのプロ・はしくれの目には

様々な印象が残りました。

 

レース回顧の後でいつも通りに

馬体診断も実施致しますので

ダービーへ向けての展望をぜひ

お楽しみになさってください☆

 

それでは

まずは予想から振り返り

レースを回顧して参りましょう。

 

<皐月賞2019予想・印&買い目>

本命◎・・・サートゥルナーリア

対抗〇・・・ダノンキングリー

単穴▲・・・ヴェロックス

特注☆・・・アドマイヤジャスタ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果は・・・

 

<皐月賞2019結果>

優勝馬・・・サートゥルナーリア(◎)

2着馬・・・ヴェロックス(▲)

3着馬・・・ダノンキングリー(〇)

(☆アドマイヤジャスタ8着)

払戻金・・・ワイド360円、270円、660円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)!

 

はしくれの本命◎サートゥルナーリアが見事優勝・・・☆

 

激戦となった皐月賞でしたが

最後届いたサートゥルナーリア。

上がり最速の末脚を駆使して

無敗を守った一戦でした。

 

直線は白熱の攻防による

長い審議もありましたが

終わってみれば上位人気馬たちが

強さを見せてくれたレースでした。

 

そんな結果となった今回の

皐月賞2019ですが

その内容をスタートから振り返って

参りたいと思います。

 

ではまず、そのスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

 

休み明けのサートゥルナーリアも

問題なくゲートを飛び出しましたが

中でメイショウテンゲンがすぐに後ろに

ポジションを下げていきました。

 

 

序盤は逃げて結果を出してきた

ランスオブプラーナが行きましたが

矢印のサートゥルナーリアは外の

7番手を進みます。

 

 

前半1000mの通過は

59秒1のタイムで

前後半差がコンマ1秒差という

ミドルペースになりました。

 

馬場は降雨もなく良馬場で

内もそこまで荒れることなく

大体予想通りのペースで

各馬4コーナーを迎えます。

 

 

ここでまず先頭に立ったのが

2番手のダディーズマインドでしたが

すぐに馬場の3分どころから

ヴェロックスが追いかけてきます。

 

それを見る形で本命◎の

サートゥルナーリア(矢印)が追い込んで

最内からはダノンキングリーが

猛然と突っ込んできました。

 

 

この3頭の争いに絞られ

後続は置かれてしまいましたが

左ムチに寄れたサートゥルナーリアと

ヴェロックスの攻防が激化します。

 

内のダノンキングリーも粘って

三つ巴の叩き合いになりましたが

坂を上り切って前に出たのは

外のサートゥルナーリアでした。

 

 

馬体の接触により10分ほどの

審議になってしまいましたが

2~3着の写真判定も含めて

到達順位通り確定しました。

 

無敗の皐月賞馬は2005年の

ディープインパクト以来の誕生となり

予想時から「特別な馬」と称した

見立てに間違いはありませんでした。

( 皐月賞2019予想・本命はサートゥルナーリア

 

休み明けでもライバルが強くても

素質の高さでねじ伏せてしまう・・・

数々の名馬が紡いできた歴史を

繋いで行ける馬だと思います。

 

レースでは折り合いがつきましたし

直線でも勝負根性を発揮し

最後は少しもたれましたが

勝ち切れるだけの底力がある馬です。

 

直線の短い中山ですし

同馬より前にいた馬が有利でした。

外を回り続けての戴冠は

ダービーへの視界をクリアにしたでしょう。

 

それではここからはパドック速報

「パドックロード」の配信結果

同馬を含む上位馬の診断を

実施して参りましょう。

 

まずパドックロードの印ですが・・・

 

 

◎1着→▲3着→☆8着→〇14着でした。

 

やはりサートゥルナーリアの馬体は

「別格」というべきものでしたが・・・

早速馬体診断に移って

参りたいと思います。

 

 

まず優勝馬サートゥルナーリアです。

 

かなり写真がボケてしまって

大変申し訳ございませんが

ご覧のとおり同馬のバランスは

非常に美しく無駄がありません。

 

馬体重は496kgで

マイナス4kgとなりましたが

きっちりつくられて休み明けでも

全く不安は感じませんでした。

 

2歳時よりパワーアップしており

筋肉の張りも申し分なく

肩・トモ共に一番の仕上がりで

まず間違いなく本命でした。

 

更に驚いたことは今回

中山向きに馬体がシフトしており

筋肉豊富でここを目標に

しっかり乗り込まれたのが分かりました。

 

今回不安点は目標が先の

ダービーに置かれていることでしたが

そんな雰囲気は感じられず

むしろ一冠を獲る気持ちが伝わりました。

 

