セントライト記念2018結果・優勝馬はジェネラーレウーノ

 

巻き返し。

 

ダービーでは16着と

大敗を喫したジェネラーレウーノが

得意の中山競馬場で

見事な復活を遂げた今回。

 

予想よりも後ろを離して

逃走したタニノフランケルの

2番手でどっしり構える姿が

印象的な道中でした。

 

お互いの良さを引き出すように

抜け出した田辺騎手の好騎乗と

それに応えた同馬の走りも

しっかり回顧して参ります。

 

それではレースを振り返る前に

今回の予想結果と

確定した着順からまず

お伝えして参りましょう。

 

<セントライト記念2018予想・印&買い目>

◎コズミックフォース

〇ブレステイキング

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎200円、ワイド◎〇100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<セントライト記念2018結果>

優勝馬・・・ジェネラーレウーノ

2着馬・・・レイエンダ

3着馬・・・グレイル

(◎コズミックフォース7着、〇ブレステイキング4着)

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎コズミックフォースは7着・・・

それでは早速回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

好スタートを切った優勝馬(赤丸)

ジェネラーレウーノが前に出ます。

すると外からタニノフランケルが

すかさずハナを主張しました。

 

大体予想通りの隊列が

組まれた展開ではありましたが

思いのほかペースが上がらず

先頭のタニノフランケルですら

スローという展開でした。

 

 

前半の1000mが60秒9

で流れ

遅い流れになっただけでなく

2番手以下も離れていました。

 

ここで予想のポイントと見ていた

「仕掛けのタイミング」

が早まること

◎コズミックフォースにとっては

それが良くないことも悟りました。

 

あまり早く脚を使う流れが

向いているとは思えないので

末が伸びないであろう心配を

この時点でしてしまいました。

 

 

そして4コーナーを回っても

タニノフランケルが先頭でした。

ですが早目に仕掛けたことで

自身の余力ももうありません。

 

こうなると2番手待機の

ジェネラーレウーノには向いた流れで

持続力を活かしてそこから

一気に抜け出しを図ります。

 

コズミックフォースは既に

馬群に呑まれてしまいましたが

前を目がけて外から人気の

レイエンダが強襲します。

しかし・・・

 

 

見事得意の流れを掴んだ

ジェネラーレウーノが振り切って優勝。

2着には追い込んだレイエンダ

3着には際どくグレイルでした。

 

まず今回の反省点は3つあります。

 

①仕掛けのタイミングを読み違えたこと

②レイエンダの能力を軽視したこと

③コース適性を詰め切れなかったこと

 

この3つです。

 

①は残り800mまでは

追い出しを待つ展開を想定しましたが

ペースがより落ち着いたことで

1000Mからレースが動き出しました。

これにより最後は

差し脚か持久力が要求されました。

 

②は大外枠に入り

外々を回しながらも

追い込んだレイエンダの能力を

低く見積もってしまいました。

 

③はトリッキーな流れになりやすい

点を突き詰められなかったので

機動力と適性に秀でた

ジェネラーレウーノを選べなかったことです。

 

これでは

外れるのも無理はない

という残念な気持ちです。

 

対して良かった点についても

2つほど挙げられます。

 

①やはり重賞経験馬が強かったこと

②買い目を少なくしたこと

 

この2つです。

 

①は来年も継続するデータと言えますし

②はいつもながら敗戦時は抑えることが重要です。

 

また

今回のパドック速報

パドックロードの配信結果ですが・・・

 

 

〇1着→▲4着→◎7着→☆14着でした。

 

優勝馬は見抜けていますが

他が振るわず・・・

この月曜日はその他も不振で

会員の皆様にはお詫び申し上げます(><;)

 

今回の反省をしつつ

ここからは上位入着馬の

パドック診断に参りましょう。

 

 

まずは優勝馬ジェネラーレウーノです。

 

同馬は1周目からかなり目を引く

独特のオーラを感じたのですが

どんな時でも馬体重以上に

大きく見せることが特徴です。

 

