中山記念2019結果・優勝馬はウインブライト

春風。

 

好天の中開催された

中山記念2019の結果ですが

乱立するGⅠ馬から勝利を

さらったのはウインブライトでした。

 

春の暖かさを感じられる

穏やかな一日となりましたが

勝ち馬は直線豪快に伸びて

中山記念連覇を達成。

 

これで同馬は中山競馬場を

5-2-0-1としましたが

無類の巧者ぶりをファンに見せつけ

勝利の栄光に浴しました。

 

GⅠ馬5頭を従えてゴールする

快走を見せた同馬ですが

そのレースを振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<中山記念2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ウインブライト

対抗〇・・・エポカドーロ

単穴▲・・・スワーヴリチャード

特注☆・・・ラッキーライラック

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<中山記念2019結果>

優勝馬・・・ウインブライト(◎)

2着馬・・・ラッキーライラック(☆)

3着馬・・・ステルヴィオ

(〇5着、▲4着)

払戻金・・・ワイド720円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援して下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの◎ウインブライトが見事優勝・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

ここから逃げ馬マルターズアポジーが

一気にハナを奪いに行きますが

各馬もこれは想定通りで

自身のポジションを取りに行きました。

 

 

序盤の展開はご覧の通り

きれいに縦列が組まれましたが

ここから更にマルターズアポジーが

後続を離す逃げを打ちます。

 

マルターズアポジーのすぐ後ろの

2番手をラッキーライラックが進み

3番手にエポカドーロ

4番手にウインブライト(下画像:矢印)でした。

 

 

中盤1000mの通過は

58秒2のタイムですが

開幕馬場でGⅡ戦な上に

マルターズアポジーのキャラも有ります。

 

2番手以下はそんなに速くはなく

実際にはミドル~スローペースでした。

こうなると後ろのディアドラには

厳しい流れと言わざるを得ません。

 

 

そして4コーナーを回って直線

ラッキーライラックが早目に抜け出し

3番手のエポカドーロや

ウインブライト(赤丸)らも突っ込んで来ます。

 

外からはステルヴィオが急追し

内からはスワーヴリチャードも強襲。

実績馬の意地と誇りがぶつかり合う

最後の直線の攻防でしたが・・・

 

 

坂下から末脚を爆発させた

ウインブライトが差し切って優勝。

中山の鬼がGⅠ馬5頭を

ことごとく打ち破り連覇しました。

 

まさに鬼に金棒。

 

前が流れて馬群がばらけ

好きなところを回れる展開で

後続が封じられたペースでは

巧者の脚質がものを言いました。

 

予想時に最重視したポイントも

脚質にあると伝えましたが

ウインブライトは松岡騎手が実に

見事な位置取りを選びました。

中山記念2019予想・本命はウインブライト

 

中山競馬場は4大場では

直線が短いコースですから

好位脚質の同馬にとっては

より実力を発揮しやすいでしょう。

 

それにしても実に坦々とした

ゴール後の松岡騎手でしたが

やはり同舞台での相棒には

大きな信頼を寄せているのでしょう。

コンビの絆をしっかり感じました。

 

それでは

ここからは当ブログ名物

馬体診断を行って参りましょう。

 

はしくれの個人配信

パドック速報「パドックロード」の印はというと・・・

 

 

〇1着→▲2着→☆4着→◎5着でした。

 

今回ブログ予想で選出した

4頭が同じとは珍しいですが・・・

それでは早速馬体診断

移って参りましょう。

 

 

まず優勝馬ウインブライトです。

 

同馬を一目見たときにまず

思ったのが

「お~、ウインブライトだ」

でしたが

同馬は実にいつも通りの

体型を維持していました。

 

筋肉の張りもツヤも十分で

独特のバランスをしていますが

以前は手が出なかった同馬も

今回は「良い」と思い切れました。

 

それも前走の金杯を含め

中山で好走するときの仕上がりで

さすがに何度目かの正直で

素直に買えた感じです。

 

お腹がポコッとして張り出す形が

同馬特有の体型ですが

こういう低重心さは坂の途中で

伸びてくるタイプによく見られます。

 

それも中山のように直線が

短いと尚更威力があるので

見抜ければ馬券の足しにも

なってくれる仕上がりです。

 

平場のレースでもちょくちょく

こういうタイプの好走を見かけます。

それだけに他の競馬場で

結果が出ていないのも頷けますが・・・

 

今の旬の仕上がりでGⅠも

肉薄できるかどうか楽しみです。

 

 

次に2着馬ラッキーライラックです。

 

同馬はなぜか何枚撮っても

写真がぶれてしまったのですが

仕上がりそのものは問題がなく

自信を持てる仕上がりでした。

 

予想時は成長が感じられて

少し絞れればと伝えましたが

実際はプラス2kgとは言えど

無駄を感じない仕上がりでした。

 

まだ冬毛気味でツヤの面では

冴えない部分もあったのですが

その下に付いている筋肉は

紛れもなく本物でした。

 

昨秋からの体重増を

難なく消化してきた点から

やはりただものではない馬だと

感じられた今回でした。

 

展開面ではエポカドーロより

前の2番手を確保しましたが

これも石橋騎手が乗りこなして

息の合った走りに見えました。

 

手が合う騎手に戻ったことも

好走を後押ししたと思います。

 

 

そして3着馬ステルヴィオです。

 

同馬はこうして画像で見ると

太め感はないようなのですが

実際には動画で見る限りは

太目のお腹周りに見えました。

 

発表された馬体重でも

プラス12kgとありましたが

そこまでは太くはないものの

影響はあったと思います。

 

ただふっくらとした馬体を作る

木村厩舎の所属馬ですし

その方針にも間違いはないと

はしくれは思います。

 

最後も上がり最速で伸びましたし

やはり走るなという印象です。

明け4歳馬の初戦でしたし

今後の上昇に注目です。

 

ということで・・・

 

中山記念2019の結果は

以上の通りとなりました。

からくもプラスを計上することができて

正直ほっとしています。

 

直線に向いたときには内心

こりゃ、全部当たるかな?と思いましたが

迷いに迷ったステルヴィオの脚には

すみません(汗)という感じでした。

 

やはり競馬は甘くありませんが

そこがまた楽しくもあります。

予想力を磨いて更に上昇を

図りたいと思います。

 

そして

いつも応援下さる皆様

本当にありがとうございます。

 

少しでもお役に立てるように

一段と精進して参りますので

当ブログをこれからもどうぞよろしく

お願い申し上げます(*^^*)☆

 

*3月度配信も受付中。好調「パドックロード」は・・・

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

をご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です