有馬記念2018予想・本命はレイデオロ

王者の風格。

 

ダービー馬の強さを見せつけた

前走・天皇賞秋でしたが

ジャパンカップを回避したことで

好状態にあるレイデオロ。

 

枠順こそ外目になりましたが

折り合いに心配が要らないタイプで

中山3勝の実績からも

王座は揺るぎそうにありません。

 

今年は障害王オジュウチョウサン

見事有馬記念出走に漕ぎつけ

障害・平地2階級制覇へと

意欲を燃やしての参戦ですが・・・

 

そんなライバルがいる中でも

レイデオロの安定感はピカイチで

馬券圏外へ飛ぶ可能性は

限りなく低いと思います。

 

そんな大きな期待のかかる

本命馬の登場ですが

まずはいつも通り予想印と

買い目の公開から参りましょう。

 

<有馬記念2018予想・印&買い目>

◎レイデオロ

〇サトノダイヤモンド

▲モズカッチャン

☆オジュウチョウサン

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー〇▲☆各100円、〇単複各100円、計600円。

 

 

本命◎はレイデオロです。

 

同馬はこれまで11戦して

7-1-1-2の好成績で

高い勝率と国内戦での

馬券圏外も一度だけです。

 

その皐月賞は後方からでは

かなり苦しい展開の中

休み明けの仕上がり途上で

よく追い上げての5着でした。

 

中山の坂を苦にしない上

ルメール騎手も1週前に

「ファンタスティックコンディション」

と絶賛したほどの状態です。

 

いつも通りの調教過程で

ローテーションもゆったりしており

ペースも速くはならなそうなので

あまり穴が見当たりません。

 

巻かれない分むしろ外枠も

良い方に出そうな感じで

あとはパドック次第ですが

勝機は十分にあると思います。

 

 

対抗〇にはサトノダイヤモンドです。

 

同馬はとにかく仕上がっていれば

無類の強さを発揮しますが

凱旋門賞後の仕上がりには

旬を逸した感があります。

 

それでも京都大賞典では

見事優勝して見せてくれ

ファンであるはしくれの目頭を

熱く潤ませてくれました。

 

因みにこの時は速報でも

以下の通りに本命でしたが

ジャパンカップでは対抗評価を

下すまでは届きませんでした。

 

 

このジャパンカップ時池江調教師の

コメントはかなり正確でしたが

今回もそれほどコメントは

トーンが上がって来ていません。

 

その点は憂慮するべきですが

あくまでパドックは「横の比較」です。

その点他を凌駕するバランスの

この馬を軽視することはできません。

 

2年前優勝した舞台ですし

適性面では有利と思えますし

調教・枠もよくデータ面から言っても

やはり楽しみはあると言えましょう。

 

ラストランの発表もされており

これが最後の舞台となります。

同厩舎のオルフェーヴルのような

ラストを飾れるか注目です。

 

 

3番手はモズカッチャンです。

 

前年も2着には3番枠から

クイーンズリングが入りましたが

モズカッチャンも同じ牝馬で

枠もローテーションも同じです。

 

その前走エリザベス女王杯時は

まだ馬体に余裕がありましたが

叩かれて臨む今回はもっと

上昇が予想されます。

 

その証拠に調教内容はかなり

好感が持てる内容でしたし

時計的にも好調具合が

はしくれにも見て取れました。

 

有馬記念は好位脚質で

4角を回る馬が強いですし

M.デムーロ騎手も12月好調で

狙いは立つと思います。

 

 

最後☆にはオジュウチョウサンです。

 

同馬には多くの競馬ファンが

夢やロマンを託していますが

平地GⅠで通用するのか

半信半疑のことと思います。

 

結論から言って馬体面では

十分上位も狙えそうですし

年齢も気になるどころか

今が旬だと思います。

 

詳細は

オジュウチョウサン―馬体の殿堂(8)

をご覧いただきたいところですが

柔軟性があって十分

平地で走れる馬体です。

 

障害GⅠは全て当地の

中山競馬場の開催で

この点コーナーワークも活かせる

最内枠も追い風でしょう。

 

鞍上に武豊騎手を配し

これも見事にはまりましたから

無尽蔵のスタミナとあわせて

軽視は禁物だと思います。

 

ということで・・・

 

グランプリらしく好メンバーが

顔を揃えた有馬記念2018。

この大一番を見事に制して

レイデオロがまたも王となるのか。

 

はしくれも一競馬ファンとして

楽しみでなりません。

 

平成も最後と名残り惜しいですが

数々の名馬が湧かせたターフを

今年の出走馬が駆け抜けるのを

じっくり見守りたいと思います。

 

栄光のゴールの先に待つのは

どんな未来となるのでしょうか―

 

「有料」パドック速報は―

パドックロード(2018)12月度会員募集中!

よりご覧ください。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「有馬記念2018予想・本命はレイデオロ」への2件のフィードバック

  1. オジュウチョウサン、難しいですね。

    競馬ラボで馬体写真が公開されているのですが、ここ最近は帰ってくると、その写真とにらめっこして、寝る時間になってます。(~_~;)

    僕の相馬眼がまだまだなせいか、どうにも判断しづらいフォルムに見えてしまいます。
    せめて、平地重賞での実績があれば、もう少し判断しやすかったと思うのですが。。。

    いっそのこと、オジュウ抜きで、ワイドと馬連をメインに組み直そうかと思い始めてます。( ;´Д`)

    1. ポン太さん、ありがとうございます☆
      そうですね、オジュウチョウサンはかなり良いのですが、実際には他と比較して初めて分かることもありますしね(^^;)
      本番を楽しみにしつつ、現状は買っていくのが吉かなと判断しました。というのも、実際当日見て良かったら、ここで買わなかったことを後悔してしまいそうですので…。
      それらも含めてパドックから、大いに楽しみましょう(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です