鳴尾記念2018結果・優勝はストロングタイタン

 

超高速馬場。

開幕週の阪神競馬場は

相変わらずのスピード馬場で

鳴尾記念2018はレコード決着

となりました。

 

逃げ馬ヤマカツライデンが控えて

マルターズアポジーが先手を取り切り

結局は予想通りの

ハイペースとなった一戦。

 

それではまずは予想から

このレースを振り返り

結果の回顧を行って参りましょう。

 

<鳴尾記念2018予想>

◎トリオンフ

買い目・・・複勝◎500円。

 

それでは結果です。

 

<鳴尾記念2018結果・印&買い目>

優勝馬・・・ストロングタイタン

2着馬・・・◎トリオンフ

3着馬・・・トリコロールブルー

払戻金・・・複勝110円(×5)

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎トリオンフは2着

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

9か月振りの実戦の

タツゴウゲキが出遅れます。

他は特に問題はなく

赤丸で囲った優勝馬ストロングタイタン

5分のスタートを決めています。

 

 

序盤の展開は2頭の逃げ馬

ヤマカツライデンとマルターズアポジーが

どのように引っ張るかが注目されましたが

ヤマカツライデンが2番手に控えて

マルターズアポジーが先手を主張しました。

 

1000mの通過は58秒2でしたが

超高速馬場の影響で

全体時計が速いです。

ハイペースになりましたが

2番手以下は塊になり

大体予想通りの立ち回り勝負になりました。

 

 

最後の直線を迎えると

ヤマカツライデンが一杯になり

マルターズアポジーの末脚も鈍ってきます。

 

巻かれるのを嫌って外に出した

◎トリオンフが強襲しますが

インを突いてストロングタイタンが

鋭く追い込んできます。

この2頭のマッチレースの

様相を呈しましたが・・・

 

 

最後はインを突き抜けた

ストロングタイタンが差し切って優勝。

インが伸びる馬場でしたが

デムーロ、ルメール両騎手ともに

手腕の確かな一戦でした。

 

今回は展開がかなり

読みやすかったことに加えて

開幕馬場を良馬場で

迎えられたことがポイントでした。

 

買い目は末が甘くなりやすい

トリオンフの性質ですから

複勝のみに抑えたことが

良かったと思います。

 

そしてパドックロードの印ですが・・・

 

 

◎1着→〇2着→☆3着→▲5着でした。

 

5月度の重賞では

苦しい結果となりましたが

会員様の声に支えられて

結果を出すことができました。

心より感謝申し上げます。

 

それではここから

勝ち馬ストロングタイタンの馬体

について触れたいと思います。

 

 

今回の同馬の仕上がりは

90点といったところです。

張りのある筋肉といい

ツヤの良さや絞れたお腹が

最初の1周目から目立つ一頭でした。

 

筋肉の量としては

トリオンフが上でしたが

総合力で勝る同馬に◎を打ちました。

やはり無駄のない馬体は

高い評価が必要です。

 

柔軟性も高いですし

インを突けるタフさもあり

都大路ステークスでは

9着敗退の前走でしたが

5か月ぶりを叩かれた効果は

てき面に表れていました。

 

やはりデータだけでははっきり

このあたりが分かりませんので

相馬眼を鍛えることが必要です。

 

改めて自身が歩んできた道を

やってきて良かったと思える

そんな一戦となりました。

更なる飛躍を目指して今後も

精進したいと思います。

 

それでは最後に今回の一戦を

まとめておきたいと思います。

 

鳴尾記念2018結果・データ

馬場状態:良。開幕週の超高速馬場。

走破タイム:1分57秒2(レコード)

1000m通過:58秒2

ペース:ハイペース

レース上がり3F:35秒3=優勝馬34秒8(最速)



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です