ラジオNIKKEI賞2018結果・優勝馬はメイショウテッコン

 

鉄の魂。

それが優勝馬メイショウテッコンの

馬名の意味です。

 

先行からインを回って

粘り切ったその姿には

鉄のプライドと熱い魂が

確かに宿っていました。

 

そんな同馬が優勝した

ラジオNIKKEI賞2018の結果を

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<ラジオNIKKEI賞2018予想・印&買い目>

◎イェッツト

買い目・・・単勝100円、複勝400円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<ラジオNIKKEI賞2018結果>

優勝馬・・・メイショウテッコン

2着馬・・・フィエールマン

3着馬・・・キボウノダイチ

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

残念な結果となってしまいましたが

前を向くしかありません。

今回も回顧をしっかり

行って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

1番人気のフィエールマンが

やや出遅れスタートとなりましたが

他の各馬は大体揃った

スタートになりました。

 

ここから先手を主張するのが

どの馬になるか注目でしたが

スタートからダッシュがきいた

キボウノダイチがハナに立ちました。

 

 

赤丸で囲った優勝馬

メイショウテッコンは3番手

1000m通過58秒7のハイペース

ややかかり気味に進んでいきます。

 

 

とはいえ最後の直線では手応えよく

前に並びかけるメイショウテッコン。

キボウノダイチとワンツーかと

思われたところでしたが・・・

 

大外から物凄い勢いで

出遅れたフィエールマンが追い込んできます。

最後はひやりとするほど

圧巻の末脚でしたが・・・

 

 

最後までこの馬らしく粘り抜いて

初重賞制覇を達成。

松山騎手も馬を信じた好騎乗でした。

 

そして今回の反省点ですが

まず「ハンデ」が挙げられます。

 

56kgを背負った馬が苦戦傾向で

この点から同馬を軽視してしまいましたが

3年前アンビシャスが

56.5kgで制していますから

過度に気にした点はいけませんでした。

 

もうひとつは馬場状態で

ペースが速くなることは

見込み通りではありましたが

このペースでもそうそう差せる

馬場ではありませんでした。

 

土曜日には内枠と先行馬の

活躍が目立ちましたし

このタイムでも前残りで

考えて良いところでした。

 

出遅れながら2着に飛び込んだ

フィエールマンは相当に強いです。

 

そしてパドックロードの印ですが・・・

 

 

☆1着→〇9着→◎10着→▲11着でした。

 

勝ち馬は見抜けていますが

他が散々な結果でした。

会員の皆様には大変申し訳ございませんでした(><;)

 

印を打った馬たちに関しましては

展開で泣いた面もありますので

まだ全く見限れません

上位馬が抜けてしまいました。

この点を反省をしつつ

振り返りたいと思います。

 

 

まず優勝馬メイショウテッコンですが・・・

 

引き締まった馬体が好感でした。

ツヤも良く気性に難はありますが

馬体から走ると判断しました。

 

チャカつきは馬の個性ですから

馬体で判断するべきですが

この馬はその典型という感じの馬ですね。

 

胸前が広くまだ未完成で

更に成長も見込める馬で

今回だけでなくこれからも

楽しみな一頭です。

 

 

そして2着のフィエールマンです。

 

この馬が今回最も取捨選択で迷いました。

-10kgが示す通りに

やや細化した馬体

バランスは飛び抜けていましたが

不安も同居していました。

 

特に出遅れの心配をしましたが

スタートを切ってやはりと思い

これで良かったかと思いましたが

最後は凄い末脚でした。

 

このところ出遅れて

痛い目を見ることが多かったので

外してしまいましたが

悪い修正をしてしまいました。

 

 

そして3着にはキボウノダイチです。

 

この馬は完全にノーマークで

特にバランス面で前が弱いのが気になりました。

 

全体的に前傾姿勢で

のめりそうに思いましたが

きれいに逃げて行ったのですから

これは完全に誤算でした。

 

スタート後のダッシュ力に関しては

トモは発達したタイプなので

この点では納得でした。

ただ厚い印を回すのは現状では難しいです。

今回の馬場が向いていたのも

好走要因と言えましょう。

 

夏競馬の開幕で

かなり意気込んで臨みましたが

結果が振るわずがっくりと

肩を落としてしまいました。

 

イェッツトは筋肉量が

豊富なのが好感でしたが

腹目が少し太い分だけ

動けなかった感じです。

 

好メンバーが揃って中々

見ごたえのあるパドックでしたが

フィエールマンを軽視したのは

かなり反省しています。

 

もっともっと相馬眼を磨いて

データ予想でも強くなりたい。

そう思わされた一戦でした。

 

ラジオNIKKEI賞2018結果・データ

馬場状態:良。前回開催後、シャタリングを実施。洋芝オーバーシードも高速馬場。内目先行馬有利だが、枠が内寄りなら有力差し馬も台頭。

走破タイム:1分46秒1

1000m通過:58秒7

ペース:ハイペース

レース上がり3F:35秒1=優勝馬34秒8



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です