とはいっても506kgは

大きい部類と言えるのですが

+8kgの馬体重も

見た目の通りという感じでした。

 

つまりはこれが成長分と

いうよりは少し太目にも見え

腹回りはもう少し絞れて

すっきりできると思います。

 

ただそれを消化できるくらいに

馬体に包容力がありますし

ダービーでは大敗でしたが

東京も悪くないと思います。

 

 

2着馬はレイエンダです。

 

この馬はデータ予想でも

パドックでも無印でしたが

データ予想より更にパドックでは

疑問を持つ仕上がりでした。

 

柔軟性の高さはさすがに

藤沢調教師の管理馬ですが

腰がやや高くバランス面では

かなり懐疑的なところでした。

 

これで良い馬もいるのですが

この馬は函館でもっとよく見え

その点からもあまり強気には

なれない一頭でした。

 

兄のレイデオロよりもこの点

見極めが難しい馬です。

まだ馬にも若さがあるので

馬体も変わっていくことでしょう。

 

 

3着馬はグレイルです。

 

この馬はいつも仕上がり自体は

上手くいっていると思いますが

それでいてムラがあるので

馬券的には買いづらいです。

 

毎回狙うかそれとも止めるか

非常に判断に苦しむタイプ

今回も良いとは思いつつ

印を回せませんでした。

 

前2走はその判断で

上手くいったのも影響しましたが

今回の結果を見ると

より注意が必要だと思います。

 

きちんと見極められるように

相馬眼を鍛えたいと思います。

 

ということで・・・

 

セントライト記念は

不的中となってしまい

落胆の最中でしたが

嬉しいニュースも飛び込んできまして・・・

 

 

画像は最強ブログランキングの

週間MVPの発表で

ローズステークスの的中により

はしくれが選ばれました(*^^*)!

 

できればセントライト記念も

当てて格好をつけたかったのですが

まだまだ詰めがあまいなあと

残念な気持ちです。

 

ローズステークスの的中を見て

今回参考にして下さった皆様

本当にごめんなさい。

 

いずれ

「はしくれを知っている」ことが

ステータスと言ってもらえるような

質の高い予想家を目指して

精進したいと思います。

 

そして以前から応援下さる方

これからして下さる方・・・

皆さんにとって当ブログが

役立つものでありますように。

 

全力で頑張りますので

応援、よろしくお願いいたします☆

 

*MVPをいただいた

ローズステークス2018結果

はこちらです。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「セントライト記念2018結果・優勝馬はジェネラーレウーノ」への2件のフィードバック

  1. ブログランキングMVPおめでとうございます^ ^
    このまま秋のG1シリーズも当てまくってくださいw
    しかしレイエンダですが2着とはいえレースぶりには驚く事ばかりで末脚もそうですが口向きもまったく悪く無いしモタレもなく綺麗に前に行く馬でしたねw
    パトロールV見てもレースV見てもブレの無い綺麗な走り方でした。
    あれでもう少し頭が下がったらもっと良くなるんでしょうね^ ^
    今後が楽しみしかないですね〜
    兄弟対決もすぐ実現しそうでワクワクしますw

    1. 炭酸水さん、ありがとうございます(*^^*)
      的中もMVPも全て炭酸水さんがいて下さればこそです。
      春のGⅠは良くなかったので、秋は巻き返したいと思いますが、炭酸水さんがあのどん底の最中でも
      励まして下さったことは絶対に忘れません。
      このご恩に報いるためにも全力投球していきます(*^^*)
      そして、レイエンダですが炭酸水さんはしくれより回顧が鋭いですね(^^;)
      頭が下がりっぱなしです。
      本当にきれいなフォームで走っていますね。
      勝ち馬のジェネラーレウーノも抜け出してから真っすぐ走っているので、
      そちらに目をとられがちですがこれは大事なことです。
      兄弟対決、見てみたいですね~。
      そしてどちらにも良い余生を送らせてあげたい。
      そんな風に思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です