福島牝馬ステークス2018予想

 

臨戦過程。

中山牝馬ステークスを前哨戦とする

出走馬の台頭が

非常に顕著なこの福島牝馬ステークス。

 

昨年はこの中山牝馬ステークス経由組みが

3着独占の結果となりました。

 

それだけハイレベルだった昨年の一戦ですが

優勝馬トーセンビクトリー

今年が初の福島参戦となります。

 

コース形態や枠番からも

期待が持てそうな一戦ですが

その他のライバルも虎視眈々で

白熱した一戦になりそうです。

 

それでは早速

福島牝馬ステークスの予想印と

買い目の発表に移って参りましょう。

 

<福島牝馬ステークス2018予想・印&買い目>

◎トーセンビクトリー

○カワキタエンカ

▲ゲッカコウ

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス◎○▲各100円、計400円。

 

本命◎はトーセンビクトリーです。

先述のとおりこのレースでは

中山牝馬ステークスの経由組みが強いですが

毎年ながらこのレースでの着順自体は

序列をよく考える必要があります。

 

まず今年の中山牝馬ステークスでは

単騎逃げを決められた

カワキタエンカが楽をしており

得意の渋った馬場を味方に

伸びるインを全く譲らず

進んだ事が勝因でした。

 

その点今回の一戦では

Bコース変わりと言えど

やや内が荒れ気味の馬場で

前回よりも標的として強く認識されるでしょう。

 

またハンデ差も両馬の間で

前走時3kg差がありましたが

これが今回は一気に同斤

更にトーセンビクトリーには

追い風が吹いています。

 

枠も内目の5番枠と

良いところに入りましたし

坂のある1800m戦は得意とするところです。

気温の上昇もプラス材料に

変えられるタイプですし

ここは俄然力の入る一戦となるでしょう。

 

対抗○はカワキタエンカです。

本命のトーセンビクトリーと

今回は同斤ですが

それでも今回も単騎逃げが

叶いそうなメンバー構成です。

 

多少馬場が荒れているため

スタミナは必要ですが

そういう馬場自体は特段

不得意にはしていません。

 

前走は手綱を取った

池添騎手も好騎乗でしたが

今回も連続騎乗で連勝を狙います。

 

ペースを自分で作れる点は

的にされるとしても有利で

前有利が基本の馬場なら

あっさりも有り得るでしょう。

 

単穴▲にはゲッカコウです。

このレースの特徴としては

枠順も挙げられますが

この馬が引いた6番枠は

好走データの多い好枠です。

 

前走はインに入れず

最後も伸びを欠きましたが

叩かれて臨む今回

巻き返しが怖い一頭です。

 

元々当該コースで

デビュー勝ちした経緯もあり

福島の芝の中距離は

2戦2勝と大得意です。

 

この馬も夏場は特に

調子を上げるタイプですし

気温上昇が予想される

土曜日の天候ならば

好枠にも後押しされての

上位入線も可能でしょう。

 

他には中山牝馬ステークスで

外を回して3着とした

レイホーロマンスも気になりますが

再びペースが落ち着きそうで

ハンデ増も心配です。

 

馬体の小さい馬ですので

発汗で消耗するのが怖いですし

このあたりはパドックでの

仕上がり次第となりそうです。

 

現在重賞40戦で

本命◎の単勝回収率

100%超えの「パドックロード」

パドック速報が必要なあなたに

お届けしたいと思います。

(詳細は下記リンクから)

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です