葵ステークス2018予想

 

短距離戦。

ダービーを頂点とする3歳春の競馬において

重賞の数が少ない短距離のカテゴリー。

ここに今年初めてとなる

1200m戦の重賞が誕生しました。

 

5月17日にこの世を去った

テイエムオペラオーの追悼競争として

第一回の歴史を開く葵ステークス。

 

京都内回りコースの舞台が

適性を問うところとなりそうです。

 

直線平坦で内目の馬には有利な舞台設定ですが

そのあたりも加味した予想を

お伝えしたいと思います。

 

<葵ステークス2018予想・印&買い目>

◎アサクサゲンキ

買い目・・・複勝◎400円。

 

本命◎はアサクサゲンキです。

現在の京都の芝はややインが荒れていますが

それでも内回りの短距離では

やはり内枠の先行馬に優位な条件と言えましょう。

 

このコースを外からまくるのは

かなりの差し脚が要求されますし

メンバーを見渡す限りは

末脚自慢は見受けられません。

 

ましてスタート後の坂がある

京都1200mですから

最初に無理をしてしまえば

消耗は激しくなります。

 

その点アサクサゲンキは2番と

絶好の枠を引きましたし

乗り慣れた武豊騎手騎乗で

進路取りも苦にしないでしょう。

 

戦ってきた面子を見ても

強い相手ばかりですし

前走のように長く良い脚を

使える点は強みです。

 

今回は前に行きたい馬が多く

ペースも遅くはならなそうです。

馬体もいつも良好ですし

大崩れはしないと思います。

 

馬券は1点集中で複勝のみに絞ります。

 

新たな歴史の扉が開く

短距離のカテゴリー。

ダービー前日のこの重賞にも

注目していきましょう。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です