ワイド馬券は難しい?儲からない?

 

はしくれの大好きなワイド馬券。

回収率と的中率を底上げするのに役立ちますが

連馬券の仲間ですから

そう簡単には当たりません。

 

とはいえ難しいというには

馬連などより当たりますし

勝敗を決める配当になることも

決して少なくありません。

 

当ブログのテーマでもある

「競馬の収支改善」からも

積極的に使っていきたい

コスパの良いワイド馬券。

 

今回はこのワイド馬券の

有用性にスポットを当て

なぜはしくれが好んで使うか

お伝えしたいと思います。

 

☆3着が許される馬券

 

 

はしくれが好んで使う手段に

ワイドの流し馬券がありますが

この馬券の破壊力には

驚かされることがよくあります。

 

画像ははしくれがメルマガで配信した

あるレースの予想印ですが

本命馬が1番人気で

買い目にかなり悩みました。

 

 

◎タイセイブレークは

単勝1,7倍のオッズ・・・

仕上がりも良かったとはいえ

一点勝負までは疑問でした。

 

複勝も1,1倍では

利益が出しづらいですし

〇以下の印3頭については

更に僅差の仕上がりです。

 

こうなると

3着が許される馬券

を買っていかないことには

的中することから更に

遠ざかってしまいそうでした。

 

そこで軸馬が3着でも良く

相手さえ来れば配当の高い

連馬券では最も的中しやすいワイド

を選択しました。

 

その結果は・・・

 

 

2,400円の配当でした(^^)

 

因みに◎は1着で

13番人気の▲が3着でしたが

ワイドを買っていればこその

的中となりました。

 

安藤勝己元騎手もメディアで

「3着なんて何が来てもおかしくない」

と仰っていましたが

実際に穴馬というのは度々

3着に食い込んできます。

 

オッズにすれば24倍という

今回の配当でしたが

あなたはこの結果を見て

どのように感じたでしょうか。

 

 

☆十分な配当とは?

 

一日で一体いくらの資金を

競馬に使っているか

これが「十分な配当」を決める

一つのボーダーラインです。

 

因みにはしくれは大体一日

2000~3000円の資金

勝負レースを見つけたときには

この額が変動します。

勝負レースに臨む姿勢、そして・・・

 

つまり

2400円もの配当があれば

大体その日は負けません。

 

ワイドは平均配当が低く

馬券の人気も一息ですが

3連単のように多点数で

買う必要がありません。

 

そのため配当が低くても

あまり問題になりませんし

払戻率でも3連単より

数値が高いくらいです。

 

ですから

ワイドは儲からないとは

安易に言えない事実があります。

その点についてもしっかり

お伝えしたいと思います。

 

☆払戻率から見るワイド馬券

 

払戻率とは競馬主催者が

一つの馬券式別の中から

的中者に還元している

利益の割合を示した数値です。

 

中央競馬の例になりますが

ワイド馬券は77,50%

ワイドの全ての購入額から

この分を的中者に支払っています。

 

この数値が高い式別ほど

的中者への分配が多く

他の式別より最初から

コスパが良いと言えるわけです。

 

因みに

単勝・複勝が80%で

馬連・枠連が同じ77.50%

馬単・3連複が75%

3連単が72.5%

WIN5が70%

という設定になっています。

 

高配当が狙える馬券は

的中もしにくい上に

戻ってくるお金もなぜか

少なくなる計算です。

 

これは売上が大きい馬券の

払戻率を抑えることで

競馬主催者が生き残るための

施策となっているためです。

 

確かに一度当たれば大きい

3連単馬券ですが

難度・払戻率ともに

リスクが大きい馬券です。

 

どんな配当も当たらなければ

捕らぬ狸の皮算用で

回収率はみるみる内に

低下してしまいます。

 

ですからこの点からもワイドは

優れた馬券と言えますし

儲からない馬券かと言えば

そうではないと分かります。

 

これは

期待値を競馬に持ち込まないで

でも既にお伝えした通りですが

競馬を続けていく過程では

無視できない事実でしょう。

 

 

☆感情面でのメリット

 

はしくれはワイド馬券を

積極的に買うことによって

感情面でも効果があるのを

常々実感しています。

 

なぜなら違う式別を使って

回収率にあまり差がないなら

的中数が多い方が

精神を保ちやすいからです。

 

外れて焦って大きく賭けたり

自棄にならずに済むことによって

感情のコントールを少しでも

楽にするのに役立ちます。

 

冷静さを失っていると

勝てるレースも勝てませんし

自信が持てなくなったり様々な

デメリットが多くあります。

 

自分自身と戦うことが

避けられないのが競馬ですから

感情面のコントロールは

おろそかにはできません。

競馬が当たる人のマインド

 

2~3着でも当たるワイドは

感情の維持に役に立ちます。

これは他の連馬券にはない

メリットと言えるでしょう。

 

☆意外な配当・・・

 

そしてワイドの魅力としては

意外な配当が上げられます。

 

はしくれは常に馬券の基本は

単複であると説いてきましたが

その中でも複勝は意外な

配当になるとお伝えしました。

異常な複勝オッズ・・・連馬券に囚われるな!

