ダービー卿チャレンジトロフィー2018結果・優勝馬はヒーズインラブ

 

重賞初出走初制覇。

大柄な馬体に見合う

豊富な筋肉量をもって

見事な走りを披露してくれた

優勝馬ヒーズインラブ。

 

ハービンジャー産駒らしい

ハリ・ツヤが目を引きましたが

得意の中山マイルの舞台で

その存在をアピールしました。

 

荒れる重賞というイメージが強い

ダービー卿チャレンジトロフィーですが

果たしてどんな一戦になったのでしょうか。

まずははしくれの予想から振り返り

レースを回顧したいと思います。

 

<ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想・印&買い目>

本命◎レッドアンシェル

対抗○ヒーズインラブ

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、ワイド◎ー○100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<ダービー卿チャレンジトロフィー結果>

優勝馬・・・○ヒーズインラブ

2着馬・・・キャンベルジュニア

3着馬・・・ストーミーシー

(◎レッドアンシェル7着)

払戻金・・・単勝650円、複勝230円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎レッドアンシェルは7着でしたが・・・。

早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

かなりバラついたスタートになります。

殆ど見えていないのですが

内で3番のキャンベルジュニアが好スタートを決め

中で7番ゴールドサーベラスと

外で15番ストーミーシーがやや出遅れています。

 

 

最初の600m通過は35秒0。

ハイペースと踏んでいましたが

ミドルペースになりました。

先頭は逃げ馬マルターズアポジーで

赤丸のヒーズインラブは中団後方を進んでいます。

 

 

4コーナーを回って最後の直線です。

逃げるマルターズアポジーが段々と失速すると

2番手からキャンベルジュニアが抜け出しを図ります。

赤丸で囲ったヒーズインラブは進路が狭くなりましたが

前が開くと鋭く内から末脚を伸ばしてきます。

最後は外からストーミーシーも追い込んできますが・・・。

 

 

力強く伸びきったヒーズインラブが優勝。

ハンデは55kg~54kgの3頭で

56kg以上の人気馬は全滅という結果でした。

このあたりハンデ差の影響も出たように思います。

また、荒れる重賞らしく

4→6→9番人気という決着となりました・・・。

 

それからパドックロードの印ですが・・・。

 

 

◎1着→○2着→▲6着→☆7着という結果でした。

本線のワンツーとなり嬉しい結果です(*^^*)

この本線の馬単は6770円という配当でしたが

会員様から嬉しい的中のお便りをいただきました。

いつも本当にありがとうございます☆

 

そして

◎に推したヒーズインラブですが

このメンバーに入っても

全く見劣りしませんでした。

522kgの馬体も持て余すところなく

豊富な筋肉量とハリ

十分に伝わってきました。

 

○に推したキャンベルジュニア

言葉にできない雰囲気があり

「この馬を選ぶべき」との

直感(お告げ?)がありました。

こういうことが稀にあるのが

はしくれの相馬なのですが

この声に従った事が吉と出ました。

とてもありがたい気持ちです。

 

▲のゴールドサーベラス

牝馬かと思うような

絞れた馬体が目を引きました。

こういうタイプは切れ味のある

末脚自慢が多いですし

バランスの良さも通用すると

踏んでの抜擢でした。

 

☆に当ブログ予想で

本命に推したレッドアンシェルですが

ぎりぎりの4番手という評価まで下げました。

発汗と馬体の緩さが目に付いた為ですが

全体的なバランスとしては

悪くない仕上がりでした。

このレースは各馬中々好仕上がりの一戦で

選出するのにいつも以上に注意力が必要でした。

 

3着に入線したストーミーシーも好仕上がりで

人気こそ今一でしたが

走りには納得です。

ツヤが更に良くなっていれば

印も回せた仕上がりでした。

 

という事で・・・

ブログ予想でもパドック予想でも

的中できたはしくれでしたが

ヒーズインラブの今後が

楽しみになる結果でした。

 

同馬は今回が得意コースで

これからが試金石ですが

ぜひ他のコースの競馬でも

頑張ってほしいと思います。

 

それではここで今回の

ダービー卿チャレンジトロフィー2018の結果を

まとめておきたいと思います。

 

ダービー卿チャレンジトロフィーデータ

・馬場状態:良。Bコース替わりでインが伸びる

・走破タイム:1分32秒2(火曜芝刈り)

・600m通過:35秒0

・ペース:ミドルペース

・レース上がり3F:34秒8=優勝馬34秒1(最速)

 

4月度の「パドックロード」も

まだ始まったばかりです。

どうぞ下記のリンクから

詳細をお確かめ下さい☆





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です