アンタレスステークス2018結果・グレイトパール優勝

 

ダート界の宝石。

そう形容するに相応しい

グレイトパールの優勝でした。

 

長期休養明けとなりましたが

仕上がった馬体が目を引き

改めて素質の高さをアピールした同馬。

 

今回の勝利により

ダートは無敗の6連勝と

その数字を積み重ねる事に成功しました。

 

最内枠もなんのその

川田騎手も巧みに捌いた一戦を

まずは予想から振り返り

お伝えしたいと思います。

 

<アンタレスステークス2018予想・印&買い目>

本命◎トップディーヴォ

対抗○ユラノト

買い目・・・単勝&複勝各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<アンタレスステークス2018結果>

優勝馬・・・グレイトパール

2着馬・・・ミツバ

3着馬・・・クインズサターン

(◎トップディーヴォ4着、○ユラノト5着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎トップディーヴォは4着・・・。

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

大体各馬そろった飛び出しになりました。

赤丸で囲ったグレイトパールも

上手くスタートを決めています。

3番のディアデルレイが行く構えを見せますが

外から制してマイネルバサラが逃げました。

 

 

1000mの通過は60秒2でしたが

不良馬場という事もあり

やや速い流れになります。

グレイトパールは川田騎手が

徐々に外に持ち出しながら

気がつくと4番手の外

絶好の位置をキープしました。

 

 

最後の直線を迎えた時には

ミツバが抜け出しを図っていました。

ですが川田騎手は落ち着いて

追い出しにかかります。

先行したユラノトが下がり

外からはクインズサターンと

トップディーヴォも追い上げましたが・・・。

 

 

後続の争いを尻目に

グレイトパールが抜け出して快勝。

これで同馬はダート戦では

6戦全勝となりました。

 

今回の予想の敗因は

グレイトパールの最内枠を

気にしすぎた事がひとつです。

 

実績が無いならまだしも

同馬は以前も川田騎手が

最内枠から捌いていますので

この点をもっと考慮すべきだったと思います。

 

また同馬は長期の休養明けも

馬体はきっちりできていました。

因みにパドックロードの印は以下の通りです。

 

 

◎1着→▲3着→☆4着→○6着でした。

やはりグレイトパールの馬体は

垢抜けていました。

 

長期休養を感じさせない

引き締まった筋肉の張りと

ピカピカに光る毛ヅヤが目立ちましたし

ややお腹が太めでしたが

許容の範囲内でした。

 

この仕上がりには

中内田調教師の腕に感服致しました。

ダノンプレミアムが皐月賞を回避してしまいましたが

ここできっちり勝つあたりは

さすがのチームワークです。

 

2着のミツバも好仕上がり

無駄の無い馬体でした。

この馬はいつも良く見せますが

走ってみないと分からないタイプで

取捨が非常に難しい馬です。

今回も均整の取れた馬体でしたが

更に引き締まってくると

より良いように思います。

 

3着のクインズサターン

完全に旬の馬です。

このところ毎回のように仕上がってきていますし

何より張りが申し分なく

出来落ちしないのが素晴らしいです。

体型的にマイラーなので

今回はやや長かったですが

ペースを含めてマイル戦なら

更に上昇も有り得るでしょう。

 

あとは当ブログ予想本命の

4着トップディーヴォですが

仕上がりで勝る馬が多く

パドックでは印を下げました。

少し緩さが目立ちましたが

全体的には良好でしたし

もう少し鍛えてくれば3着入着は可能なはずです。

重馬場では初めての馬券圏外となりましたが

それでも4着していますし

やはり得意な条件でしょう。

 

5着ユラノトは発表どおり

マイナス体重が目につきました。

馬体がやや細化しており

この点から外しました。

ただそれでもバランスがよく

見所のある馬です。

馬体が回復してくれば

好勝負可能でしょう。

 

そして最後に6着ロンドンタウンですが

同馬は昨年夏のエルムステークス以来の出来にありました。

かなり復調が顕著な馬で

これからも上昇しそうです。

腹周りが太めに見えるタイプですが

決して太いという感じには映りませんでした。

これからも要注目です。

 

という事で当レースでは

ダートの期待馬グレイトパールが

約1年ぶりの勝利を挙げることとなりました。

既にテイエムジンソクを破った事もありますから

ダートの中距離戦線が更に面白くなりそうです。

 

日曜日は皐月賞に注目が集まりましたが

同馬の今後の動向にも

注目したいと思います☆

 

アンタレスステークス2018結果・データ

・馬場状態:不良。晴れ。

・走破タイム:1分49秒8

・1000m通過:60秒2

・ペース:ハイペース

・レース上がり3F:37秒6=優勝馬37秒1(最速)



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です