オークス2018結果

 

規格外。

ただ一頭突き抜けるように

ゴールを駆け抜けたアーモンドアイ。

ジェンティルドンナにコンマ2秒差に迫る

2分23秒8の好時計で走破しました。

 

断然人気馬の完勝で

府中のスタンドも沸きましたが

誕生日当日だったルメール騎手も大喜び。

「やったー!」

という声にはスタンドも笑みが広がりました。

 

そんな一戦となった

オークス2018ですが

まずは予想から振り返り

結果を回顧して参りましょう。

 

<オークス2018予想・印&買い目>

◎ラッキーライラック

〇アーモンドアイ

▲サトノワルキューレ

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス各100円、三連単◎→〇→▲100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<オークス2018結果>

優勝馬・・・〇アーモンドアイ

2着馬・・・リリーノーブル

3着馬・・・◎ラッキーライラック

払戻金・・・ワイド160円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(>_<)

 

とはいえ完全にガミッているので

大喜びはできませんが・・・

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

大体揃ったスタートになりました。

内でリリーノーブルと

ラッキーライラックが好スタートを決め

赤丸で囲ったアーモンドアイも5分に出ました。

 

 

前半の1000m通過は

59秒6のミドルハイペースでしたが

逃げたサヤカチャンがご覧のとおり

一頭後続を離したために

2番手以下は実質スローの展開です。

 

優勝馬アーモンドアイは

カンタービレのすぐ後ろ(矢印)

5~6番手で隠れるように

ぴったりと折り合っています。

 

 

そのまま4コーナーを回って

最後の直線に入りましたが

好位からリリーノーブルが

まず抜け出しを図ります。

続いて外からアーモンドアイ

中からラッキーライラックが

先頭を窺いますが・・・。

 

 

最後は圧倒的な末脚を繰り出した

アーモンドアイが差し切って完勝。

桜花賞上位3頭が

強い競馬を見せてくれました。

 

しかし今回もルメール騎手は

このコースをよく読んでいますね。

前目につけた判断といい

荒れ馬場を避けたところといい・・・

人馬ともに素晴らしい

パフォーマンスを見せてくれました。

 

あとは当日のパドックでの状態でしたが・・・

パドックロードの印は以下の通りでした。

 

 

◎3着→▲6着→☆7着→〇13着です。

 

今回は断然人気の

アーモンドアイを外しましたが・・・

非常に強い勝ち方でした。

会員の皆様には大変申し訳ございませんでした(><;)

 

それではまずはその

アーモンドアイの診断ですが・・・

 

 

はしくれとしてはオールフォーラブと

ランドネにつぐ7番手評価でした。

 

成長が見られ

馬体の幅が増えたのが好感ですが

何分、はしくれの目には少し太目に映りました。

 

点数としては80点はつけられる仕上がりでしたが

反動もなく勝ちきった走りをみれば

これで良かったのだろうと思います。

 

相変わらず距離はどこでも

問題ない馬体をしており

柔らかいつくりでバネの強さを

感じられる馬体でした。

 

発汗に関してはやや目立っていましたが

これは多少の太目残りと

気温の高さが原因でしょう。

この馬が完璧に仕上がったら

一体どうなってしまうのか

とても興味深い結果となりました。

 

 

2着馬はリリーノーブルです。

この馬も桜花賞時にお伝えしたとおり

まず目を引いたところは

豊富な筋肉量でした。

 

中距離型かと思っていましたが

当日の仕上がりは万能タイプの仕上がりで

バランスもよく毛づや以外は

かなりの高得点でした。

 

パドックで印が回せなかったのは

残念なことでしたが

この馬が悪く見えたということではありません。

他に気になる馬たちがいたという話です。

 

この世代の馬たちは

本当に馬体もハイレベル

これからも大きな期待を

抱いてしまうところです。

 

 

そして3着にはラッキーライラックでした。

配信後の館内放送でも

同馬がJRA選定の

ベストパドック賞である

ベストターンドアウト賞を受賞した

と聞きましたが

まさに同馬の仕上げは今回

一番よく見えました。

 

ただ万能タイプの同馬の馬体も

2400Mはギリギリにも感じられ

100点をつけるには心許ないところでした。

この馬もまだ成長の余地を残していますし

肩まわりの筋肉量が更に増してくれば

逆転も望めるところだと思います。

 

 

あとは印をつけた

〇カンタービレは13着でしたが

長距離適性の高そうな馬体で

引き締まって幅も増え

かなり好感が持てました。

 

良い感じで進んでいたので

行けるかと思いましたが

最後はスタミナ切れのようで

案外な結果でした。

もっと絞れていた方が良いタイプかもしれません。

 

 

▲サトノワルキューレは6着でしたが

これは上位3頭よりも

後ろで競馬したことが響いたようです。

 

+6kgは成長分で太め感は全くなく

バランスも良い体つきで

好感の持てる仕上がりでした。

馬格の面で上位馬よりもやや見劣りしましたが

これからも活躍を期待できる一頭です。

 

 

そして☆には7着パイオニアバイオでした。

同馬の最大の特徴は

母アニメイトバイオによく似た馬体です。

 

母はオークス4着ですし

同馬もいかにも東京向きの

長い胴体が目を引きました。

こういう「うなぎ」のような馬体は

東京が得意です。

 

リムジン車が小回りが利かないように

広いコースが合うのかもしれません。

今回はメンバーが強力でしたが

相手次第で浮上できそうです。

 

ということで・・・。

今回のオークスでは

アーモンドアイの強さばかりが

またしても際立つ結果となりました。

 

しかしその他の馬に関しても

相当にハイレベルですし

馬体面から見てもそれは

明らかなところです。

 

今週のダービーでは

いよいよ世代の頂点が決まりますが

強いオークスの牝馬たちを凌ぐことができるのか

今から非常に決戦が待ち遠しいところです。

 

オークス2018結果・データ

馬場状態:良。インがやや荒れた高速馬場。Bコース。

走破タイム:2分23秒8

1000m通過:59秒6。

ペース:ミドルハイ(2番手以下はスロー)

レース上がり3F:34秒9=優勝馬33秒2(最速)




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「オークス2018結果」への2件のフィードバック

  1. これで的中なら外れた人はいない。
    自分に甘すぎるのでは?
    パドックにこだわるなら、プロの端くれというなら結果を出さないと。
    当代一流のジョッキーを並列で批判するなら結果を出さないと。
    どう考えても収支プラスにはなってないよね。
    謙虚に頑張らないと。
    メール会員さんがいるなら驚きです。

    1. 山田さん、こんにちは。
      山田さんはしつこい上に偉そうですねえ。
      はしくれは山田さんの父親ではありませんよ?
      山田さんさえ勝ててらっしゃるのでしたら、それではしくれは構いません。
      話し相手がご必要なら、どうぞ他を当たって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です