京都金杯2019予想・本命はパクスアメリカーナ

 

成長株。

 

3歳最後の一戦となった

前走・リゲルステークスで

古馬をものともせずに勝ち切った

新星パクスアメリカーナ。

 

充実の馬体が示す通りに

一頭だけ違う脚色を見せ

レース上がりを上回る走りで

圧巻の4馬身差快勝。

 

勢いに加え胴の詰まった

切れ味のあるマイラータイプで

今年の飛躍に期待できそうな

明け4歳馬の登場です。

 

この時期独特の芝状態や

ハンデも気になるところですが

まずはいつも通り予想印と

買い目の公開から参りましょう。

 

<京都金杯2019予想・印&買い目>

◎パクスアメリカーナ

〇サラキア

▲グァンチャーレ

買い目・・・単勝◎300円、ワイド流し各100円、計500円。

 

 

本命◎はパクスアメリカーナです。

 

先述のとおり同馬は前走

リゲルステークスを勝利しましたが

古馬相手に4馬身差をつける

独壇場の競馬でした。

 

パドックの時点でも一段と

仕上がりが目立つ存在でしたが

張りのある筋肉を見るにつけ

充実ぶりが窺えました。

 

昨年のこのレースは馬場が

荒れていたことも影響しており

外枠の差し馬の台頭が

非常に目立った一戦でした。

 

ですが今回は枠はどこにしろ

好位の内目が良さそうですので

スロー展開の予想も含めて

同馬の本命に行き着きました。

 

スローで前が良い流れでは

川田騎手は非常に上手ですし

中内田調教師とのコンビも

信頼度が高いです。

 

ここは連勝を飾ってマイルの

新星として話題を集めるでしょう。

 

 

対抗〇にはサラキアです。

 

同馬はいつも好馬体で

パドックでは印を付けますが

差し脚質で上手く捌けるかが

直線のキーポイントになります。

 

ただトモが丸くボリュームがあり

瞬発力を感じさせる馬体で

牝馬にしては胴も厚めなので

マイルの距離は合っているでしょう。

 

ハンデが53kgでもあり

かなり他馬より軽く見えますし

末脚という武器が明確で

騎手も乗りやすいと思います。

 

パクスアメリカーナはハンデも

そんなに苦の無い立場でしょうが

それでも同馬の軽ハンデには

警戒が必要なところです。

 

インで脚を溜め直線に入り

爆発的な末脚を見せれば

前を行く各馬を捉えきって

逆転も有り得ると思います。

 

 

▲にはグァンチャーレです。

 

同馬は現在7歳を迎え

年齢こそ重ねていますが

馬体はまさに今が旬であり

それが結果にも現れています。

 

前走ではしっかり脚を伸ばし

オープンを勝ち切ってきましたし

常に好位で立ち回れるのも

経験と落ち着きを感じさせます。

 

逃げ馬のマイスタイルがどれだけ

引っ張るかにもよるところですが

スローが予想されるメンバーでは

同馬の安定感が光ります。

 

古川騎手とのコンビは最も

キャリアを積んでいるコンビですし

ハンデも56,5kgで

許容範囲内だと思います。

 

枠も内目の4番ですから

狙いは十分立つでしょう。

 

ということで・・・

 

今年最初の予想となる

京都金杯2019ですが

本命のパクスアメリカーナには

躍動を祈りたいと思います。

 

この一戦に向けた各馬の仕上がりにも

注目して参りましょう☆

 

*2018重賞本命単勝回収率115%

パドックロード(2019)1月度会員募集中!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です