ヴィクトリアマイル2018結果

 

雨。

文字にすれば一文字ですが

この雨の影響で

非常に馬場が読みづらくなった

ヴィクトリアマイル2018。

 

9Rあたりからの降雨だっただけに

変わっていく馬場状態に

各騎手対応が求められた

難しい一戦でした。

 

昨日の高速馬場とは違い

稍重馬場へと変貌した

今日の東京芝コース。

 

それではまずはこの一戦を

予想から振り返り

結果の回顧を行って参りましょう。

 

<ヴィクトリアマイル2018予想・印&買い目>

◎ソウルスターリング

○レッツゴードンキ

買い目・・・◎・〇各単複100円、馬連&ワイド各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<ヴィクトリアマイル2018結果>

優勝馬・・・ジュールポレール

2着馬・・・リスグラシュー

3着馬・・・レッドアヴァンセ

(◎ソウルスターリング7着、○レッツゴードンキ6着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にしてくださった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ソウルスターリングは7着・・・。

それでは早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

8番のクインズミラーグロが出遅れます。

内でミスパンテール

他にエテルナミノルなども

あまり良いスタートではありません。

 

 

前半の600m通過は35秒2のタイムで

先頭は逃げ馬カワキタエンカが軽快に飛ばします。

赤丸で囲ったジュールポレールはこの位置でしたが

幸騎手はレース後

「もっと中に入れたかった」

と話しています。

 

 

最後の直線では各馬が

横一戦に広がりましたが

内はあまり伸びないようで

レッツゴードンキの岩田騎手も

外に進路を切り替えました。

 

前が後退するのを尻目に

アエロリットやレッドアヴァンセが

抜け出しを図りますが

すぐさま外からジュールポレールや

リスグラシューらが追い込んできます。

 

 

最後は並ぶようにして

3頭が横一線でゴール。

中から差したジュールポレールが

見事優勝を果たしました。

 

今回の反省点は

「枠順」にあります。

 

1番人気のリスグラシューが

大外枠を引いたこと

○のレッツゴードンキが

最内枠を引いたことなど

この部分を重視したことが

裏目に出てしまいました。

 

馬場が緩くなっても切れる

リスグラシューの差し脚ですから

この枠を必要以上に

警戒したのは問題でした。

 

レッツゴードンキに関しては

イン強襲派の岩田騎手が

外に出す馬場状態なら仕方ありません。

ただ、稍重はこなせたとはいえ

スタミナの消耗が感じられた走りでした。

このあたり距離適性の差が出たように思います。

 

そして

「連覇」というトレンドの見方も

「リピーター」という見方ができれば

ジュールポレールをもう少し

警戒できたと思います。

この馬の枠自体は好枠でもありましたので

軽視はしていなかったとはいえ

見方が甘かったと思います。

 

因みに今回の「パドックロード」の印ですが・・・

 

 

○2着→▲6着→◎7着→☆9着でした。

残念ながら勝ち馬の指名

及び2頭以上の入着はなりませんでした。

 

今回のパドックは

総じてハイレベルな仕上がりにあり

完璧な馬こそいないものの

さすがGⅠというメンバーでした。

 

結果としては残念でしたが

中身の濃いパドックでした。

それでは早速パドック診断を

実施して参りましょう。

 

 

まずは優勝馬ジュールポレールです。

ご覧のとおり同馬は今回

無駄のない好馬体が目を引く一頭でした。

 

バランスとしてはぎりぎりの仕上がりで

ややお尻が高く見えるため

配信の印としては無印に致しました。

 

ただ先述のとおり今回は

総じて仕上がりの良い馬が多く

同馬も好感が持てる仕上がりで

特に筋肉の張りが目立ちました。

 

好調教が伝えられていたとおり

ツヤもよく調子良さそうでしたし

幸騎手のコメント通り

雨も恵みとなりました。

 

この点は同馬の馬体が

大柄ではなかったことが

より良い方に働いた

はしくれも思います。

 

 

 

そして2着のリスグラシューです。

この馬もやや小柄な馬体が特徴的ですが

成長が著しく今は450kgまで成長しました。

 

この主な要因としては

「筋肉」が挙げられますが

一度ついた筋肉の張りが

常に充実しています。

 

◎に推したソウルスターリングと同様

バランス良く筋肉量でも申し分のない馬体をしており

この「お腹周り」が特に

重馬場適性を感じられました。

 

こういうきっちり絞れたタイプは

スタミナ勝負が得意でもあり

やはりタフな東京コースを

得意にできると思います。

 

同馬は今がまさに旬で

毎回優れた仕上がりです。

次走以降もこの馬からは

目が離せないところです。

 

 

そして3着レッドアヴァンセです。

この馬はとにかくバランスに優れた馬体をしており

絞れたお腹周りもまた好印象の一頭でした。

 

ただ筋肉の張りに関しては

他に優れた馬が多く

同馬に印を回すことはできませんでした。

 

少し細いくらいに見えましたが

これが良い方に出たようです。

胸の筋肉が更に増えれば

前進も可能だと思います。

 

あとは◎ソウルスターリング

▲レッツゴードンキともに

馬格に勝ったタイプが敗れてしまった一戦でしたが

これらの馬の仕上がりも全てハイレベルでした。

 

中で☆のワントゥワンは馬格こそ今一でしたが

馬体の張りだけ見ればおそらく

一番だったと思います。

この馬は人気こそ一息でしたが

これからも注目したい一頭です。

 

ということで・・・

殆どの馬が好仕上がりで

選ぶことが悲しくなるほど

好メンバーが揃った一戦だったと思います。

 

稍重馬場での1分32秒3は速い時計です。

高速馬場を考慮しても

今回のメンバーレベルの高さを窺わせる時計でした。

 

ハイレベルな一戦となったヴィクトリアマイル2018。

女王ジュールポレールと

その関係者の皆様

そして馬券的中者の方々に

心よりお祝い申し上げます。

 

ヴィクトリアマイル2018結果・データ

馬場状態:稍重。9Rから降雨、10Rより稍重。高速馬場に影響、イン伸びず。

走破タイム:1分32秒3

600m通過:35秒2

ペース:スローペース

レース上がり3ハロン:34秒0=優勝馬33秒3




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です