マイルチャンピオンシップ2018予想・本命はモズアスコット

 

上昇度。

 

連闘で臨んだ安田記念で

見事優勝を果たして見せ

典型的な叩き良化型だと

感じさせたモズアスコット

 

前走も+10kgと太目で

最後は差し切られてしまいましたが

好調教を見る限り今回も

上昇必至の様相です。

 

マイル~中距離の強豪が集い

目移りするほどのメンバーですが

それだけに今回の重点には

「上昇度」を上げたいと思います。

 

それでは今回の予想もまずは

印と買い目からご覧いただき

詳しい予想の根拠の説明へと

移行して参りましょう。

 

<マイルチャンピオンシップ2018予想・印&買い目>

◎モズアスコット

〇アエロリット

▲ペルシアンナイト

☆ロードクエスト

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー〇▲☆各100円、計400円。

 

 

本命◎はモズアスコットです。

 

先述の通り同馬は前走

スワンステークスで+10kgと

パドックでも明らかなほどに

馬体に太め感がありました。

 

それでも豊富な筋肉量や

柔軟性は高次元で

やはり安田記念馬だなと

感じるだけの馬体でした。

 

典型的な叩き良化型

調教でもしっかり動けており

鞍上もルメール騎手と

申し分ありません。

 

このコンビでは3-3-0-0

連対を外しておらず

常にハイレベルな競馬をしており

隙は殆どありません。

 

枠も中枠の良いところですし

スタートさえ問題がないなら

中団からいつも通りの脚で

結果を出してくることでしょう。

 

 

対抗〇にはアエロリットです。

 

同馬は今週の当ブログで

アエロリット―馬体の殿堂(7)

のコラムを掲載しましたが

馬体は旬を迎えていて

秋2戦目の今回も狙いです。

 

元々牝馬は好調期間が

長くない馬も多いのですが

その点を見ても同馬の馬体は

非常に完成度が高いです。

 

モレイラ騎手からムーア騎手へと

バトンが渡された形ですが

どちらの騎手も末を伸ばすのに

文句のない騎手だと思います。

 

モズアスコットと比べてコンビの

経験値では見劣りしますが

旬の勢いと名手の腕で

勝負を賭けてくるでしょう。

 

 

▲はペルシアンナイトです。

 

同馬は昨年の優勝馬であり

今年は勝ち星こそありませんが

常に上位の走りを披露し

衰えは感じさせません。

 

東京マイルは意外に内目が

開きにくいコースでもあり

安田記念や富士ステークスでは

この点が不利に働きました。

 

馬体自体はいつも順調で

好仕上がりを見せていますし

ローテが昨年と同じここでは

「メイチの仕上げ」も有り得ます。

 

当該コースも1-0-1-0と

安定して走っていますし

M.デムーロ騎手の騎乗で

連覇へ力が入ります。

 

 

最後☆はロードクエストです。

 

同馬は3歳時に当レースで

9着に敗れていますが

この頃はまだ馬体に芯が

入り切っていませんでした。

 

それがこのところ夏を越してから

馬体が非常に充実しており

スワンステークスではパドックで

本命の期待に応えてくれました。

 

 

この時は本線の印通りに

3着独占を果たしましたが

太目だったとはいえモズアスコットを

差し切るまで仕上がっていました。

 

鞍上はM.デムーロ騎手から

横山典弘騎手になりますが

外人騎手の中で意外性を

発揮することができる騎手です。

 

馬だけでなく騎手の争いも

熾烈な時代に入りましたが

経験に勝る日本のコースで

腕をぶすベテランに期待です。

 

ということで・・・

 

予想は以上の通りですが

ハイレベルなメンバー構成で

当日の各馬の仕上がりにも

非常に注目が集まります。

 

パドック速報配信については

パドックロード(2018)11月度会員募集中!

にて詳細を公開していますので

ご興味をお持ちでしたら

こちらもどうぞご覧ください。

(尚、今週の土曜日については

配信がありませんのでご了承ください。)

 

それでは

マイルチャンピオンシップ2018が

充実したものになりますように・・・☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です