七夕賞2018結果・優勝馬はメドウラーク

 

大荒れ。

単勝配当が100,80円となった

七夕賞2018。

 

3連単の配当が250万円を超えてくるなど

的中された方には

ビッグボーナスとなりました。

 

レースを夢中で見ていましたが

競馬の怖さが詰まった一戦

様々な想いを感じられた

ハンデ重賞でした。

 

戦前から混戦ムードが

漂っていた一戦でしたが

このレースもしっかりと

復習していきたいと思います。

 

それではまずは予想から振り返り

レースの回顧へと参りましょう。

 

<七夕賞2018予想・印&買い目>

◎プラチナムバレット

〇サーブルオール

▲バーディーイーグル

買い目・・・単勝◎・〇各200円、ワイド流し◎ー〇▲各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

<七夕賞2018結果>

優勝馬・・・メドウラーク

2着馬・・・マイネルサージュ

3着馬・・・パワーポケット

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎プラチナムバレットは競走中止・・・

悲しい結果となりましたが

幸い同馬は無事です。

騎乗していた岩崎騎手の怪我が心配されますが・・・

 

後味の悪い一戦となりましたが

まずはスタートから振り返って参りましょう。

 

 

赤丸で囲ったメドウラークをはじめ

大体揃った飛び出しとなりましたが

隣枠のマイネルサージュが

若干出遅れ気味にスタートします。

 

ここから誰が行くのかが

戦前特に注目されましたが・・・

やはり外からマイネルミラノが

きっちり先手を主張しました。

 

 

序盤の位置取りを見ると

優勝馬メドウラークはこの位置。

2着に入ったマイネルサージュは

最後方を進んでいます。

 

これを見ただけでも結果が

前後が入れ替わった展開だと

非常に分かりやすいところではありますが・・・

前半の1000mは58秒2で通過します。

 

 

そして4コーナーに差し掛かって

メドウラークはこの位置。

ご覧の通り大きなアクションは

丸田騎手しかしていません。

 

七夕賞の過去の勝ち馬が

4角5番手以内の競馬

を多く実践した事もあり

ここぞとばかりに動いた丸田騎手の

仕掛けはよく分かります。

 

ではなぜその他の騎手が同様に

動かなかったのかというと・・・。

スタミナの消耗を考えて

追い出せなかったのだと思います。

 

 

そして最後の直線ですが

メドウラークにはまだ余裕があります。

隣から勢いよく

マイネルサージュも伸びてきますが

詰まりそうなその差が中々

詰まることはありません。

 

最内からはパワーポケットが追い上げ

人気のサーブルオールも

じりじりと粘りましたが・・・

 

 

結局馬体を併せても突き抜けた

メドウラークが振り切って優勝。

3着にパワーポケットが入ったことにより

人気下位の2頭を含めた3連単が

2,563,330円という高配当になりました。

 

さすが荒れる重賞の代名詞的存在・・・

とあっけにとられてしまいましたが

こういうレースもいつかは当てたい

と逆に思わされました。

 

そこで今回は反省というより

結果の分析をしたいと思います。

 

①かなりのハイペースだった。

前後半1000mのラップ差が

3秒6という差でしたが

これは相当に前半が速い展開だった

と言えます。

 

実際スタミナで走るタイプの

シルクドリーマーが先行しましたが

前半1000m地点から

ずるずる後退してしまいます。

 

前で競馬をしていた各馬は

インで溜めていたパワーポケットを除くと

きれいに全滅という結果になっています。

これには②に挙げる要素が

かなり影響しています。

 

②馬場状態が良くなかった。

これは優勝馬に騎乗していた

丸田騎手の発言からも察せられます。

「道悪がすごい上手な馬」

という発言がインタビューにもあり

騎乗した感覚としても

良馬場ではなかったはずです。

 

発表は良でしたが

午前中は稍重馬場で

ダートは結局最終レースまで

稍重のままでした。

(ダートは午前中重。)

 

上りがかかる展開になって

差し馬が台頭したのは

とくに珍しくありませんが

③の要素が絡んできます。

 

③重馬場適性

はしくれは予想したとき

馬場は回復すると読んでいました。

実際良になりほっとしていましたが

発表通りではありませんでした。

 

ここで出てくるのが重馬場に

強いかどうかという点です。

優勝馬メドウラークは実際

1800m以上の重~不良のレースでは

近走3戦全てで人気薄で3着

としています。

 

丸田騎手の仰る通りで

重馬場に適性があります。

これは突き詰めて考えれば

納得のいく結果でした。

 

これら3つの要素をまとめると

①ハイペース=追い込み

②道悪=更に上りがかかる

③重馬場適性=巧者

が勝つレースだったと判明します。

 

ペースはあまりスローでは運ばない

マイネルミラノが逃げましたから

ある程度速くなるのは予想の範疇でした。

 

ですがある程度速くなる読みなら

後ろの馬をもっと警戒できたかな

と反省しています。

 

また優勝馬の距離実績も

見落としていたのは反省です。

芝の中距離はメドウラークの

得意とするところでした。

 

そして最後に

パドックロードの配信の結果

ですが・・・。

 

 

〇4着→◎5着→▲7着→☆中止でした。

 

非常に難解なパドックでしたが

振り返って参りましょう。

 

まず、優勝馬メドウラークですが・・・

 

 

悪くはありませんでした。

胸前が少し弱く見え

切ってしまったのですが

平行感自体は中々

良かったと思います。

 

特に良かったのはツヤでしたが

前後のバランスを考えて

無印評価となりました。

結果的に今回の仕上げで良かった

のだと受け止めています。

 

ただ馬体より展開面や

馬場の影響も大きかったので

パスが正解の一戦でしたが

コメントに悩みました。

 

この辺りは今後実践が

必要かもしれません。

 

 

2着馬はマイネルサージュです。

この馬は☆のプラチナムバレットと

かなり悩むところでした。

 

筋肉量ではこちらでしたが

何分バランスがもう少しに見え

腹袋が目立つ点も悩みどころでした。

 

プラチナムバレットは

マイナス体重(16kg)の影響も見受けられましたが

体に硬さがないのでそちらを

上位評価と致しました。

 

プラチナムバレットの結果は

中止ではっきり分かりませんが

位置取り的にはおそらくかなり

厳しかったと思います。

こちらが上ということでしょう。

 

 

そして3着はパワーポケットです。

実は同馬の写真は何度か

撮影を試みたのですが

なぜか何回撮ってもブレて

ご覧のようになりました・・・(汗)

 

やや線が細いのが気になり

すぐに切ってしまいましたが

軽ハンデと展開・馬場も手伝って

見事に3着に入線しました。

 

まさにパドックの泣き所が

一度に来た感じです。

これは2度やっても的中は

難しいところでした。

 

このところ重賞では

中々結果が伴いませんが

代わりに函館メインのマリーンステークス

このような結果でした。

 

 

◎1着→〇2着→▲4着→☆5着でした。

あと少しでパーフェクトな

予想となったのですが・・・。

 

コメント付きで順列どおりの

ワンツーフィニッシュは嬉しかったです。

 

会員様からお礼のお言葉も

頂戴することができまして・・・

いつも応援下さいまして

本当にありがとうございます。

すごく励みになりますし

この場を借りて心より感謝・御礼申し上げます。

 

さて今回はデータでもパドックでも

散々な一戦でしたが

回顧すればするほど競馬は

面白いと感じています。

 

鍛錬を重ねてもっと

上を狙いたいものです。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です