大阪杯2019結果・優勝馬はアルアイン

 

復活。

 

昨年3着に好走した

9番人気のアルアインが

並み居る強豪古馬を完封した

大阪杯2019の結果。

 

何度もGⅠで好走しながら

中々勝ち切れない同馬でしたが

皐月賞以来約2年振りとなる

勝利をここで果たしました。

 

最後の直線では内を突いて

キセキとの追い比べになりましたが

弾むような豪快な走りを見せ

健在ぶりを強烈にアピール。

 

そんな同馬の活躍が輝いた

大阪杯2019の結果を

まずは予想から振り返り

回顧して参りたいと思います。

 

<大阪杯2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ブラストワンピース

対抗〇・・・ペルシアンナイト

買い目・・・単勝◎〇各100円、馬連&ワイド◎〇各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<大阪杯2019結果>

優勝馬・・・アルアイン

2着馬・・・キセキ

3着馬・・・ワグネリアン

(◎6着、〇11着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(>_<;)

 

はしくれの本命◎ブラストワンピースは6着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

さすがに歴戦の古馬の一戦

素晴らしいスタートでした。

ここからどの馬が前に出るのか

注目が集まりましたが・・・

 

 

逃げると思われたキセキを制し

エポカドーロが前に行きました。

キセキは2番手から追走し

アルアインは3番手で運びます。

 

前半の1000mの通過は

61秒3のタイムで

先行馬が多いながらもペースは

スローペースになりました。

 

 

キセキが引っ張って少しタイトな

流れになるかと予想をしましたが

エポカドーロが逃げた上に

完全なスローペースでした

 

レースが終盤に差し掛かると

外からブラストワンピースが押し上げ

後続各馬は外を回って

追い上げ態勢に入ります。

 

 

直線で抜け出したのはまず

2番手に居たキセキでしたが

外に持ち出して伸びるかと言えば

思ったほどには伸びてきません。

 

差し馬も伸びずに苦しむ中で

このキセキを捉えにかかったのが

インを突いて伸びたアルアイン(矢印)と

強襲したワグネリアンでした。

 

 

最後は粘るキセキを振り切り

ワグネリアンを抑えきって

アルアインが皐月賞以来となる

栄光のゴールを駆け抜け優勝。

 

鞍上の北村友一騎手は

インを得意にしているタイプですが

まさに同騎手らしい騎乗ぶりで

GⅠ初勝利を達成しました。

 

今回の予想の反省点は

ペースを読み違えた事でしたが

馬場状態の推移とペースアップは

読み切れていたと思います。

 

それだけに噛み合わないペース予想が

大きく結果に影響しましたが

馬場があまり良くはないだけに

前が控えるだろうと見るべきでした。

 

それにしてもアルアインは本当に

中距離が得意だなと思います。

インも得手なのでこういう展開(と枠)は

絶好と言えたと思います。

 

色々読み切れない点が多く

後悔の多い一戦でしたが

インが良かったことも含めて一から

出直したいと思います。

 

それでは今回のパドックロード

印を公開したいと思いますが・・・

 

 

◎2着→☆5着→〇6着→▲11着でした。

 

既に会員の皆様にはメールで

伝えていることではありますが

はしくれはキセキの単勝を買い

見事に撃沈してしまいました・・・

 

本命◎をキセキにしたのは

まだ良い判断だとは思いますが

あと少しのところでアルアインを

加えることができませんでした。

 

パドック予想も反省と後悔に

浸り切っているはしくれですが・・・

まずは優勝馬アルアインから

診断したいと思います。

 

 

ご覧のとおり好仕上がりでした。

 

1周目からかなり気になる

全体のボリューム感でしたが

お腹周りがぎりぎりか太いのか

判断しかねてしまいました。

 

今回最も悔やまれる点が

同馬に印を打てなかったことで

これも一重に未熟さゆえと

猛烈に反省しています。

 

ああ、後悔先に立たず・・・

もう少し周回を見られたら・・・

悔やんでも悔やみきれない

そんな今回のパドックでした。

 

同馬の良いときらしく毛づやも冴え

ピカピカに輝いて見えましたし

フックラとしてボリュームのある

筋肉とトモの張りが目立ちました。

 

昨年よりも良いくらいでしたが

他馬もまたハイレベルだったため

☆のエアウインザーと競う形で

5番手という評価でした。

 

会員の皆様、申し訳ございませんでした。

更に相馬眼を磨いていく所存です。

 

 

次に2着馬キセキです。

 

同馬は1周目からその仕上がりに

ワクワク感を覚えたほどで

まず同馬の3着は堅いかなと

直感できるほどの仕上がりでした。

 

少なくとも当予想の二頭よりも

一段上であると感じたため

本命◎の評価はすぐ

この馬に決まりました。

 

周回を重ねても伸びやかさのある

毛づやの良い馬体が目立ちましたし

最後の直線も粘りきれると

信じて見ていたはしくれでした。

 

結果的に交わされてしまいましたが

無駄のない好馬体が好感でした。

休み明けを感じさせないトモの

張りも含めて好仕上がりでした。

 

 

3着馬はワグネリアンです。

 

同馬は神戸新聞杯以来の

長期休養明けでしたが

バランス良くまとまりがあって

相変わらずの好印象でした。

 

元々毛づやは良く見せないので

その点は気になりませんでしたが

トモの張りがもう少し足りないかと

判断して無印にしました。

 

さすがにこれだけのメンバーですから

影響もあるかと思いましたが

逆にこれだけのメンバーを相手に

いきなり3着なら驚きです。

 

余程緩く見えない限りは

次回以降外すことができないなと

改めて世代の頂点を極めた

その能力には感服しました。

 

ということで・・・

 

敗れたブラストワンピースに加え

ペルシアンナイトも好感でしたが

何分展開が向かなかったと

残念に思う一戦です。

 

データ予想もパドック予想も常時

見直しに努めてはおりますが

この機会にもう一段の反省を

重ねたいと思います。

 

来週こそは笑って終われるよう

精進致して参りますので

どうぞ当ブログをこれからも

よろしくお願い申し上げます。

 

また

4月度パドックロードの募集は

既に開始致しておりますが

募集記事は改めて水曜日に

掲載する予定です。

 

それでは水曜の会員募集と

週末の当ブログ予想で

またお会いできるのを楽しみに

お別れしたいと思います。

 

今回もご精読下さいまして

誠にありがとうございました☆☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です