青葉賞2018結果・優勝馬はゴーフォザサミット

 

「頂点を目指す」

まさにその名を体現する

ゴーフォザサミットの走りでした。

 

道中はインをロスなく回り

最後外から伸び切って見せた

蛯名騎手の手腕も光る

2馬身差の快勝でした。

 

青葉賞2018は

6~7番人気のワンツーという

皐月賞と同じような

波乱の決着となりました。

 

頂点のダービーを目指し

2着までの出走権を

フルゲート18頭が争った激しい一戦。

 

その青葉賞の予想結果を

早速お伝えして参ります。

それではまずは予想印と

買い目から振り返りましょう。

 

<青葉賞2018予想・印&買い目>

◎オブセッション

買い目・・・単勝&複勝◎各200円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<青葉賞2018結果>

優勝馬・・・ゴーフォザサミット

2着馬・・・エタリオウ

3着馬・・・スーパーフェザー

(◎オブセッション11着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎オブセッションは11着・・・

苦しい結果になりましたが

復習が大切です。

早速レースを初めから

回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

大体そろった飛び出しになります。

ほぼ横一戦となりましたが

やや内寄りの馬の方が

スタートの良い馬が多かったです。

赤丸のゴーフォザサミットも

スムーズにスタートしました。

 

 

さて道中は何が行くかが

予想時も問題でしたが

内から6番ディープインラヴが

1000m60秒8のペースで先頭を奪います。

各馬これに続く形で

全体のラップとしては

スローペースになりました。

 

最初にレースが動いたのは

この1000m通過のあとで

サトノソルタスのM.デムーロ騎手が

ペースを嫌って押し上げました。

枠も大外18番で

やや苦しげな大外追走でした。

 

 

直線に入ると今度は

好位集団が殺到しますが

内を突いた各馬よりも

外の伸び脚が目立ちます。

 

道中で後方につけた

◎オブセッションに出番はなく

変わりに同じ藤沢厩舎の

ゴーフォザサミットが抜け出します。

隣で粘るエタリオウと

スーパーフェザーも追い上げますが・・・

 

 

悠然と抜け出して見せた

ゴーフォザサミットが優勝しました。

尚2着には際どい鼻差で

エタリオウが粘っています。

 

今回の一戦では

瞬発力が問われましたが

その点ではゴーフォザサミットは

合っていたと思います。

 

蛯名騎手の巧みなリードも

影響したのは確かですが

共同通信杯時に上がり最速を記録した同馬

ですから

この馬自身も得意の競馬で

納得の結果です。

 

因みにパドックロードの印は

以下のとおりでした。

 

 

☆1着→▲3着→◎6着→○11着でした。

 

2頭が3着以内に入り

勝ち馬を見抜くことができました。

そしてまずは優勝馬

ゴーフォザサミットの馬体ですが・・・

 

 

かなりの好仕上がりでした。

はしくれとしては

◎のサトノソルタスが一押しでしたが

この馬までは高次元で

良い仕上がりのメンバーでした。

 

この馬に関しましては

やはりバランスがいつも素晴らしく

今回は更に引き締まっていたのがより好感でした。

 

ハリ・ツヤも良く90点で

これで馬体を大きく見せたら

本命かもしれませんでした。

距離適性も十分なので

ダービーでも楽しみです。

 

 

そして2着のエタリオウです。

この馬はいつもそんなに

良く見せないタイプですが

それというのも小柄に映る

華奢な骨格が原因です。

 

こういう馬は長距離戦に

向いた馬体と言えますし

無駄肉がないタイプなので

距離適性はぴかイチでしょう。

 

ただしあまり瞬発力に

富んだ馬体には見えないので

印を回すことは少々難しい一頭でした。

ただこれからの2冠路線でも

活躍しておかしくないです。

 

 

それから3着のスーパーフェザーです。

同馬もいかにもステイヤーの

小柄なスタミナタイプですが

エタリオウとは違って特に

瞬発力を感じさせます。

 

それというのも流線型の

馬体のつくりもそうなのですが

切れ長に絞れたお腹が

特にそれを感じさせます。

 

お尻のハリも申し分なく

かなりの末脚自慢でしょう。

胸の筋肉がもう少しつけば

更に活躍できるはずです。

 

 

そしてパドック◎の

6着サトノソルタスですが

この馬は惚れ惚れするほど

良いバランスをしていました。

 

前走時も高評価を

配信時に下しましたが

今回も一周目から

すぐに本命に決まりました。

 

馬格もあって目方が増えても

まだまだ吸収できそうですし

今回の凡走理由は距離と展開にありそうです。

 

やはり大外枠がかなり

影響したと思いますし

距離はこなせる範囲でしたが

中距離が理想です。

 

スピードに富みまだ伸びしろも

有りそうな馬体ですから

今後大きいところを狙える

はしくれ期待の一頭です。

 

 

そして当ブログ予想で

本命のオブセッションは・・・

良いバランスをしていましたが

残念な11着でした。

 

この馬はまだまだ若く

成長途上の馬ですから

緩さが解消されるまでには

少し時間がかかりそうです。

 

それでも目を引くバランスを持ち

ゆったりとした胸の深さは

今後期待が持てる馬だと

やはり評価が必要でした。

 

この点を加味するべきかが

パドックの難点ですが

大体はその方が

上手くいくのでそうしています。

ただ今回の同馬においては

それが裏目に出てしまいました。

これは非常に残念でした。

 

ということで・・・。

今回はレース回顧と

パドック診断(豪華版)を

実施して参りました。

ダービートライアルの一戦ですし

これら馬体の情報も

ぜひご参考になさってください。

 

この世代の頂点を決める

ダービーまであと一ヶ月です。

青葉賞組の更なる飛躍に

本番期待したいですね☆

 

青葉賞2018結果・データ

馬場状態:良。きれいな芝状態。

走破タイム:2分24秒4

1000m通過:60秒8

ペース:スローペース

レース上がり3F:34秒4=優勝馬34秒1




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「青葉賞2018結果・優勝馬はゴーフォザサミット」への2件のフィードバック

  1. いつもブログ楽しみにみております。見解に関してのコメントですが、オブセッションに関しては、皆さんが期待してるほど強くはないと考えています。馬の身体能力があっても頭の良さ、つまり賢さがないのでレースを理解出来てないのが今後の致命傷になるかと。総合的にバランスがかなり悪いので活躍はないと思っています。こうゆう馬は時々居ますからね。なのでオブセッションに関しては僕は全く論外にしてます。すみません、突然のコメントで。

    1. なみへいさん、いつもご覧下さりありがとうございます。
      なみへいさんは賢さを含めてバランスを捉えているのですね。はしくれとしては記述したとおり、オブセッションはまだ若いだけだと思っています。
      気性というのは馬体よりも見極めが難しいものなので、簡単には見限れないという見解です。
      仰るとおり気性の問題で消えていった馬たちも居ますが、それを克服して強くなってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です