JBCクラシック2018予想・本命はオメガパフューム

 

強い3歳世代。

 

上記画像はシリウスステークスでの

パドック配信の結果ですが

本命◎は今回と同じ

オメガパフュームという結果でした。

 

同馬はこの前走で優勝し

はしくれもこの後の重賞レースで

パドック本命◎馬が

8連勝の記録を達成。

 

今年の3歳世代の馬には

垢抜けた馬体が多く

そのことをその後のレースでも更に

実感することになりました。

 

考えてみればルヴァンスレーヴが

ゴールドドリームを南部杯で破り

グリムが白山大賞典で

センチュリオンを退けています。

 

有力古馬が調整途上と

いうこともあったでしょうが

それにしても流れが3歳馬に

傾いているように思います。

 

そこで今回のダートの祭典

JBCクラシック2018も

3歳世代のオメガパフュームから

入ることに致します。

 

それでは早速予想印と

買い目をご覧いただきましょう。

 

<JBCクラシック2018予想・印&買い目>

◎オメガパフューム

〇サンライズソア

▲ケイティブレイブ

☆テーオーエナジー

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し各100円。計400円。

 

本命◎はオメガパフュームです。

 

今回の本命◎の決め手は

ずばり「馬体」です。

 

実際の仕上がりについてはやはり

当日の確認が必要ですが

前走の同馬が見せたつくりは

旬で完璧に近いものでした。

 

古馬の重賞常連の馬に

混じってもまるで劣っておらず

状態の良さと無駄のない筋肉が

一際目立つ仕上がりでした。

 

今回は枠も外目であまり

マークも厳しくならないでしょうし

ダートが得意な和田騎手ですから

力負けはしないと思います。

 

コースの特徴的にも脚質は

ぴったりとはまりそうで

テイエムジンソクが前に行くのも

走りやすいところでしょう。

 

今年開業した安田調教師に

初勝利をプレゼントした馬ですから

師の思い入れも半端ではないと

睨んで一票を投じます。

 

 

対抗〇にはサンライズソアです。

 

この馬はいつもパドックではグルグル

内側を回ったりしているのですが

入れ込んでいそうに見えて

レースでは力を発揮してきます。

 

父シンボリクリスエス譲りの

漆黒の馬体が印象的で

引き締まった筋肉を駆使して

伸びやかな脚を使ってきます。

 

間隔が開いた前走も伸びやかで

叩いた今回は怖いですし

更に鞍上もルメール騎手なら

言うことはありません。

 

この距離は2戦2勝と相性もよく

枠も先行しやすい4番で

うまくテイエムジンソクの後ろで

折り合えれば好勝負できるでしょう。

 

 

単穴▲はケイティブレイブです。

 

「単穴」という言葉も

少々おかしくはありますが

人気を背負って毎回結果を

残している安定株の同馬。

 

乗り慣れた福永祐一騎手を背に

大舞台に挑みます。

 

前走は58kgを背負って

他馬を力でねじ伏せており

馬体の張りからもいよいよ

充実のピークを感じさせました。

 

今回は中枠をいかに捌くか

コンビとして絆が問われますが

両隣が行く馬ではないので

ポジションは取りやすいと思います。

 

パワフルな馬体を弾ませて

実績馬が上位を狙います。

 

 

最後☆にはテーオーエナジーです。

 

同馬は前走・グリーンチャンネルカップを

14着と大敗しましたが

見た目には仕上がっており

意外なほどの負けっぷりでした。

 

柔軟性の高い馬体で

好感の持てるバランスをしており

芯が入ってくれば巻き返しも

十分に有ると思います。

 

今回は3歳世代を中心に

予想を組み立ててきましたし

予想の決め手の馬体面からも

入れてみようと思います。

 

あとは当日の気配次第ですが

パドックロードで配信しますので

ご興味がおありでしたら

パドックロード(2018)11月度会員募集中!

もご覧ください。

(土曜京王杯2歳S▲1着→◎2着→☆3着独占です)

 

それでは怒涛の3レースJpnⅠ

連戦のJBC2018を

体中で感じながら

楽しんで行きましょう☆

 

*その他のJBC2競走は

[最強]競馬ブログランキング

内、重賞予想欄にて公開中です。

こちらは買い目・回顧の公開は

致しませんのでご了承ください。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「JBCクラシック2018予想・本命はオメガパフューム」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です