京成杯2019結果・優勝馬はラストドラフト

 

快勝。

 

好メンバーの中開催された

京成杯2019でしたが

優勝馬は二番手から抜け出した

ルメール騎手のラストドラフトでした。

 

道中はソツのないレース運びで

スロー展開を味方につけて

最後は迫るランフォザローゼスに

1馬身差以上つける快勝。

 

レースセンスの高さを見せつけて

今回初めての右回りコースも

難なくこなして走り抜けた

隙の無い内容でした。

 

春のクラシック戦線に向け

期待の広がる一戦でしたが

そのレースを振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<京成杯2019予想・印&買い目>

◎ランフォザローゼス

〇シークレットラン

▲ダノンラスター

☆カイザースクルーン

買い目・・・◎単勝200円、◎~ワイド流し各100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<京成杯2019結果>

優勝馬・・・ラストドラフト

2着馬・・・ランフォザローゼス(◎)

3着馬・・・ヒンドゥタイムズ

(〇4着、☆10着、▲12着)

 

はしくれ・・・外れです!

 

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

はしくれの本命◎ランフォザローゼスは2着でしたが・・・

 

早速今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

11番リーガルメインがやや

後手を踏むスタートになりましたが

その他の各馬は五分のスタートで

序盤のポジション争いに移ります。

 

戦前は先行馬が多く居たため

そこそこ流れるかと思いましたが

カテドラルが逃げると2番手以下も

落ち着いた流れになりました。

 

 

前半の1000Mの通過は

61秒1でしたが

2番手以下が固まるように進んで

スローペースになりました。

 

途中でデムーロ騎手のダノンラスターが

前を突っつきに行きましたが

ラストドラフトもランフォザローゼスも

動じずに待機していました。

 

 

そして4コーナーを回ってからは

直線チャンスかと思いましたが

前で抜け出したラストドラフト(先頭)を

ランフォザローゼス(右2番手)が

交わし切れません。(画像は下)

 

 

末脚にかけて外を回した

1番人気のシークレットランも

坂で差し込んでは来ましたが

捉まえられそうにはありません。

 

そして各馬が伸びあぐねているうちに

インを伸びきったラストドラフトが

新馬戦からの連勝を決める

初重賞制覇を飾りました。

 

 

交わせそうで実は余力充分に

直線に入ったラストドラフトですが

こういうスローな流れは鞍上の

ルメール騎手の大得意でした。

 

さすが欧州仕込みの騎乗というか

緩い流れを読むのが実に巧みで

道中でもじっとして動かず

脚を溜め続けていました。

 

インコースもそう悪くない状態で

3着馬ヒンドゥタイムズも伸びましたし

こうなると外差しにかけていた

各馬には辛いところでした。

 

このレースは差しがきくデータもあり

スローでもその傾向がありましたが

インコースが伸びたことに加えて

このあたりも例年とは違いました。

 

そしてランフォザローゼスを本命にして

反省しなければならないことは

新馬戦で同馬を勝利に導いた

ルメール騎手が他馬に乗ることでした。

 

ランフォザローゼスの背中を知る同騎手が

選んだラストドラフトですから

最低でも相手には選ぶべきだった

深く反省しています。

 

このあたりは東京向きに思えた

同馬の走りを好評価できずに

騎手の選択という重要な要素を

軽視してしまった故の外れでした。

 

こういうところを見落とさないよう

注意していかなければばりません。

 

そしてここからは当ブログの名物の

馬体診断に参りますが・・・

速報配信パドックロード

予想結果は以下の通りでした。

 

 

☆1着→◎2着→▲4着→〇12着でした。

 

それでは各馬の馬体診断を

行って参りましょう。

 

 

まず優勝馬ラストドラフトです。

 

同馬は優れたバランスをもち

無駄のない張りのある馬体で

毛ヅヤさえ冴えていたなら

本命もあり得る仕上がりでした。

 

この時期ですから多少毛ヅヤが

冴えないのは仕方ないですが

他にその点、優れた馬がいたので

相対評価で☆としました。

 

東京向きの馬体にも見え

中山でどうかなと思いましたが

さすがにルメール騎手が選んだ馬だな

という印象を受けました。

 

この後も順調に仕上がってくれば

春先期待の1頭です。

現時点での完成度から言っても

一歩リードしています。

 

 

そして2着馬ランフォザローゼスです。

 

同馬は変わらずふっくらとした

柔軟性の高い仕上がりで

バランスに加え毛ヅヤもよく

本命に相応しい仕上がりでした。

 

ただやはり瞬発力を問われる

展開にはあまり向いていないようで

もう少し全体的に締まりのある

シャープさが欲しいところです。

 

トモもまだ若く張り切っておらず

それでいてこれだけ走るのですから

中山に適性があるとはいえ

素質の高さは相当なものです。

 

常に鞍上が違っていますが

この乗り味を活かすことを思えば

連続で騎乗できる鞍上を

確保してほしいところです。

 

 

最後に3着馬ヒンドゥタイムズです。

 

同馬はキャリアは一戦ですが

包容力のある馬体を持ち

配信では無印でしたが

かなり気になる存在でした。

 

バランスに優れ張りもあって

しっかりとした骨格をしており

ラストドラフト同様に

1勝馬とは思えない馬体でした。

 

やや腹袋が垂れているような

特徴的な馬体をしており

こういう馬は中山の坂を

得意にしていることも多いです。

 

レースでは果敢に内を突いて

見事3着に入りましたが

完成度も中々高いですし

フロックではありません。

 

世代の馬体レベルが高いので

そこから抜け出せるかは分かりませんが

全体的なまとまりを見る限り

楽しみな存在と言えるでしょう。

 

ということで・・・

 

当ブログ予想は残念でしたが

パドックではワンツーという結果で

馬体を重視した予想自体は

悪くなかったと思います。

 

とはいえ例年以上に次々と

好馬体の馬が現れますので

春を迎える頃には一体

どうなるのか予測ができません。

 

パドック党のはしくれにとっては

とても楽しみな世代ですが

それだけに予想精度を高く保つよう

一層努力が必要です。

 

当ブログ予想もパドックロードも

気を引き締めて参りますので

これからもご声援下さいますよう

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは☆

 

*はしくれ配信「パドックロード」

パドックロード(2019)1月度会員募集中!

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「京成杯2019結果・優勝馬はラストドラフト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です