プロキオンステークス2018結果・優勝馬はマテラスカイ

 

鮮烈。

驚愕のレコードタイム

1分20秒3で駆け抜けた

優勝馬マテラスカイ。

 

これまでのレコードタイムを

一気に1秒6も縮める

圧倒的な快速を示した

逃げ脚質の同馬。

 

最初から最後まで

先頭を譲らぬ走りで

名手武豊騎手を背に

4馬身突き抜けました。

 

不良馬場で高速化は

避けられないところでしたが

強力なメンバー相手に

その存在をアピールしました。

 

そんな結果となった

プロキオンステークス2018の結果を

まずは予想から振り返り

回顧したいと思います。

 

<プロキオンステークス2018予想・印&買い目>

◎ウインムート

〇サクセスエナジー

▲キングズガード

☆インカンテーション

買い目・・・単勝◎100円、馬連流し◎ー〇▲各100円、ワイド流し◎ー〇▲☆各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<プロキオンステークス2018結果>

優勝馬・・・マテラスカイ

2着馬・・・インカンテーション(☆)

3着馬・・・ウインムート(◎)

払戻金・・・ワイド510円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ウインムートは3着・・・

それでは早速今回の一戦も

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

優勝馬マテラスカイ(赤丸)が

ポンと好スタートを決めます。

 

好スタートを決めた馬の

好走が目立つレースですが

この時点で同馬はいきなり

他馬より優位に立ちました。

 

元々逃げ脚質ではありますが

この機を逃す武騎手ではありません。

すかさず先手を主張していき

インをきっちり確保しました。

 

 

最初の600m通過は33秒5

というタイムで

芝並みのスピードで

各馬が通過していきます。

 

不良馬場で泥跳ねがどれだけ

起きるか懸念していましたが

レース時は雨も上がって

そこまでではありませんでした。

 

 

4コーナーを回ってからも

同馬は全く陰りが見られず

むしろ後続との差を

突き放しにかかります。

 

2番手の◎ウインムートも

インでしぶとく粘っていますが

前を走るマテラスカイが

捉まる素振りはありません。

 

2番手を巡って中から

インカンテーションも急追しますが・・・

 

 

最後は手綱を緩めるほどの

余裕を持ってゴール。

圧勝とはこういうことという

見事な勝利を飾りました。

 

このマテラスカイの走りに

つい「強い!」と唸ったはしくれですが・・・

ウインムートが粘ってくれて

ほっとするところでした。

 

しかしマテラスカイは本当に

素晴らしい走りでした。

 

距離の不安は武騎手のコメントにもありましたが

馬場の高速化だけでなく

雨が上がったことに加えて

好スタートを決められたことも

全て良い方に出たと思います。

 

それにしてもこの快速には

ときめくものがありましたし

ダートの短距離重賞路線に新星誕生

と言えるでしょう。

 

そして今回の一戦の

パドックロードの印ですが・・・

 

 

◎2着→▲3着→〇4着→☆7着でした。

 

やはり得意のパドックの方が

順列的にもしっくりきますが・・・。

こちらも回顧して参りましょう。

 

 

まず優勝馬マテラスカイです。

同馬は今回無印でしたが

記憶に残る仕上がりでした。

 

初めてパドックで見た馬でしたが

さすがに外国産馬ですね。

見慣れない部分が目立ちました。

 

特にお腹の付け根の部分

くびれのところになりますが

カクっと巻き上がっているのが

ユニークなポイントでした。

 

毛ヅヤも良く馬体に張りもあり

筋肉も申し分ないのですが

この点あまり見たことがない

タイプなので困惑しました。

 

中京の短距離戦では

腹袋のあるタイプが強いですが

同様の判断で良かったかなと思っています。

次は狙いたいと思います。

 

 

そして2着のインカンテーションです。

この馬はコメントをつけるか

悩みに悩んだ仕上がりでしたが

若干の発汗もあり

コメントは見送りました。

 

ただレース時は暑かったので

影響は殆どないと思いますし

馬体のつくりは90点~95点という感じでした。

 

同馬はいかにも夏場に強く

体型が崩れませんし

8歳という年齢は

むしろ安定に繋がっています。

 

急激に衰えることは

あまりないと思いますし

馬体も中距離志向なので

忙しい今回の1400mよりも

長いところが良いと思います。

 

 

最後3着はウインムートです。

同馬は今回パドックでは

印を少し下げました。

 

それはお腹周りにゆとりが

少々感じられたからで

実際ハンデ差がなかったとすれば

〇のサクセスエナジーとの差は

詰まっていたと思います。

 

理想的な展開となり

和田騎手もうまく捌いてくれて

実力は十分に発揮できたと思います。

 

もう2~4kg分腹目が絞れれば

更に走れると思いますし

馬格と筋肉量のある点は

さすがだと思いました。

 

丸みのある全体ですし

柔軟性が素晴らしいです。

さすがに元は芝を走っていた馬だなあと

感心して見ていました。

 

ということで・・・

 

今回の一戦では

トリガミとなってしまいましたが

予想発表時4番人気から

最後2番人気になるなど

ウインムートをパドックで推した

競馬ファンもいたことでしょう。

これは精進を怠れないなと

はしくれは感じています。

 

ハイレベルな一戦だけに

マテラスカイには驚きましたが

今後も同馬の走りには

注目したいと思います。

 

楽しみな存在が現れて

益々盛り上がる夏競馬ですが

ご覧下さる皆さんと一緒に

楽しんでいきたいと思いますので

どうぞこれからも当ブログを

よろしくお願い申し上げます☆

 

パドックロード(2018)7月度会員募集中!

実績&詳細は上記よりご覧下さい。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です