共同通信杯2019結果・優勝馬はダノンキングリー

無敗対決。

 

関東馬ダノンキングリーと

関西馬アドマイマーズが

競り合うように並びかけながら

火花を散らした今回の一戦。

 

2歳王者アドマイヤマーズを

最後差し切ったダノンキングリーが

無傷の3連勝を達成し

重賞初制覇を飾りました。

 

世代ナンバーワンホースを

鮮やかに交わし去ったその姿に

春以降の活躍を予感させる

共同通信杯2019でした。

 

先々に夢が描けるような

楽しみの多い一戦でしたが

まずはその結果を振り返る前に

予想から回顧して参りましょう。

 

<共同通信杯2019予想・印&買い目>

◎アドマイヤマーズ

〇クラージュゲリエ

▲フォッサマグナ

☆ダノンキングリー

買い目・・・馬連◎流し各100円、計300円。

 

それでは結果です。

 

<共同通信杯2019結果>

優勝馬・・・ダノンキングリー(☆)

2着馬・・・アドマイヤマーズ(◎)

3着馬・・・クラージュゲリエ(〇)

(▲フォッサマグナ4着)

払戻金・・・馬連330円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)!

 

はしくれの本命◎アドマイヤマーズは2着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

外でゲバラが遅れましたが

半馬身くらいの小差で

大きな出遅れはなくここから

各馬ポジションを取りに行きます。

 

ここから誰が先頭を切るのか

注目された序盤でしたが・・・

ナイママは行かず2歳王者の

アドマイヤマーズがハナに立ちます。

 

 

これを見てルメール騎手騎乗の

フォッサマグナが2番手につけ

戸崎騎手のダノンキングリーは

すぐ後ろの3番手につけました。

 

 

前半の800mは通過は

49秒5のラップで

前後半で4秒2差もある

超スローペースになりました。

 

これにたまらず中盤では

ナイママが後ろから進出しますが

序盤から良いポジションにつけた

有力各馬は動じません。

 

 

第4コーナーを回って直線

アドマイヤマーズが先頭のままで

後続を引き付ける形で

追い出しを我慢する展開でした。

 

外を回ったナイママが退き

フォッサマグナが追い出しましたが

差が詰まる素振りがないと今度は

ダノンキングリーがインを突きます。

 

 

ここからマッチレースとなった

残り200m地点でしたが

ダノンキングリーが抜け出すと

アドマイヤマーズが食い下がります。

 

一旦は完全に抜け出した

ダノンキングリーを逃がすまいと

2歳王者アドマイヤマーズが

底力を発揮しますが・・・

 

 

最後はライバルを宥めるように

ダノンキングリーがライバルを完封。

後続を4馬身突き放しながら

アドマイヤマーズが2着でした。

 

強い競馬でした。

 

ダノンキングリーは当初予想で

馬場が渋れば良いとしましたが

良馬場の超スローペースでも

着実に切れを発揮しました。

 

上がりが求められる展開でも

一瞬で他馬を追い抜いたあたり

東京競馬場の直線は

より競馬がしやすかったのでしょう。

 

溜めも利き操縦性も高く

完成度の高い競馬でした。

近5年で最速走破タイムで

1分46秒8でした。

 

文句のない競馬でした。

 

上がりも最速32秒9

最後は少し流していますし

相当の実力馬であることを

この一戦で誇示しました。

 

対して2着に粘った王者

アドマイヤマーズも優秀で

コンマ2秒差も許容範囲で

狙われてもよく持ち堪えました。

 

まだ上昇が望めますから

本番に向けたステップとして

無理をしすぎない2着というのは

良い結果だと思います。

 

この点は予想の範囲内で

馬連流しが当たりましたが

思いの外ダノンキングリーが

人気になり配当は少しでした・・・

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断に参りましょう。

 

はしくれの個人配信

パドックロードの印は以下の通りです。

 

 

〇1着→◎2着→▲3着→☆4着でした。

 

それでは早速馬体診断を

行って参りましょう。

 

 

まずは優勝馬ダノンキングリーです。

 

張り詰めたトモ

ツヤのある皮膚

包容力のある馬体・・・

現時点で100%の

仕上がりにあった今回でした。

 

同馬はバランスも優れていて

適度な気合乗りも見受けられ

チャカついて見えるような仕草も

元気の印という感じでした。

 

独特の雰囲気のある馬で

萩原厩舎ということもあり

無駄の無さと筋肉の浮上が

同居している仕上がりでした。

 

とにかく真っ黒に見えましたが

黒鹿毛という表記があり

青鹿毛じゃないの?

と疑うほどの黒光りが目立ちました。

 

距離の融通は利きそうですし

今回も強い競馬でしたが

中距離で爆発する末脚が

今後も期待できそうです。

 

競馬と同様完成度が

非常に高い馬体をしているので

調子さえ維持すれば今後も

好勝負ができると思います。

 

 

次に2着馬アドマイヤマーズです。

 

同馬はさすがに2歳王者で

風格をまとった馬体でしたが

体型的にも万能タイプで

距離の融通は利きそうです。

 

このあたりは

共同通信杯2019予想・本命馬はアドマイヤマーズ

で述べた通りで

今回距離不安というのは

全く感じられませんでした。

 

血統から距離不安説を唱える

予想家は後を絶ちませんが

ダイワメジャー産駒がどうかよりも

馬体から判断すべきです。

距離適性とは?見極め方法を伝授します!

