CBC賞2018結果・優勝馬はアレスバローズ

 

適性。

速い流れに高速馬場で

展開もピタリとはまった

アレスバローズの優勝。

 

CBC賞2018を制したのは

ここ一番の適性を見せつけた

同馬となりました。

 

今回の予想結果は

残念なものになりましたが

こういう時こそ学ぶべきことが

多くあります。

 

身になる回顧をしていきたい

と思いますので

どうぞ今回もじっくりと

ご覧になってみて下さい。

 

それではまずははしくれの予想から

振り返って参りましょう。

 

<CBC賞2018予想・印&買い目>

◎ダイメイプリンセス

買い目・・・単勝100円、複勝400円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<CBC賞2018結果>

優勝馬・・・アレスバローズ

2着馬・・・ナガラフラワー

3着馬・・・セカンドテーブル

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダイメイプリンセスは9着・・・。

それでは早速

レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

大外のアサクサゲンキが

やや出遅れ気味ですが

前走よりも改善されたスタートです。

 

序盤から飛ばしていったのが

ワンスインナムーンでしたが

これに続いてセカンドテーブルと

トウショウピストが追いかけます。

 

 

前半の600m通過は32秒6

開幕週とはいえやはりGⅢ

速い流れになりました。

赤丸で囲ったアレスバローズは

中団後方を進んでいます。

 

ここまで速い流れになるとは

想定していませんでしたが

アレスバローズの後ろで競馬していた

ダイメイプリンセスの差し込みに

期待を抱いたはしくれでした。

 

 

最後の直線に入ると

脚色が鈍ってきたワンスインナムーンを交わして

セカンドテーブルが伸びて来ます。

 

ただ後続も勢いがよく

特に外を回って追い上げた

アレスバローズが目立ちました。

 

それからほぼ同じ位置で並んだ

ナガラフラワーも追い上げてきましたが

ここより後ろの差し馬には

出番がありませんでした。

 

 

最後はアレスバローズが抜け出して快勝。

夏場は走るタイプでしたが

ここでも結果を出してきました。

 

今回予想の良かったところ

差し馬に注目した点がひとつと

夏場に強い馬を探したところがひとつです。

 

この2点は合っていましたが

もう一押しがきかなかったのは

この馬場が合うかどうか

です。

 

アレスバローズは超高速馬場の

2年前の春に同コース2着という実績があり

走破タイムの類似性からも

こちらの方に分がありました。

 

レース振りも似通っており

この点が詰められず残念です。

終わってみれば納得できる

そんな一戦となりましたが

末脚が長く使える

キャラ特性もぴったりでした。

 

枠も中ほどの丁度良い枠で

好走は再度納得です。

 

そしてパドックロードの印ですが・・・

 

 

☆3着→▲9着→◎11着→〇15着でした。

 

セカンドテーブルが頑張ってくれましたが

さすがに馬券は獲れませんでした。

難しい一戦でしたが

これも回顧して参りましょう。

 

 

まず優勝馬アレスバローズですが・・・

この馬はいつも変わらず

状態が安定していますね。

張りもよくバランスも良いので

問題は見当たりませんでした。

 

選べなかった理由はひとつで

他馬がよく見えたから

です。

 

結果的にかなり予想と

結果に相違がありましたが

こればかりは結果から学ぶしかない

という見解です。

難しい一戦でした。

 

 

そして2着馬ナガラフラワーですが・・・

この馬はとても気になる仕上がりでした。

 

ふっくらとしていて

毛ヅヤもよく

柔らかい筋肉をしており

太く見えたので切ってしまいましたが

許容範囲だったようです。

 

この僅かな差が詰められずに

選ぶことができませんでした。

残念です。

 

 

最後に3着セカンドテーブルですが・・・

この馬も迷いました。

 

☆を巡って2着馬ナガラフラワーと

かなり迷ってこちらを選択。

二桁着順に沈んだ人気の2頭も

かなり仕上がっていたので

印が回せるのはもうこの馬しかいない

という感じでした。

 

-10kgとは後で知りましたが

これは歓迎材料でしたね。

きっちり絞れていた点を

ナガラフラワーより上位に評価しました。

 

ということでデータでもパドックでも

散々な結果でしたが

負けて感じたのは悔しさと

同じくらいの面白さでした。

 

う~ん、難しい・・・

本当に難しかった・・・

同時に当てている方がいるのも事実

それがまた希望になるというか・・・。

 

競馬予想に終わりはないなと

改めて思う一戦でした。

 

CBC賞2018結果・データ

馬場状態:良。前回開催終了後、馬場更新作業とエアレーション実施も速い馬場。

走破タイム:1分7秒0

600m通過:32秒6

ペース:ハイペース

レース上がり3F:34秒3=優勝馬33秒2



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です