スプリングステークス2019結果・優勝馬はエメラルファイト

波乱。

 

10番人気のエメラルファイトが

1番人気のファンタジストを

頭差で抑えて優勝した

スプリングステークス2019

 

淀みのない流れとなりましたが

石川騎手が上手く捌いて

嬉しい重賞2勝目のゴールを

エメラルファイトと駆け抜けました。

 

2着に入った武豊騎手も

巧みな手綱捌きでしたから

より優勝馬の人馬一体に

驚かされた一戦でした。

 

それではそんな一戦となった

スプリングステークス2019を

まずは予想から振り返り

結果を回顧して参りましょう。

 

<スプリングステークス2019予想・印&買い目>

本命◎・・・シークレットラン

対抗〇・・・ヒシイグアス

単勝◎200円、〇100円、ワイド◎〇100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<スプリングステークス2019結果>

優勝馬・・・エメラルファイト

2着馬・・・ファンタジスト

3着馬・・・ディキシーナイト

(◎8着、〇5着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎シークレットランは8着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

大体揃ったスタートになりました。

 

10番のディキシーナイトと

2番のクリノガウディーが好スタート

各馬ここから内を見ながら

ポジションを取りに行きました。

 

 

先行馬が多く注目された

序盤のポジション争いでしたが

内から2番のクリノガウディーが

身上の逃げに打って出ました。

 

前半1000mの通過は

1分丁度というペースで

前後半の差がコンマ1秒差の

ミドルペースとなりました。

 

 

4コーナーに差し掛かると

後続との差がぎゅっと縮まりましたが

そのタイミングでヒシイグアスや

ディキシーナイトが追い上げてきます。

 

これを見るようにエメラルファイトが

手応え良くコーナーを回ってくると

直線でも外から並びかけて

しっかりと坂を駆け上がってきました。

 

 

 

ペースを読んで武豊騎手が乗る

ファンタジストも追い込みましたが

先に敢然と抜け出している

エメラルファイトが捉まりません。

 

最後は内のディキシーナイトと

ファンタジストの三つ巴になりましたが・・・

 

 

2頭の間を振り切るように

エメラルファイトが凌ぎ切ってゴール。

10番人気の勝利で単勝は

2710円の好配当でした。

 

今回の反省点はペースと

位置取りの差を読み切れなかったことと

2着馬ファンタジストの適性を

把握しきれなかったことです。

 

ペースはミドルの想定でしたが

シークレットランの4コーナーの位置取りが

思った以上に後ろになり

完全に誤算となってしまいました。

 

それに加え2着ファンタジストの

距離適性にも疑問を感じ

予想の組み立てが根本的に

間違ってしまったと思います。

 

このあたりは馬体診断で

詳しく伝えたいと思いますが

兎にも角にも予想力が及ばず

反省しきりの一戦でした。

 

それではその馬体診断をここから

実施して参りますので

まずはパドックロードの配信結果から

ご覧いただきたいと思います。

 

 

◎3着→☆5着→▲7着→〇8着でした。

 

かろうじて本命◎ディキシーナイトが馬券圏内でしたが・・・

それではまずは優勝した

エメラルファイトから回顧して参りましょう。

 

 

まず同馬に抱いた感想ですが・・・

悪いところはないなという感じでした。

 

普段から若い感じで緩めの

仕上がりを見せている同馬ですが

今回も特段普段と変わらず

良い状態で出走しました。

 

芦毛でもツヤを良く見せるタイプで

ふわふわとしたところが好感で

バランスも良くもしかしたら?

と思うような仕上がりにありました。

 

筋肉量がそう多く見えないので

それを疑問視致しましたが

現状の同馬としては十分な

仕上がりだったのだと思います。

 

まだまだパドックの上達の余地が

いくらでも有るなと感じましたし

このエメラルファイトからも教わって

肥やしにしたいと思います。

 

 

次に2着馬ファンタジストです。

 

この馬は体型的にもやはり

短距離向きだと思いましたが

マイラー志向の強いレースでもあり

きっちり脚を伸ばしてきました。

 

武騎手も絶妙な手綱捌きで

末脚を温存した効果もあって

上がり最速の34秒6

を計時してきました。

 

最後方に居たタガノディアマンテより

鋭い脚を使ったことから

この距離では十分勝負になるなと

いう印象が残りました。

 

それでもこれ以上距離を伸ばして

良いかと言えばやはり疑問で

皐月賞では取捨選択をする際に

悩むこととなりそうです。

 

個人的にはNHKマイルカップや

スプリント路線でも見てみたい馬で

今後の目標とローテーションに

注目したい一頭です。

 

 

最後に3着馬ディキシーナイトです。

 

同馬は1周目の周回から

目立った雰囲気を見せており

充実して膨らんだ馬体の張りに

並ならぬ期待を抱きました。

 

全体がふっくらとした仕上がりで

この馬としては完璧なもので

勝負をかけてきた感のある

好仕上がりだったと思います。

 

バランスもよくお腹周りも絞れて

トモもパンパンに張っていましたし

距離も持ちそうでしたから

あと少しが非常に残念でした。

 

単勝馬券を握りながら最後は

悶絶していたはしくれでしたが

国枝厩舎ですしこれからもまだまだ

楽しみな馬だと思います。

 

ということで・・・

 

今回は全く良いところなく

外れてしまった一戦でしたが

皐月賞へ向け学習を重ね

上昇していきたいと思います。

 

いつも応援下さる皆様には

心よりの感謝を申し上げます。

 

少しでもお役に立てるよう

これからも精進して参りますので

どうぞこれからも当ブログを

よろしくお願い申し上げます。

 

*高松宮記念に向けて―

パドックロード(2019)3月度会員募集中!



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「スプリングステークス2019結果・優勝馬はエメラルファイト」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    シークレットランはゲートを上手く出たので行けると思いましたが後方に控えすぎましたね^^;
    前走の京成杯の時よりも更に後方からの展開では厳しいかなと道中から不安で一杯でしたが…予感的中してしまいました(><)
    それでも上がりはメンバー中3位の脚があった訳で次走以降も追って行きたい思っています。

    1. 炭酸水さん、いつもコメント下さりありがとうございます(*^^*)!

      ですよね…あの位置ではさすがに…という感じで見ていた一戦でした(^^;)
      結構良い脚使ってくれましたし、はしくれもまだまだこれからだと思います。
      相変わらず馬っぷりも良いですし、距離適性の幅もありそうなので、長い目で見守っていきたいと思います。ありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です