天皇賞春2018結果・優勝馬はレインボーライン

 

青空にかかる虹。

待望のGⅠ制覇を

天皇賞春の舞台で

見事達成して見せたレインボーライン。

 

阪神大賞典の際も

長距離体型が目を引きましたが

やはり今回の天皇賞でも

その馬体は健在でした。

 

距離適性が大きく問われる

この天皇賞春。

ステイヤーとして覚醒した

レインボーライン勝利のレースを

まずは予想から振り返り

回顧したいと思います。

 

<天皇賞春2018予想・印&買い目>

◎ガンコ

〇レインボーライン

買い目・・・各単勝&複勝+馬連&ワイド◎〇各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<天皇賞春2018結果>

優勝馬・・・〇レインボーライン

2着馬・・・シュヴァルグラン

3着馬・・・クリンチャー

(◎ガンコ14着)

払戻金・・・単勝600円、複勝190円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ガンコは14着でしたが・・・

 

それでは早速

レースを回顧して参りましょう

 

まず、スタートですが・・・

 

 

大体そろった飛び出しになりました。

中でも好スタートを決めた

ヤマカツライデンが予想通り

いち早く先頭に踊り出ました。

 

 

最初の1000M通過は60秒1のタイムで

昨年よりはこの時点では

前がばらけませんでした。

緩い流れは望めないと

予想した通りのハイペース

レインボーラインは後方インから

前の様子を窺います。

 

 

4コーナーを回って赤丸の

レインボーラインはこの位置です。

 

道中では一頭後ろを

離していたヤマカツライデンでしたが

4コーナーで既に馬群に

飲み込まれてしまいます。

このとき本命のガンコまでも

脚をなくしてしまいましたが

2番手の外を回った

シュヴァルグランが抜け出してきました。

 

さすがに昨年レコードタイムの

2着は伊達ではありません。

このシュヴァルグランが最初にゴールに

飛び込むかと思われましたが・・・

 

 

最後は外からインに切れ込んだ

レインボーラインが突き抜けました。

 

最後の直線に入ったときは

まだ中団の後方にいて

外を回っていた同馬ですが

あっという間に斜めに切れ込み

前で粘るシュヴァルグランを

見事に差し切ってくれました。

 

この走りは予想時にも

「岩田騎手なら」

とお伝えしたとおりの騎乗でしたが

この勝利の代償として

同馬は故障(跛行)してしまいました・・・

 

また今回は予想時から

タイプの違う◎と〇の

二頭軸で悩みましたが

差し届く予想の方が

正解という結果でした。

 

このあたりはやはりペースが

影響したと思いますし

レインボーラインの枠が

ギリギリ中程だった事も

最後の一伸びに繋がったと

はしくれは思います。

 

そしてこの天皇賞春の

各馬の仕上がりはと言いますと・・・

はしくれのパドックロードでは

以下の印となりました。

 

 

〇1着→☆2着→▲12着→◎14着でした。

 

本命は残念でしたが

ワンツーフィニッシュとなりました。

 

それではまず

優勝馬レインボーライン

になりますが・・・

 

 

この馬は殆ど完璧に

仕上がっていました。

 

前走よりも馬体が伸びて

「うなぎ」のようなつくりでしたが

こういう馬は長距離戦で

実力を発揮できます。

 

少し体の線が細く映る程の仕上がりで

全く無駄のない馬体は

素晴らしいものでした。

 

ただ

こういうギリギリのつくりのタイプは

出遅れたりする事も多く

その点を気にした上での

〇評価と致しました。

さすがにレース後の故障までは

見抜くことはできませんでしたが

大事には至らないよう

祈りたいと思います。

 

そして2着のシュヴァルグランですが

この馬も前走より

明らかに良化していました。

 

 

典型的な叩き良化タイプで

豊富な筋肉量に関しては

メンバー中1番でした。

馬体のつくりは長距離馬の

それというには重たいですが

改めて総合力の高さを実感した一戦です。

 

そして3着クリンチャーですが

この馬もシュヴァルグランと

同系統のタイプでした。

 

 

幅があって筋肉質で

パワーを感じさせる馬体

これからの日本競馬は

このタイプが増えそうです。

 

キセキやサトノダイヤモンドの

出走がなかっただけに

メンバー構成次第では

上位評価が必要でしょう。

旬を感じさせる仕上がりで

好感が持てました。

 

それとパドックでも本命の

◎に推したガンコですが

この馬も全く無駄のない馬体をしていました。

 

 

1周目のパドックから

ほっと安心したほどでしたが

何分頂上決戦での

ペースに揉まれた感じです。

 

いつもは気になる腹周りも

すっきりとしていました

ここまでの敗戦は驚きの結果でした。

残念な結果とはなってしまいましたが

まだ全く見限れない存在です。

 

そして最後に▲サトノクロニクルですが

この馬も前走時より

仕上がりがよくなっていました。

ステイヤーの体つきで

一目見て気に入りましたが・・・

 

 

案外な結果となってしまいました。

ただ

馬体はむしろ充実していて

旬を感じさせましたから

この馬もまだまだ見限れません。

 

今回の一戦では

好仕上がりの馬が多く

かなり目移りしながらワクワク

パドックに臨めました。

やはり古馬のGⅠ戦は

格別なものです。

 

また

今回は各馬の画像を

添付して参りましたが

普段画像は映しにくいので

写真を撮影していません。

 

今回だけは特別に撮影して

アップロードしましたので

モニター画像を見る際の

参考にして下されば幸いです。

 

そして今回の一戦では

岩田騎手も好騎乗で

レッツゴードンキの桜花賞以来

実に三年振りのGⅠ制覇となりました。

レインボーラインの故障がなければ

言う事なしではありましたが・・・。

同騎手の好騎乗を讃えたいと思います。

 

ということで・・・

こうして騎手の手腕や人馬の

絆が問われた天皇賞春2018。

その結果は以上のようになりました。

 

戦列復帰が望まれる

レインボーラインですが

まずはゆっくり療養をして

帰ってきてほしいと思います。

関係者とファンの願いが

どうか届きますように・・・。

 

天皇賞春2018結果・データ

馬場状態:良。きれいな芝状態だが、やや力の要る馬場(火・水降雨有り、木曜散水実施、洋芝14~18cmで生育良。野芝は通常6~8cm)

走破タイム:3分16秒2

1000M通過:60秒1

ペース:ハイペース

レース上がり3F:35秒9=優勝馬35秒2




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です