秋華賞2018結果・優勝馬はアーモンドアイ

 

ファンタスティックホース。

 

ルメール騎手がそう称賛する

アーモンドアイの走りでしたが

大外を豪快に突き抜け

3冠の偉業を達成。

 

父ロードカナロアはボリュームのある

短距離体型の馬でしたが

筋肉がボリュームアップしながらも

同馬に距離不安はありませんでした。

 

まるでかつてのディープインパクトを

彷彿とさせるような走りで

飛ぶように前の馬を丸ごと

飲み込んでいったアーモンドアイ。

 

そのレース振りを回顧する前に

まずは予想から振り返って参りましょう。

 

<秋華賞2018予想・印&買い目>

◎アーモンドアイ

〇ラッキーライラック

▲サラキア

☆カンタービレ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<秋華賞2018結果>

優勝馬・・・アーモンドアイ(◎)

2着馬・・・ミッキーチャーム

3着馬・・・カンタービレ(☆)

(▲サラキア4着、〇ラッキーライラック9着)

払戻金・・・ワイド340円。

 

はしくれ・・・的中です!

が、トリガミですね(^^;)

申し訳ございません。

 

はしくれの本命◎アーモンドアイが優勝

 

それではなんとか回収なった

秋華賞2018のレースを

早速振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

サトノガーネットが出遅れます。

その他もややばらけたスタートで

アーモンドアイは後ろに下げました。

 

 

展開の鍵を握ったのは

上がり馬のミッキーチャームでしたが

思ったよりも他の馬が競り掛けずに

ペースはスローで進んでいきます。

 

この展開を一番恐れていたのは

ルメール騎手だと思いますが

枠も外目の11番でしたから

中団外で我慢していました。

 

 

前半の1000m通過は

59秒6のタイム

開幕2週目の良馬場ですから

これは緩い流れです。

 

前のミッキーチャームを操る

川田騎手は絶妙な配分

インをロスなく立ち回って

粘り込みを狙っていました。

 

 

4コーナーを回ってからも

アーモンドアイはまだこの位置。

前を走るミッキーチャームとは

10馬身はあろうかという差です。

 

手ごたえもよいミッキーチャームの

粘り込みが濃厚でしたが

ここから爆発的な末脚で

アーモンドアイが迫ります。

 

このミッキーチャームを目がけて見る見る

距離を縮めるアーモンドアイ。

「気持ちよかった」

というルメール騎手と

直線輝きを放っていました。

 

 

最後は1馬身半差をつけて

3冠のゴールを走破。

前脚と後ろ脚がくっついてしまうほどの

そのバネで観衆を魅了しました。

 

ゴール後のインタビューでは

ルメール騎手が「一番強い」と言う通り

多くの名馬を知る同騎手でも

称賛するほどの強さでした。

 

またアーモンドアイの馬体重は

夏を越して+14kgでしたが

このジャッジははしくれの相馬眼で

「成長分」と判断しました。

 

その馬体診断もここから

行って参りましょう。

 

 

それでは優勝馬アーモンドアイの馬体です。

 

少し写真がぶれていますが

全体的にふっくらとして

一回り大きくなったことが

お分かりいただけると思います。

 

オークス時と比べれば明らかで

その写真はこちらです。

 

 

この時より一目で

「大きくなった」と分かるほど

ボリュームアップしていました。

 

特に坂路調教の効果か

トモの張りも素晴らしく

+14kgを消化した馬体

思わず唸ってしまいました。

 

 

う~ん・・・

古馬でもこういう仕上げはまれで

やはり名馬は違うと思います。

絞って絞れないこともないですが

このままでも十分でしょう。

 

父ロードカナロアも

母フサイチパンドラも好馬体で

肉付きのよい馬体がとても

印象的な馬でした。

 

ひと夏を越してボリュームが増したのは

血統からも納得ですし

成長力もこの両親から

しっかり受け継いでいると言えます。

 

同世代の牝馬がこの馬を負かすのは

かなり酷な話でしょう。

 

 

そして2着馬ミッキーチャームです。

 

この馬はパドックより返し馬で

より良く見えた一頭ですが

他にもよく見えた馬がいたので

印は回せませんでした。

 

バランスがよく締まりがあって

持続力のありそうな馬体です。

少し発汗が見られましたが

気になるほどではありませんでした。

 

川田騎手の巧みなリードで

優勝もあるかと思いましたが

あまりにもライバルが強すぎたという

そんな一戦でした。

 

同馬は調教での評価も高く

はしくれおすすめの大川の予想の

調教診断でもこの通りでした。

 

 

満点の☆5です。

他にこの評価だったのは

アーモンドアイだけでしたので

高評価の2頭がそのまま

ワンツーという結果でした。

 

 

はしくれはパドックのプロですが

調教はそのレベルにありません。

この大川の予想の調教診断は

相当なハイレベルです。

 

使えるものは使って競馬の

収支改善をしたいものです。

はしくれも予想を補強するのに

度々目を通しています。



レビューは

大川慶次郎の予想の評価と内容

でも詳しくお伝えしていますので

こちらもご覧ください。

 

 

そして最後は3着馬のカンタービレです。

 

同馬はローズステークス時より

体に芯が入っていて

毛ヅヤもよくなり全体的にも

ふっくらと見せていました。

 

レースではアーモンドアイより

後方から差してきましたが

前走とは違う競馬でもよく

対応できたと思います。

 

このあたりは仕上がりが一段と

良くなったことも影響して

柔軟性の高さをバネに

変えられたのだと思います。

 

434kgという

小柄な牝馬ではありますが

全体にも厚みが増して

良い仕上がりだったと思います。

 

因みに最後になりましたが

はしくれのパドックロードの印は・・・

 

 

◎1着→☆3着→〇4着→9着でした。

 

珍しく当ブログ予想と

同じ4頭を選びましたが

ラッキーライラックよりもサラキアを

上位にとる結果になりました。

 

ラッキーライラックは+18kgの

影響が感じられましたので・・・。

それでも好馬体は変わらずでしたが

9着と残念でした。

 

ただこのところ重賞では

本命馬をきちんと見抜けており

◎の成績が以下のように

かなり安定しています。

 

GⅢシリウスステークス

◎オメガパフューム1着

 

GⅠスプリンターズステークス

◎ファインニードル1着

 

 

GⅢサウジアラビアRC

◎グランアレグリア1着

 

GⅡ毎日王冠

◎アエロリット1着

 

GⅡ京都大賞典

◎サトノダイヤモンド1着

 

 

GⅡ府中牝馬ステークス

◎ディアドラ1着

 

GⅠ秋華賞

◎アーモンドアイ1着

 

GⅢシリウスステークス以来

7戦連続本命◎が優勝中です。

 

大川予想の調教診断も

優れた結果を残していますが

はしくれの相馬眼も以上のとおり

実績を残しています。

 

現在も変わらず

10月度の会員を募集中です。

詳細は

パドックロード(2018)10月度会員募集中!

よりご覧ください。

 

ということで・・・

 

秋華賞2018の結果は

アーモンドアイが快勝

平成最後に成し遂げられた偉業達成に

感心しきりの一戦でした。

 

名馬に引き合う予想家であるよう

今後も精進致しますので

どうぞこれからも当ブログ予想を

ご覧いただければと思います。

 

また変わらず相馬眼の上達を図り

配信を真摯に続けて参ります。

会員の皆様におかれましては

引き続きお付き合い下さいますよう

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

それでは。

 

*はしくれの相馬眼をあなたに

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

どうぞご覧ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です