アーリントンカップ2018予想・本命はタワーオブロンドン

 

施行時期の変更。

昨年はペルシアンナイトが

ここをステップに皐月賞を2着しましたが

今年から開催時期が約2ヶ月繰り下げられた

GⅢアーリントンカップ。

 

マイルの頂点を目指す馬たちが

より明確な目標のために

始動する一戦へと様変わりしました。

 

この変更に伴い

マイルGⅠ獲得へ

高い本気度を持って臨むのが

今回の本命タワーオブロンドンです。

 

予想の根拠は印と買い目の後に

お送り致しますので

まずははしくれの予想から

お伝えして参りましょう。

 

<アーリントンカップ2018予想・印&買い目>

本命◎タワーオブロンドン

買い目・・・単勝&複勝各200円。

 

本命はタワーオブロンドンです。

今回のアーリントンカップは

今までの施行時期から2ヶ月ほども繰り下げられ

皐月賞の同週施行となり

レースに求められるものが大きく変わりました。

 

それというのもクラシックへの

出走権の確保ではなく

HNKマイルカップの前哨戦としての位置づけが明確になり

マイラーにとって本気度の高いレースになると思います。

 

特にタワーオブロンドンは

朝日杯で当該コースを経験したこともあり

その際強い2頭に続いて3着と健闘しています。

タイム的にもこのコースでは

頭一つ抜けていますし

何より皐月賞に目もくれずに

ここに出てきた意味は深いです。

 

鞍上のルメール騎手も

ここ出走の人気馬である

レッドヴェイロン、エアアルマスより

同馬を選んできました。

 

また

これまで当ブログでもお伝えしてきた通り

同馬の馬体は完成度が高く

マイラーの体つきで

非常にパワフルで肉付きのよい

馬体をしています。

 

曇天から降雨予報で際どい馬場状態ですが

同馬なら馬場悪化でも

こなせる可能性は高いと見ます。

 

今の阪神競馬場の芝は

インから少し離れたところを

進むのが理想的ですし

展開を考えると

後方から外を回すのは

ロスが大きくなりすぎます。

 

その点

同馬の5枠6番は好枠

と言えますし

ペースに合わせた位置取りも

十分に可能でしょう。

 

休み明けが懸念材料ですが

新馬戦も勝っていますし

気性も悪くありません。

仕掛けどころでやや反応が遅れる事がありますが

外回りでもありますし

その点も良い方に働くでしょう。

 

あとは当日の気配次第です。

パドック速報も配信致しますので

下記もぜひご参考に。

大阪杯&桜花賞、両GⅠで3着独占中です☆

パドックロード(2018)4月度会員募集中!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「アーリントンカップ2018予想・本命はタワーオブロンドン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です