 

同馬は流線形の体型で

まとまりがあって柔らかさもあり

伸びしろも込みで優勝馬よりも

今回は上と捉えました。

 

8割5分の仕上がりにしても

これほどまでに走れますから

完璧に仕上がっていたとしたら

どうなるのか末恐ろしいです。

 

サートゥルナーリアと比べ細身で

幅を感じないタイプですが

流線形で似た特徴を持ち

ノーザンファームの馬だなと感じます。

 

 

3着馬はクラージュゲリエです。

 

同馬は非常に柔軟性に富み

ツヤも良く伸びやかな馬体で

気性難の気があるということも

感じられない仕上がりでした。

 

自然体でバランスよく歩いて

好感が持てる仕上がりでしたし

万能で長距離もこなせそうで

3冠路線が似合いそうです。

 

まだ若くやや緩さがありますが

それもこの馬の良いところで

成長を促しながら経験を

積んでいくことができるでしょう。

 

トモの張りにこだわる調教か

全体のバランスを重視するか

このあたりの判断が今後の

同馬を決めていくと思います。

 

もちろんどちらも可能な限り

突き詰めてほしいところですし

名門・池江厩舎ですから

楽しみがとても大きい馬です。

 

それから・・・

 

普段通りだと上位3頭の

診断で終了しますが

今回は2番人気に押された

フォッサマグナも紹介しましょう。

 

いつもご覧下さるあなたへ

感謝の念を込めつつ・・・

 

 

それでは4着のフォッサマグナです。

 

同馬は一目見て距離的には

マイル以下が良いと思いましたが

骨太で馬体の面が大きく

良い馬だなあと感じられます。

 

スピード的には十分ここでも

通用するものを感じましたが

何分距離の壁を感じたため

☆4番手の評価としました。

 

この体型を中距離型へと

変更するのは難しそうで

できれば芝・ダートを問わずに

マイル路線に専念してほしいです。

 

ルメール騎手が乗るだけあって

馬体自体は垢抜けたもので

米国産馬らしくダートでも

行けそうな感じです。

 

まだ成長の余地を残していて

益々筋肉が増えてきそうで

最後はなぜかベストウォーリアが

頭によぎった馬体でした。

 

 

ということで・・・

 

共同通信杯2019結果は

以上の通りとなりましたが

今年も昨年に負けず劣らず

世代のレベルが高いです。

 

レース内容に一致する馬体で

好馬体の馬が多いですし

その上更に楽しみな逸材が

今後もまだ控えています。

 

競馬界の明日を背負って立つ

優駿たちの活躍を胸に

熱く刻みながらこの季節を

乗り切って参りたいと思います。

 

ご覧の皆様もどうぞ風邪など

召しませんようご自愛下さい。

 

そして来週のGⅠ

フェブラリーステークスに期待しましょう☆

 

*☆1着→◎2着→▲3着。

GⅡ京都記念も3着独占、波に乗るパドックロードは

パドックロード(2019)2月度会員募集中!

よりご覧ください。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「共同通信杯2019結果・優勝馬はダノンキングリー」への4件のフィードバック

  1. お久しぶりです。

    東京全レース配信お疲れ様でした。
    いつもはしくれさんの◎を参考にさせてもらってます。
    今回は不振でしたかね?

    実は自分は小倉競馬場の現地で小倉メインで買ってましたが、こちらも全然当たりませんでした。
    パドックでよく見える馬がこぞって飛んでました。

    勉強し直します。
    また今度にでもはしくれさんの馬体のバランスの見方について教えて頂きたいです。

    1. マコトさん、ありがとうございます(>_<)ゞ マコトさんのお役には立てなかったようで申し訳ございません。 一日成績ですが、お言葉ですがはしくれとしてはまずまず好調でした。 3着独占が4回に、重賞でも両方で3着独占、三連単では新馬戦で(ボックス買いですが)27万円の配当の可能性(三連複4点でも2万7千円)もありましたしね(^^;) ◎にコメントを打つレースもありませんでしたので、僅差であることを感じていただければ幸いです。 それからバランス論は「パドックの見方、お教えします」で伝えている通りでして、それ以上を言葉にするのは難しいと感じます。 そのため、改めてこの件について回答することは出来ません。ご了承下さい。 また、配信サイトでもメッセージを承っておりますので、配信に関する疑問などはこちらをご利用下さるようお願いします。 マコトさんがそうとは思いたくないですが、ファンを騙ってコンテンツの妨害をする方もいらっしゃいますので…。

      1. 了解しました。
        いや、不振なのは自分の予想力の無さから来るものなのではしくれさんを決して批判してるわけじゃありませんよ。
        誤解していたら申し訳ないです。

        1. マコトさん、ありがとうございます。
          はしくれが思うに競馬をやり続ける限り不振な時期もあると思います。
          ただマコトさんが今回は何か「パドックそのもの」について疑問を持たれているように感じましたので・・・。
          同じパドック党であるゆえに余計、悲しく感じました。
          「変わった馬が勝った」と思えば、その「変さ」が「良さ」かもしれませんし、
          外れたレースからも逆転の礎は築けるはずです。
          諦めないで否定しないでお互い才能を伸ばして行きませんか?

          あとは正直に申しまして「外れた腹いせ」をされているようにも感じました。
          はしくれはプロを公言していますし、様々な形で立場を利用しようとする方もいらっしゃいます。
          批判の的に使おうというのであれば対処の必要が生じますので・・・。
          腹いせに使われるのは御免ですし、強要・侮辱などの罪を、はしくれは重く受け止めています。
          今回のことについてはお詫び下さり、ありがとうございました。
          はしくれにとって生命線のコンテンツですので、熱っぽくなってしまいました。
          今回のことが強要・侮辱を含んでいるとは思っておりませんが
          この場がダイレクトにはしくれと通信する手段で有る限り、
          はしくれが決める「信用」が唯一のルールであることはご了承下さい。

          ご納得いただいた上でマコトさんがこのサイトをご活用され
          競馬の収支改善を図り、これからも正しくお付き合い下されば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です