天皇賞春2018予想

 

頑固。

珍名馬の大活躍に

少々驚いているはしくれですが

競馬に笑いを!珍名馬50選☆大特集

でもお伝えしたように

名前がたとえ変わっていても

走らないとは限りません。

 

芝の長距離を先行して

頑なに粘るガンコ

今回の天皇賞春の

はしくれの本命です。

 

もちろん名前のことだけでなく

きちんと根拠もありますから

その点は予想印と

買い目のあとにお伝えしましょう。

 

<天皇賞春2018予想・印&買い目>

◎ガンコ

〇レインボーライン

買い目・・・各単勝&複勝+馬連&ワイド◎〇各100円、計600円。

 

本命◎はガンコです。

天皇賞春といえば

昨年キタサンブラックが

1番人気でレコード勝ちして

1番人気不振のデータを

見事なまでに払拭しました。

 

これにより現時点で

1番人気クリンチャーに乗る

三浦騎手には楽かといえば

実はそうとも言い切れません。

 

やはり人気のプレッシャーは

より大きくなりますし

何より急造コンビというのも

この距離では不安点です。

 

それを考えるにつけ

まず思い浮かんだのが

3戦3勝でなんと勝率100%を誇っている

ガンコと藤岡騎手のコンビです。

 

このガンコは芝でデビューし

しばらくダートを走っていたため

芝に再挑戦してからも

半信半疑な存在でした。

 

ですが重賞制覇を成し遂げ

馬体も充実期に入って

先行してからの粘り強さは

抜群のものがあります。

 

出走馬の何頭かには

切れ脚タイプも見られますが

同馬は前走2番手からでも

上がり最速をマークしました。

 

最後の直線平坦コースの

京都競馬場ならば

内目の枠も追い風ですし

粘り込みを狙えます。

 

ばらけやすい天皇賞の

ヤマカツライデンが引っ張る展開。

昨年の優勝馬同様

抜け出しを期待です。

 

対抗〇にはレインボーラインです。

昨年の天皇賞では

上がり最速を使いながら

サトノダイヤモンドでさえも

3着という成績でした。

 

この結果は枠順の有利不利を

如実に物語る結果として

はしくれの脳裏にしっかり

刻み込まれました。

 

これは極限勝負となった

展開にもよりましたが

今回も逃げを打つのが

ヤマカツライデンとなりそうです。

 

他にも前に行く馬が多く

緩い展開は望めません。

となれば前走ミドルペースで

外目から差した同馬が

再び差してくる可能性も

十分に有りそうです。

 

鞍上の岩田騎手は

インを突くのも得意ですし

ばらける天皇賞春では

この点が期待です。

 

枠も6枠12番で

ギリギリの中枠ですし

馬体も旬を迎えているので

仕上がりも良さそうです。

 

長距離が得意なコンビが

頂点に挑みます。

 

ということで今回は

コンビとしての相性

重点をおきながら

枠順と長距離適性を

順に考慮致しました。

 

京都競馬場の馬場状態は

傷みのない芝ですから

今回もスピードの出る

一戦となりそうです。

 

晴天の中行われる

伝統の長距離戦を

しっかりこの目に焼きつけながら

楽しみたいと思います☆

 

*5月度購読予約受付中!

青葉賞☆1着→▲3着→◎6着→○11着

最終R◎1着→○2着→☆3着(12番人気)→▲6着

はしくれの「パドックロード」

下記リンクから詳細をご確認ください。

もちろん天皇賞・春も配信致します☆

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です