ホープフルステークス2018結果・優勝馬はサートゥルナーリア

 

その道を照らすもの。

 

未来溢れる優駿たちが

ダービーを見据えて駆けた

初のGⅠの檜舞台

ホープフルステークス2018。

 

その覇権はシーザリオを母に持ち

父にはロードカナロアを誇る

1番人気に支持されていた

サートゥルナーリアが握りました。

 

道中は超のつくスローペースで

最後まで出口がありませんでしたが

完璧な競馬をしたライバルを

一脚でねじ伏せる強い競馬。

 

底知れない能力を感じた

中央競馬の締め括りでした。

 

詳しいレース内容の回顧と

馬体診断も致しますが

その前に予想結果からまずは

発表したいと思います。

 

<ホープフルステークス2018予想・印&買い目>

◎ヴァンドギャルド

〇キングリスティア

▲アドマイヤジャスタ

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎〇各100円、ワイドボックス◎〇▲各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<ホープフルステークス2018結果>

優勝馬・・・サートゥルナーリア

2着馬・・・アドマイヤジャスタ(▲)

3着馬・・・ニシノデイジー

(◎6着、〇8着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

はしくれの本命◎ヴァンドギャルドは6着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

いきなり単騎逃げを見込んでいた

3番キングリスティアが出遅れます。

対して赤丸のサートゥルナーリアは

好スタートを決めました。

 

最初の1コーナー直前では

サートゥルナーリアがハナに立ち

かなり緩い流れになるのは

間違いないというところでした。

 

 

こういう時に肝心なのは

早目に位置を取れているかで

サートゥルナーリア(赤丸)に続き

上位入着馬が好位を固めました。

 

サートゥルナーリアの右隣は

2着馬のアドマイヤジャスタで

左隣りには3着馬の

ニシノデイジーが続きます。

 

この3頭を外から捲って

先頭に立ったコスモカレンドゥラが

4着に残していることからも

「前」しか勝機はありませんでした。

 

 

馬群は凝縮して前半は

62秒5というペースで

前後半の差が3秒4という

超スローペースでした。

 

馬場も思うよりインが悪くなく

前が止まる気配はありません。

ただインで閉じ込められた人気の

サートゥルナーリアは我慢の競馬でした。

 

 

4コーナーを回って直線

アドマイヤジャスタが抜け出しましたが

サートゥルナーリアはまだインの

矢印の地点で控えています。

 

「ここは通さない」

という鞍上

ルメール騎手の意思を汲み取り

アドマイヤジャスタも懸命に

振り切りにかかります。

 

坂の攻防は騎手の鬼気迫る

追い比べになりましたが・・・

 

 

アドマイヤジャスタの外から抜け出た

サートゥルナーリアが見事快勝。

楽な競馬とは言えなかっただけに

その走りには敬服です。

 

今回は反省点というか

残念な点が多いですが

まずはレースを振り返って

予想の見直しを致します。

 

まずはしくれが今回の人気馬

サートゥルナーリアを切った理由は

これまでの全体時計の中身と

人気が釣り合わなかったからです。

 

今回にしてもラップタイムは

それほど速くはありませんが

この馬の瞬発力は本当に

並外れたものだと思いました。

 

一度ポジションが下がっていながら

途中まで追い切れずにいた上

進路ができてからすぐに交わして

1馬身半も突き抜けました。

 

これほどスローで最後も着差を

つけて差し切るのは難しいですし

ちょっと器が違ったかな

と思わされるほどの走りでした。

 

このあたりは同馬の前走時の

萩ステークスを見ても思いましたが

最後もう一段伸びるのだなと

強く印象に残りました。

 

スロー展開は読めていたので

最後の末脚重視で良かったです。

このあたりズレがあったことは

予想力不足だなと反省です。

 

それから他にも多々反省や

残念な部分がありましたが

その点は馬体診断をしながら

伝えて参りたいと思います。

 

それではまず2018年最後の

パドックロードの重賞配信結果は・・・

 

 

〇1着→◎2着→☆3着→▲5着でした。

3着独占嬉しかったです(*^^*)!

 

ただ3着独占とはなりましたが

当ブログ予想とはかなり異なり・・・

いくらパドック党とはいえ

ここまで違うのも驚きです。

 

そんなこんなでパドックを見ても

驚いたホープフルステークスでしたが

馬体診断も豪華版で

実施したいと思います☆

 

 

まず優勝馬サートゥルナーリアです。

 

実は同馬をパドックで見たのは

今回が初めてでして

一目見てブログ予想で印を

打たなかったことを後悔しました(泣)

 

これほど素晴らしい馬体を

2歳馬の時点で有しているとあれば

どんな競馬をしてくれるだろう?

