宝塚記念2018予想・本命はサトノダイヤモンド

 

応援したい馬。

競馬ファンなら誰しも

「この馬を応援したい」

という馬がいると思います。

 

宝塚記念に出走する

サトノダイヤモンドはそんな

はしくれが応援したい

一番の推し馬です。

 

こういう話を公言すると

プロでありながら邪道

などと言われることもありますが

回収率の面からみても

そんなことはありません。

 

それではその話は

予想の後にするとしまして

まずは印と買い目の公開に

参りたいと思います。

 

<宝塚記念2018予想>

◎サトノダイヤモンド

買い目・・・単勝100円、複勝500円、計600円。

 

本命◎はサトノダイヤモンドです。

同馬ははしくれの推し馬であり

毎回馬券を買っていますが

「応援」を抜きにしても

今回は勝機があります。

 

それというのもまず馬体ですが

凱旋門賞遠征後は

徐々に馬体ができてきており

大阪杯ではあと少しのところまで

状態が戻っていました。

 

馬体を見る際大事なことは

第一にバランスですが

この部分が飛び抜けている

同馬は素晴らしい逸材です。

 

国内に戻ってからは

走る毎に腹回りが

すっきりとしてきましたし

ツヤや筋肉の張りに関しても

かなり戻ってきています。

 

調教でも中々良い動きを

披露していましたから

状態面では今春一番

期待が持てるところです。

 

他の出走馬がローテーションに

不安が残るところなので

大阪杯から直行するのも

好感が持てるところですし

鞍上ルメール騎手騎乗時は

馬券圏外に飛んだことがなく

内枠に入ったとはいえ

軽視はできないところです。

 

コース的にも大阪杯より

200mスタートが長く

最初の直線部分で焦らず

レースの組み立てが可能です。

 

大外枠が5年連続

優勝を果たしていますが

馬券圏内で見れば枠順は

そんなに気にはなりません。

 

重馬場がどうかというより

洋芝が合わない感じで

密な日本の芝状態なら

重でもやれると思います。

 

それから冒頭でお伝えした

回収率の話ですが

同馬は国内12戦で

単勝が計1120円で93,3%

複勝が計1300円で108,3%

の回収率を記録しており

競馬の収支改善にも

一役買ってくれています。

 

むしろプロだからこそ事実を

重視しているということです。

 

一頭の馬をきちんと見出せば

回収率も向上します。

相馬眼を効率的に鍛えて収支改善する方法

でも既にお話ししたことですが

回収率の向上には

長期的な視野が必要なことも

ここで再度記しておきたいと思います。

 

*好調6月「パドックロード」

パドックロード(2018)6月度会員募集中!

ぜひご覧ください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です