凱旋門賞2018結果・優勝馬はエネイブル

 

世界の頂点。

 

怪我により順調に行かなかった

今シーズンのエネイブルでしたが

復帰戦を勝利で突破して

凱旋門賞連覇を達成。

 

「有効」という名の意味通りに

その力を見せつけました。

 

日本から鋭意挑戦した

クリンチャーは17着でしたが

立派な走りで日本競馬に

経験を残してくれました。

 

そんな凱旋門賞2018を

まずは予想から振り返り

来年の糧に変えられるよう

回顧して参りましょう。

 

<凱旋門賞2018予想・印&買い目>

◎エネイブル

〇ヴァルトガイスト

▲キューガーデンズ

☆クロスオブスターズ

△クリンチャー

買い目・・・ワイド流し◎ー〇▲☆△各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<凱旋門賞2018結果>

優勝馬・・・エネイブル(◎)

2着馬・・・シーオブクラス

3着馬・・・クロスオブスターズ(☆)

(〇4着、▲7着、△17着)

払戻金・・・ワイド980円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)!

 

はしくれの本命◎エネイブルが見事優勝・・・!

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

特に目立った出遅れもなく

揃った飛び出しに見えました。

 

降雨の影響も殆どなく

良の軽い芝と伝えられた

緑の中を19頭が

ずらっと並んでいきました。

 

 

序盤からハナに立って行ったのは

予想通りネルソンでしたが

クリンチャーは最内(矢印)をついて

好位3~4番手を進みます。

 

そしてこの隣がエネイブル

先行馬に隠れていましたが

特にマークもきつくならずに

デットーリ騎手が控えました。

 

 

3コーナーを回ってここから

フォルスストレートに入りましたが

ここにきてエネイブル(赤丸)の姿を

はっきり見ることができました。

 

余力を十分残している上

外一頭分が開いています。

エネイブルとデットーリ騎手には

かなり手応えのある展開でした。

 

 

残り300mを切って

いよいよ進出するエネイブルですが

気合いをつけられると一瞬で

前の馬を交わし去りました。

 

58kgのハンデを背負っても

切れ味が鈍る素振りも見せず

余裕のあった展開からも

圧勝すら予感しました。

 

しかし外からは最軽ハンデの

3歳牝馬シーオブクラス

更に中から昨年の2着馬

クロスオブスターズも強襲します。

 

圧勝かと思われたエネイブルを

この2頭が追い詰めましたが・・・

 

 

最後の最後まで譲らぬ走りで

インを粘ったエネイブルが優勝。

2014年トレヴ以来の

連覇達成となりました。

 

実に淡々とした競馬でした。

 

すんなり好位を取れたことといい

マークが手薄だったことといい・・・

これを簡単にやってのけた

人馬はやっぱり凄いです。

 

そして枠の影響もかなり

着順を左右したと思います。

 

エネイブルの引いた6番枠は

過去10年で3勝と最多で

グリーンベルトが発生している

馬場も考えれば尚良い枠です。

 

差し馬が多くいたことからも

流れに乗りやすかったところで

このあたり強運も味方だと

いうことができそうです。

 

そして馬体の方もさすがに

凱旋門賞馬という馬体で・・・

中継ではしくれが見た

感想をお伝えします。

 

 

まずエネイブルですが・・・

 

画像はTV中継のものを

撮影したものになりますが

いかにも欧州牝馬という

華奢感が見られます。

 

仕上がりはかなり良好に見え

無駄なところがありませんし

心なしか昨年よりも

筋肉が増えたようにも見えます。

 

古馬らしくなった馬体で

緩さが見られなくなっていますが

しなやかさは残されていて

スタミナを感じさせました。

 

特に肩の部分の筋肉が

発達したと思いましたし

昨年の画像を参考にして

比較も行っていきましょう。

 

 

どうでしょう。

角度の違いはあるのですが

メリハリがついたと思いませんか?

 

ハンデが昨年より重たいですから

バランスはより重要になります。

肩が強化されることによって

安定感が増してきました。

 

はしくれは基本パドックを見るとき

とにかく横の比較(ライバルとの比較)

を重視しますが

こういう縦の比較も時々

思い出しながらしています。

 

これは目の前に馬がいなくても

記憶の中で整理できるので

馬の成長を知る上でやはり

役に立つ方法です。

 

ただ

馬券を当てるための基本としては

横の比較が大事です。

このあたりは

パドックの見方、お教えします!

をご参照いただければ幸いです。

 

 

そして日本のクリンチャーです。

 

返し馬の画像になりますが

筋肉質なのが分かります。

この馬は幅があって逞しく

はしくれも好きな馬です。

 

ただ

これは予想時から既に

伝えていたことにはなりますが

欧州の芝を走るには

あまり向かない体型でしょう。

凱旋門賞2018予想・本命はエネイブル

 

骨太で馬格も立派ですし

馬体重も軽くはありません。

このあたりは

凱旋門賞で日本馬が勝てない理由

をご覧いただきたいと思います。

 

とはいえ

クリンチャーが弱いとか

そういうことは断じてなく

今回の仕上がりはむしろ

かなり良いように思いました。

 

 

これはレースが終わったあとの

引き上げ時の画像ですが

ふっくらとして好感が持てる

この馬の良いときの仕上がりです。

 

素晴らしいスタッフの方々の

尽力が垣間見えた瞬間で

なぜこれほど良い馬なのに

負けなければならないのか

と無念です。

 

芝の色や根の形まで違う

馬場の違いや競馬の違いが

日本競馬に向いたこの馬に

合わなかっただけの話で・・・

 

クリンチャーの果敢な挑戦には

拍手を送りたいと思います。

まずは無事に帰ってきてほしいところです。

 

ということで・・・

今回の凱旋門賞2018は

歴史的名牝エネイブルの

連覇達成で幕を閉じました。

 

「凱旋門」は見た目より更に

狭き門ではありますが

そう遠くない未来にまた

チャンスは訪れるでしょう。

 

そう信じて挑戦を続ける

日本馬を応援したいですし

夢が現実になる瞬間を

待ち続けたいと思います。

 

*はしくれの相馬眼を駆使。

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

どうぞご覧下さい。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です