桜花賞2019結果・優勝馬はグランアレグリア

 

常識。

 

固定概念と戦い続ける

藤沢調教師の競馬ですが

桜花賞2019の結果は

グランアレグリアの優勝でした。

 

牝馬でありながら朝日杯では

3着するなど健闘を見せ

そこからぶっつけで臨む異例の

ローテーションでの制覇でした。

 

ルメール騎手は前年に続いて

連覇を達成致しましたが

全く危なげの無い走りを見せ

輝きに満ちた直線でした。

 

まるで一頭違う次元で

ターフを駆けたグランアレグリア。

その走りを振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<桜花賞2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ダノンファンタジー

対抗〇・・・ビーチサンバ

単穴▲・・・プールヴィル

買い目・・・ワイドボックス各100円、計300円。

 

それでは結果です。

 

<桜花賞2019結果>

優勝馬・・・グランアレグリア

2着馬・・・シゲルピンクダイヤ

3着馬・・・クロノジェネシス

(◎4着、〇5着、▲6着)

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(>_<;)

 

はしくれの本命◎ダノンファンタジーは4着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しでしたが

外でシゲルピンクダイヤと

レッドアステルがやや出遅れます。

 

ここからまずは11番の

メイショウケイメイが行きかけましたが…

これを制して秋山騎手の

大外枠プールヴィルが行きました。

 

 

この展開ははしくれにとって

予想通りの展開となり

あとはペースが落ちてくれればと

祈るばかりの中盤でした。

 

 

最初の半マイルの通過は

47秒7のタイムとなり

前後半差が2秒7もある

見事なスローペースでした。

 

速い時計でないということは

十分伝わりましたので

逃げるプールヴィルの激走に

期待が高まるところでした。

 

4コーナーを回って各馬が

直線に向いてくると

あっという間に好位の中から

グランアレグリアが抜け出してきます。

 

 

粘るプールヴィルを突き放し

セーフティリードを広げたため

この時点で後続に残されたのは

最早2着争いでした。

 

粘るプールヴィルの外から

ダノンファンタジーが追い上げ

併せるようにシゲルピンクダイヤと

クロノジェネシスが並びかけます。

 

2着争いは激戦の末

シゲルピンクダイヤが制しましたが…

 

 

最後も悠々と流して走った

グランアレグリアが大楽勝でした。

 

これには「参りました!」と心で

感嘆を漏らしたはしくれですが

それにしても人馬一体の

鮮やかな競馬でした。

 

久々のローテもさることながら

あっという間に抜け出す二の脚に加え

無駄のない道中の折り合いに

躍動感たっぷりのフォーム…

 

どこまでも伸びていきそうなほどの

圧倒的な二馬身半差でした。

タイム1分32秒7は桜花賞レコードです。

 

前走の朝日杯では動き出しが

上手く行かなかったことから

早目の進出を心がけたという

ルメール騎手の騎乗も正解。

 

やはりスローペースに乗せたら

右に出るものなしの騎乗で

ペースとタイミングを見計らった

見事な人馬一体でした。

 

今回の反省点は思うより

更に馬場が良好だったことで

連日の好天でタイムは伸びると

判断して然るべきでした。

 

グランアレグリアの持ちタイムならば

走りやすい馬場と見るべきでしたし

年明け初戦のローテーションを

気にしたことも裏目に出ました。

 

それも馬体を確認すれば

納得のいく仕上がりでもあり・・・

それではここからは馬体診断を

行って参りましょう。

 

まずはしくれのパドック配信

パドックロードの結果からですが・・・

 

 

〇1着→◎4着→☆5着→▲10着でした。

 

ここでも本命はマイル戦向きの

ダノンファンタジーを選びましたが

対抗〇のグランアレグリアが

見事優勝という結果でした。

 

それでは早速その優勝馬

グランアレグリアから見て参りましょう。

 

 

まず一見して目にとまるのは

同馬の豊富な筋肉量です。

 

がっちりとした骨格に加え

張り出したトモの筋肉を持ち

肩も牡馬と見紛うくらいに

がっちりとした付き方をしています。

 

今まで見てきた牝馬の中でも

屈指の筋肉質な馬体を誇り

スピードが凄いという鞍上の

ルメール騎手の言葉も頷けます。

 

オークスでは距離延長となるため

ルメール騎手も難しいとのことですが

はしくれの見立てではなんとか

こなせるのではないかと思います。

 

少なくとも距離を嫌うほどには

適性がないようには見えませんので

絶対能力を考慮すれば

通用しておかしくないと思います。

 

 

次に2着馬シゲルピンクダイヤです。

 

同馬は伸びやかさのある馬体で

ツヤも良く好調が感じられ

絞れたお腹も切れ味タイプの

同馬には確実にプラスでした。

 

全体的にも幅があるタイプで

この馬も距離はこなせそうなので

オークスでも今回より人気に

なっておかしくないと思います。

 

それにしても出遅れながら追い込んで

32秒7の末脚とは

見た目以上に破壊力のある

素晴らしい武器の持ち主です。

 

上がり最速でスローペースを

大健闘した2着でした。

 

 

そして3着馬クロノジェネシスです。

 

同馬は馬体重よりも小柄に

見えない骨格をしていますが

何分まだ成長途上で

今回も少し緩さが見られました。

 

それでもとにかく毎回のように

着実に追い込んでくるため

仕上がりとしてはこれくらいで

全く問題ないと言うことでしょう。

 

この馬に関してはそのあたりの

見極めに苦労するタイプですが

この時期の牝馬ではありがちな上に

オークスも上昇してきそうです。

 

特にこの馬は距離適性では

オークスがより楽しみな方ですので

ぜひ順調に進んでGⅠの

戴冠を目指してほしいと思います。

 

ということで・・・

 

牡馬顔負けの馬体を誇る

グランアレグリアの馬体については

グランアレグリア―馬体の殿堂(6)

でも伝えていますのでぜひご覧ください。

 

2歳時から普通ではありませんが

こうもあっさりGⅠを勝つとは

やはり底知れぬものを感じた

桜花賞2019の結果でした。

 

オークスに繋がるように復習を

重ねたいと思いますし

次のGⅠ皐月賞へ向けて

気持ちを切り替えたいと思います。

 

それでは今回もご覧下さる

皆様に感謝の念を表しつつ・・・

これからも当ブログ予想を

お楽しみいただけるように頑張ります☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です