毎日王冠2018結果・優勝馬はアエロリット

 

熱気。

 

気温が30℃を越える

暑さも印象的でしたが

大歓声と人々の熱気が

上回った毎日王冠2018。

 

突き抜けるような青空のもと

見事優勝を果たしたのは

前走・安田記念から臨んだ

1番人気のアエロリットでした。

 

例年差し決着となっている

当レースの傾向でしたが

今年はその傾向を覆す

決着となりました。

 

強豪牡馬を完封する

男勝りの一戦でしたが

そのレースを回顧する前にまず

予想から振り返りましょう。

 

<毎日王冠2018予想・印&買い目>

◎サトノアーサー

〇アエロリット

▲ダイワキャグニー

買い目・・・単勝◎100円、馬連流し◎ー〇▲各100円、ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<毎日王冠2018結果>

優勝馬・・・アエロリット(〇)

2着馬・・・ステルヴィオ

3着馬・・・キセキ

(◎サトノアーサー6着、▲ダイワキャグニー7着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎サトノアーサーは6着・・・

 

非常に残念な結果となりましたが

早速回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

8番のアクションスターが遅れましたが

大体揃った飛び出しになりました。

優勝馬アエロリットも

好スタートから先頭に立ちます。

 

このあと外からかかり気味に

レアリスタが被せましたが

落ち着けるとキセキが2番手になり

隊列はすぐに決まりました。

 

 

最初の1000M通過は

59秒0のタイムで

大体想定していたくらいの

スローペースになりました。

 

後方の各馬は脚を溜めていて

4コーナーでも動きはありません。

前のアエロリットは十分

余力を残すことができました。

 

 

直線に向くと手応えの残る

アエロリットを捉まえようと

内枠のキセキとステファノス

必死に追い出しにかかります。

 

差し決着の傾向を意識する

後方勢は置かれ気味で

前を行くアエロリットは尚も

悠々直線を走っていました。

 

大歓声がこだまする中

アエロリットの末脚は衰えず

2~3着争いの様相

濃厚となりましたが・・・

 

 

外を伸びてきたステルヴィオを振り切り

アエロリットが逃げ切り優勝。

格の違いを感じさせるほど

安定感ある走りでした。

 

今回の予想結果を見ると

マイル実績はやはり大事だなと

改めて強く感じる

決着となりました。

 

アエロリットは安田記念から

ステルヴィオはダービーからでしたが

マイル重賞で活躍している

2頭のワンツーは印象的です。

 

この傾向は現状の馬場なら

まだ続いていくと思います。

 

そしてこの一戦での

パドックロードの印でしたが・・・

 

 

◎1着→▲4着→☆6着→〇7着でした。

 

それでは早速今回も

馬体診断に参りましょう☆

 

 

まずは優勝馬アエロリットです。

 

この馬の凄さはまだ成長して

大きくなっていることにあります。

 

コメントをつけるほどの好仕上がりで

明らかな好調でしたが

周囲のパドック党の方々も

皆さん唸ってばかりでしたw

その声を紹介したいと思います。

 

・アエロリットに対する周囲の声

 

「なんて良い馬。これだよ」

「これ牝馬なの?牝馬が牡馬に見えて牡馬が牝馬に見えるよ」

「大きいねえ~」

「モレイラーーーー!!!」

 

最後は騎手に対してでしたが

周囲がざわつくほどの仕上げでした。

当のはしくれも一目見たとき

この馬しかいないと思いましたが

これだけ良く見せるとは驚きです。

 

菊沢調教師の思い入れも

半端ではないと感じました

師が直接調教に騎乗して

好タイムを出しただけはあります。

 

それにしても一分の隙も無い

ゴージャスな馬体でした。

これまでの同馬の歴史の中でも

間違いなく一番でした。

 

 

そして2着馬はステルヴィオです。

 

同馬は正直夏を越しての

成長はあまり見られませんが

相変わらずバランスの良さがあり

トモの張りが目立っていました。

 

印を回せなかった理由は

胸前の筋肉がまだ緩いからで

このあたり華奢に映ったために

厚い印が打てませんでした。

 

上がり最速の33秒2を計時した瞬発力

推進力となるトモの張りから

納得できるところです。

このレースはそういう点も

意識する必要がありそうです。

 

 

3着馬はキセキです。

 

同馬は近走敗戦続きで

苦しい時期が続きましたが

馬体の方は筋肉の張りに

充実感が戻ってきました。

 

お腹回りがまだ太いので

この点から無印にしましたが

スローペースを利したとはいえ

よく3着に持ち堪えました。

 

やはりスタミナのある馬ですから

しぶとく粘ることも可能です。

距離適性も感じられましたし

上昇気配と言って良いでしょう。

 

ということで・・・

 

今回はアエロリットの仕上げに

感嘆を上げた一戦でしたが

馬券的には上手く当てられず

残念な気持ちでした。

 

名馬に引き合う自分であるよう

常に精進したいものですし

そうすることでこれからもまだまだ

的中を目指したいと思います。

 

応援下さった皆さん

参考にして下さった皆さん

申し訳ございませんでした。

 

悔しい気持ちをバネにこれからの

飛躍を遂げたいと思います。

 

*10月既に3着独占3回・・・

パドックロード(2018)10月度会員募集中!

来週も頑張ります☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です