神戸新聞杯2018予想・本命はワグネリアン

 

再戦。

 

ダービー1・2着馬が揃い踏みの

神戸新聞杯2018。

頭数も少なく再戦ムードが

高まる今回の一戦です。

 

目立った上がり馬が存在せず

それだけに2頭が際立ちますが

ダービー馬の秋初戦は果たして

どのようなレースになるでしょうか。

 

貫禄の勝利を予感するはしくれの

本命◎はワグネリアンですが

その他の予想印と買い目も

早速公開して参りましょう。

 

<神戸新聞杯2018予想・印&買い目>

◎ワグネリアン

〇エポカドーロ

▲エタリオウ

買い目・・・馬連流し◎ー〇▲各100円、3連複&3連単◎→〇→▲各100円、計400円。

 

本命◎はワグネリアンです。

 

今回予想の決め手になったのは

上がり馬が見当たらないことです。

 

例年夏の上がり馬と言える

馬の台頭が目立つレースですが

今年は既に春から活躍している

馬たちばかりの一戦です。

 

ワグネリアンは日本ダービーで

世代の頂点を極めていますし

力関係の逆転があるとは

中々考えにくいところです。

 

不安要素は主戦の福永騎手から

藤岡康太騎手への乗り替わりですが

折り合いの上手い騎手ですし

そんなに問題はないと思います。

 

それから例年枠順的にも

外よりの馬が強いレースですが

10頭立てと少頭数で

3番枠も問題とは思えません。

 

むしろ輸送のない阪神で

当地では勝利経験もあり

馬場が渋っても平気なことや

休み明けも問題ない気性など

強調材料が多いです。

 

馬なりで11秒台を計時した調教も

動きを見れば好調と見られ

ダービー以来とはなりますが

あまり穴がありません。

 

トモの張ったタイプで末脚の

爆発力もありますし

ダービー馬の貫禄をここで

アピールできると思います。

 

対抗〇にはエポカドーロです。

 

同馬はこれまで使い詰めで

連戦ハイパフォーマンスを見せてきました。

地力の高さは明らかでもあり

ワグネリアンより強みもあります。

 

それがライバル最大の不安点である

鞍上の問題であり

主戦の戸崎騎手が乗れる同馬は

この点で一歩リードしています。

 

やはりコンビの絆というのは

成績に大きく影響しますし

手綱を取っている経験数は

大舞台でこそ生きてくるものです。

 

ただそれでも対抗としたのは

使い詰めのあとの休み明けですし

新馬戦も3着に敗れている

ということを考慮しました。

 

阪神コースも初めてですから

この点も分かりませんし

逃げ馬が勝利するには

難しいレースでもあります。

 

ダービーで長い直線をこなし

大丈夫だとは思いますが

的にされることも含めて

対抗の評価としました。

 

そして▲はエタリオウです。

 

この馬は個人的に

もっと長距離で見たい

と以前から思っていました。

 

はしくれは元来パドック党で

たくさんの馬を見てきましたが

この馬は一目見たときから

ステイヤーだなと思っていました。

 

昨年このレースで2着の

キセキもステイヤー体型でしたが

それとはまた違ったタイプの

ステイヤー体型です。

 

全体的にこじんまりとして

無駄な筋肉がつかないタイプで

引き締まった薄めの馬体は

スタミナを感じさせます。

 

ダービーではデビューした時から

馬体がかなり減っていますが

長距離が得意だったディープインパクトも

デビューから減り続けていました。

 

今回はデムーロ騎手が

鞍上ということもあり

同騎手が乗るタイプとしては

珍しい組み合わせです。

 

菊花賞では更に適性を

発揮する可能性もありますし

未知の魅力が詰まったコンビを

3番手の評価としました。

 

ということで・・・

 

今回は人気サイドの

決着を想定したため

買い目は極力絞って4点で

臨みたいと思います。

 

それでは

ダービー1・2着馬の始動戦が

素晴らしいものになることを願って・・・

当日のパドックも

楽しみにしたいと思います。

 

オールカマーの予想

オールカマー2018予想

より

パドック速報詳細

パドックロード(2018)9月度会員募集中!

よりご覧ください。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「神戸新聞杯2018予想・本命はワグネリアン」への3件のフィードバック

  1. 今日もお疲れ様でした!
    エポカドーロのスタートミスは驚きましたね^^;
    躓いて左に流れそうになったトコロを横の馬と接触。
    あれでよく落馬しなかったですよね〜
    もちろん勝ったワグネリアンは強かったですけどあそこから4着まで残して来たエポカドーロの能力は末恐ろしいですね〜
    高速馬場の差し天国でも外して考えるのは今後難しくなった様な気がしました〜
    馬券は3番から1番↔︎2番の3連単F持ってましたが残念(笑)
    個人的にはゴーフォーザサミットに頑張ってほしかったです^^;
    お疲れ様でした!

    1. 炭酸水さん、ありがとうございます(*^^*)
      炭酸水さんも、今日もお疲れさまでした!
      エポカドーロは本当に、よくあそこから立て直しましたね・・・。
      初物づくしで厳しい一戦の中、4着は価値があります。
      ゴーフォザサミットも仕上がりは良かったんですが、相手が強かったですね(^^;)
      仰る通りエポカドーロは安易に馬場で切れない馬です。
      全く見限れない敗戦で、今後も楽しみな一頭です。
      菊花賞、楽しみですね(*^^*)
      ありがとうございます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です