本当にバランスの見本のような

素晴らしい骨格を有しており

パドックの見方、お教えします!の見本を

差し替えようか迷うほどです。

 

今回中山向きに仕上げて

次回どうなるか非常に楽しみですが

筋肉が増えてもバランス的に

崩れない包容力が魅力です。

 

成長力があり筋肉も豊富で

バランスも特別な逸材であり

ディープインパクトと比較しても馬体の

見栄えは同馬が上と見て良いでしょう。

 

見栄えだけがパドックの全てでなくても

これほど垢抜けた馬は稀です。

次のダービーはこなせるどころか

むしろ得意分野だと思います。

 

 

次に2着馬ヴェロックスです。

 

同馬も一目見たときから

並外れた素質を感じていましたが

何分選び切れず5番手評価で

データ予想に及ばず残念でした。

 

優れたバランスと絞れた腹周りに

張りのある質の良いトモを持ち

父ジャスタウェイ譲りのやや胴長な

伸びやかさのある好馬体でした。

 

アドマイヤジャスタを上位に取ったように

このタイプは中山が得意ですし

瞬発力と持久力の

双方を兼ね備えているタイプです。

 

距離もダービーは合うと思いますから

この1~2着馬は双璧な感じで

他馬が逆転するには何らか

紛れる要素が欲しいところでしょう。

 

とはいえたとえ馬場が悪くても

動じる感じも受けませんし

この上位2頭はとにかくダービーでも

外せない存在となりそうです。

 

 

3着馬はダノンキングリーです。

 

同馬はコンパクトな馬体で

切れ味を感じさせる馬ですが

果敢にインを突っ込んできて

最後も惜しい3着となりました。

 

胴が詰まったような体型で

距離的には2000mがベストでしょうが

何分一番伸びる3分どころを

1~2着馬に取られてしまいました。

 

枠順からどうしてもこの結果は

仕方なかったと思いますし

戸崎騎手もやはり中山が得意で

実力を発揮してくれました。

 

ダービーでは内枠に入った上で

溜めの利くペースになれば良いですが

距離の融通で言えば上記の

2頭にはない不安が過(よぎ)ります。

 

それでも張り出したトモとバネのある

丸みを帯びた全体をしていますし

ハイレベルな瞬発力タイプなので

可能性は残されているでしょう。

 

 

そして4着馬アドマイヤマーズです。

 

同馬はデータ予想時もパドックでも

無印評価と致しましたが

バランスが良く特にその点では

他馬を凌駕するものがありました。

 

ただ筋肉量が2歳時と比べて

そんなに増えた感じを受けず

共同通信杯の2着時からも

あまり変わっていないようでした。

 

マイナス8kgの影響なのか

その点は定かではありませんが

成長力という点で上記の

3頭と比べて疑問符がつきます。

 

距離不安説が出ていましたが

距離そのものよりも馬体の幅の面で

今回のメンバーが相手では

分が悪かったかなと思います。

 

それでも4着は立派ですし

良い馬に違いはありません。

ダービーの距離がどうかというより

馬体の幅がどうなるか注目です。

 

 

最後に5着馬クラージュゲリエです。

 

同馬は個人的に好きな馬体で

共同通信杯でも選びましたが

今回ももう少し絞れていれば

4番手評価も有り得た馬でした。

 

相変わらずバランスに秀でており

ゆったりした腹袋も好感で

ダービーでは更に前進を果たす

可能性も十分あります。

 

人気こそ今回は今一でしたが

一周目から目を引く馬体で

馬体が完成するのもおそらく

まだまだ先になるでしょう。

 

とはいえこの時期の3歳馬たちは

一気に成長することもありますし

適性もありそうなのでダービーでは

狙ってみたい一頭です。

 

万能タイプで菊花賞の距離でも

融通が利くと思いますし

3冠路線を無事に走り抜けて

ターフを湧かせてほしいところです。

 

ということで・・・

 

今回の馬体診断は上位の

5頭分の豪華版と致しました。

いつもご覧下さる皆様に

お楽しみいただければ幸いです。

 

この世代も昨年同様

早くから好馬体の馬が見られました。

その優駿たちが集うダービーが

今から楽しみでなりません。

 

牝馬路線にはグランアレグリアもおり

充実の3歳世代です。

データ面だけでなく馬体面からも

ぜひご一緒に楽しみましょう。

 

また

はしくれのパドックロードは随時

会員を募集しておりますので

ご興味を持たれましたら

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

より詳細をご覧ください。

 

それでは今回のブログ予想は

3着独占となりましたが

また次回の予想時も良い結果を

残せるように頑張ります。

 

いつも応援下さるあなたと

サートゥルナーリアに感謝を捧げつつ・・・

ご精読下さいまして

誠にありがとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です