 

ワイドは連馬券でありながら

この特徴を内包しており

はしくれ自身もこれまで度々

この恩恵にあずかってきました。

 

その一例が下記に上げる

小倉9レースの結果です。

 

 

この時もはしくれは流して

ワイド馬券を買っていますが

2番手以下についても少し

自信のあった一戦でした。

 

そこで本命馬の複勝に

厚く張る方法を使わず

額を落としてワイド馬券を

狙ってみたいと思いました。

 

結果は・・・。

 

 

4,600円の的中でした(^^)

 

とても嬉しい結果でしたが

この時はしくれは驚きました。

それは思った以上に配当が

高かったからに他なりません。

 

この時◎ダノンスパークは

単勝で2番人気。

 

3着にからくも粘る

冷や汗ものの結果でしたが

1着に来た☆スズカフロンティアは

7番人気のオッズでした。

 

1番人気が飛んだとはいえ

かなりの好配当に感じます。

 

それは特に2着の9番人気

メイショウマトイとスズカフロンティアが

ワイドで4,690円の

配当だったことからも分かります。

 

7番人気と9番人気が4,690円で

2番人気と7番人気が4,600円。

こういうラッキーな配当になることが

ワイドでは時々あります。

 

もちろん逆に思ったよりも

低配当なこともありますが

感情面でも回収率でも

プラスなことがよくあるのです。

 

的中しながら上を目指すのが

はしくれのスタイルでもあり

ワイド馬券はその点からも

理想的な馬券です。

 

どうでしょう

ワイド馬券が儲からない馬券などとは

一概に言えないと思いませんか?

 

☆ワイドが難しい内は・・・

 

負けない、負けたくない。

でも既にお伝えした通り

はしくれは元々競馬予想が

上手くはありませんでした。

 

回収率など50%も

行かない実力でもがいてましたし

競馬をやめようと思ったことも

これまで何度もありました。

 

ですが下手なりに上達してきて

分かったことも多くあります。

それはやっぱり

連馬券は難しい

ということです。

 

因みにはしくれが配信している

メルマガの通算成績は

ワイド4頭ボックス的中率が

55,70%

という数字を記録しています。

(2018年1月~8月末現在)

 

これは配信レース数に対して

的中があったレース数なので

本数で言えば更に

数値は上がってくるわけですが・・・

 

つまり言いたいことはといえば

このくらいのレベルにはないと

ワイドですら難しい

ということです。

 

的中の経験自体が乏しい

という予想力では

単複以外の馬券を買うのも

そもそもかなりギャンブルでしょう。

 

ですからワイドが難しいとか

儲からないという議論は

自身の予想力を把握して

考えるべきことと思います。

 

この点を磨くためには

パドックの見方、お教えします!

競馬新聞の読み方を大公開!プロが教えるコツとは

競馬予想の方法―効率的な8つの順序

も参照いただきたいのですが

買い目は買い目でまた独立した

難しさがあると言えます。

 

そのあたりは

買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

もご覧いただければ幸いです。

 

☆ワイド馬券最大の特長

 

そして最後になりましたが

ワイド馬券最大の特長としては

複勝と同じく的中が重複する

というところです。

 

馬連なら同着以外は

一通りしか当たりませんが

ワイドは全部で三通りもの

的中が常時目指せます。

 

 

それに2~3着でも許されたり

人気馬を初めから除いてみたりと

様々な方策も得られる

異質な連馬券と言えます。

 

これらはまさに

ワイドならではの強み

と言うことができるでしょう。

 

3頭ボックスならその全てが

的中することも有り得るのです。

 

☆最後に・・・

 

今回はワイド馬券について

様々なメリットをお伝えしました。

難しいとか儲からないとか

簡単には言えません。

そのまとめをしていきましょう。

 

①3着が許されるワイド馬券は、連馬券で一番的中しやすい

②点数を絞れるために、配当はあまり大きくなくて良い

③払戻率が高く、初めからコスパが良い

④的中しやすい分、精神の安定を図りやすい

⑤意外な配当になることがある

⑥ワイドが難しい内は、予想力を見直すべき

⑦的中の重複が有り得る

⑧最初から人気馬を切るなど、買い方に柔軟性が持てる

 

というところです。

 

はしくれは⑧については

あまりお薦めはできませんが

メリットには違いないので

記載することに致しました。

 

お薦めできない理由としては

本命選びを徹底する!

でお伝えした通りですが

人気に関係なく走る馬を

見極めることが大事だからです。

 

はしくれはたとえ買い目に

悩むことがあったとしても

予想印を変えることは

まずありません。

 

ワイド馬券はこれからもきっと

はしくれの楽しみとなり

予想力の指針としても

機能し続けてくれることでしょう。

 

様々なメリットを持つ

このワイド馬券の魅力

ぜひあなたも競馬観戦時に

味わってほしいと思います。

 

そして楽しみながらこれからも

収支を改善していきましょう☆

 

*2018年ワイド4頭ボックス的中率50%超。

はしくれのメルマガ詳細は

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

をご覧下さい。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です