と期待せずにはいられませんでした。

 

飛び抜けたバランスを誇り

筋肉も柔らかく豊富で

+12kgの影響も

少ししか感じられませんでした。

 

まだ若さが残っているので

全体的に緩さもありますが

いかにも父がロードカナロアで

ノーザンファーム生産という感じです。

 

兄にあたるエピファネイアに比べ

既に垢抜けた馬体をしており

リオンディーズと比べて柔軟性に

富んだ馬体をしています。

 

なんというかこの兄弟はそれぞれ

違った良さを持っているのですが

はしくれとしては兄弟では一番

好みの馬体と言える馬です。

 

もうほんの少し絞れていて

輪郭が出ていれば本命でしたが

総合力の高さで十分に

強い走りを見せてくれました。

 

ダービーも狙える器でしょうし

距離も問題は無さそうです。

同馬は現時点で同世代の

最有力候補だと思います。

 

 

2着馬はアドマイヤジャスタです。

 

同馬が今回の配信では

本命◎の評価でしたが

最後の最後で交わされてしまい

残念なところでした。

 

筋肉の張りと無駄のない輪郭が

サートゥルナーリアより上でしたが

何分全体の骨格や

瞬発力の差が出てしまったようです。

 

特に本命にするにあたって

頭をかすめたのが父ジャスタウェイで

胴の伸びた独特の馬体が

父を彷彿とさせていました。

 

出遅れてもルメール騎手が毎回

前に出していくのも納得で

持続力では特に他馬より

秀でているだろうと思います。

 

今回は出遅れもせず

ルメール騎手も完璧にリードしましたが

展開面でも瞬発力でも

ライバルが上を行っていました。

 

中山適性も高そうですので

皐月賞でも期待してしまいますが

その前の弥生賞やスプリングステークスも

順調に出てきてほしいものです。

 

 

3着馬はニシノデイジーです。

 

同馬は全体のバランスがよく

落ち着いた歩様が特徴的で

幅のある馬体は同世代でも

屈指のものを感じました。

 

皮膚の薄い感じを受けますが

ツヤはあと一息と感じられ

その点で3番手の評価は

ブレイキングドーンに譲りました。

 

ただ総合力ではこちらが上かな?

と散々迷ったところで

とにかくこのホープフルステークス2018は

粒ぞろいのメンバーでした。

 

馬格は十分あるのであとは

その日の比較でどうなるかでしょう。

 

勝負根性を含め

さすがに重賞2勝馬だなと

感心した一頭です。

 

 

そして4着馬コスモカレンドゥラです。

 

同馬はご覧のとおりお腹が

特徴的な張り方をしていますが

こういうタイプは中山や中京で

結果を出してくることが多いです。

 

一見すると太いのかな?

と思える仕上がりにも見えますが

全体がぴっちりと張っており

これで良い仕上がりです。

 

ただ同馬としては今回は十分

仕上がっていたとは思いますが

何分他のライバルが強力で

比較では7~8番手でした。

 

展開利があったとはいえしっかり

掲示板は確保できましたし

成長次第ではこの世代で

気になる逃げ馬にも成り得ます。

 

馬体に伸びやかさがないタイプで

2000mがベストな感じです。

瞬発力よりも持久力で押していく

競馬も見てみたいと思います。

 

 

5着馬はブレイキングドーンです。

 

同馬は前走時には太目で

印をつけられなかったのですが

今回はすっきりと締まっていて

行けそうだなと判断しました。

 

それも+6kgと馬体重は

増えていたにもかかわらずなので

張りが増して筋肉が増えたのが

この点からも察せられました。

 

ツヤがとにかくピカピカに見せるので

最初から目立つ存在でしたが

レース毎に違う馬体をしていて

非常に興味深い一頭です。

 

同じ中竹厩舎とはいえ

サートゥルナーリアとは違ったタイプで

得意な距離が限られそうな

ずんぐりとした中距離タイプです。

 

 

そして6着馬ヴァンドギャルドです。

 

同馬はパドックでは5番手評価で

中々の好仕上がりでしたが

何分レースでは実力を

遺憾なく発揮できませんでした。

 

キングリスティアが出遅れたために

想定以上にペースが落ちて

その上前にも行けずに直線は

妨害を被ってしまい・・・。

 

良く伸びているだけに次走では

挽回可能だと思いますが

今回はあまりにもレース中の

不運が重なってしまいました。

 

とはいえそれだけ理由もあるので

悲観することはありませんし

筋肉の張りやツヤもよく

伸びしろも感じられる馬体でした。

 

体型を見るとマイラーかなと

感じられるのも確かですが

2000mまでなら十分

こなせておかしくないと思います。

 

馬体の成長と距離選択が

合うかどうかが今後のポイントです。

 

 

そして最後にキングリスティアです。

 

同馬は8着という成績で

この一戦を終えましたが

出遅れて最後一脚使っており

中身は確かだと思いました。

 

ただ馬体を見ると緩さが目立ち

メンバー中でも一番緩いくらいで

まだ若さが溢れているなあと

感じたのが無印にした理由です。

 

それに河内調教師は

きっちりと仕上げてくることが多く

今回はその点の意識からも

見送るべきかと思いました。

 

ただ上がり最速を計時したのは

サートゥルナーリア

ニシノデイジー

そしてこのキングリスティアの3頭です。

 

キャリアも浅く

差してもやれるという

操縦性も魅力的です。

今後の成長を見守りたいです。

 

ということで・・・

 

今回は当ブログ予想は

完璧に外してしまいましたが

パドックロードでは3着独占で

嬉しい結果となりました。

 

これほどまでに差がある予想も

さすがに稀ではありますが

データ予想の腕も相馬眼並みに

上げていきたいと思っています。

 

2018年最後となる当予想が

不的中なのは残念でしたが

来年も多く的中できるように

精進して参りたいと思います。

 

当ブログをご覧下さる皆様

ありがとうございます(*^^*)

皆様からいただいた励ましを胸に

これからも全力で取り組みます。

これからもよろしくお願い申し上げます☆

 

*秋競馬重賞連勝後から当レースまで

パドックだけで勝つ

にて配信実績を公開中☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ホープフルステークス2018結果・優勝馬はサートゥルナーリア」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です