大阪杯2018結果・優勝馬はスワーヴリチャード

 

競走馬の旬。

まさにそれを感じさせる

スワーヴリチャードの仕上がりでした。

 

大阪杯2018の優勝馬は

充実著しい同馬となりましたが

名手・M.デムーロ騎手の

騎乗技術も見事でした。

 

コンビとして完成された

強さを見せつけた人馬でしたが

この大阪杯2018を

まずは予想から振り返り

レースの結果を回顧して参りましょう。

 

<大阪杯2018予想・印&買い目>

本命◎サトノダイヤモンド

対抗○スワーヴリチャード

単穴▲アルアイン

買い目・・・単勝&複勝◎各100円、ワイドボックス各100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<大阪杯2018結果>

優勝馬・・・〇スワーヴリチャード

2着馬・・・ペルシアンナイト

3着馬・・・▲アルアイン

(◎サトノダイヤモンド7着)

払戻金・・・ワイド300円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎サトノダイヤモンドは7着でしたが・・・

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

少しバラっとした飛び出しになります。

赤丸で囲ったスワーヴリチャードは

挟まれるような形で今一のスタートでした。

ここから各馬ポジションを取りに動き出します。

 

 

先手を切ったのは予想通り

ヤマカツライデンとなりましたが

1000mを通過すると異変が起きます。

61秒1のスローでレースが動いているのを察知し

後方に居たスワーヴリチャードのM.デムーロ騎手が

一気に大外から先頭までまくりきりました。

 

GⅠの大舞台で一番人気を背負いながら

なんとも大胆不敵な作戦に出たデムーロ騎手。

ここから粘りきれるかが最大の焦点になりました。

 

 

4コーナーを回って直線に入りましたが

スワーヴリチャードの手応えはまだ余裕がありました。

馬場も良く、ペースもスローで

後続から差してくる馬には厳しい展開となっています。

 

進路を見つけて内から出てきたアルアインが追いすがり

更に中からペルシアンナイトも

上がり33秒7の最速の脚で追いかけます。

後続の勢いにも目を見張るものがありましたが・・・

 

 

インを突いて粘りきったスワーヴリチャードが優勝。

同馬はこれでGⅠ初制覇を達成しました。

 

やはり今回の予想点では

騎手をポイントに上げましたが

M.デムーロ騎手の騎乗は

素晴らしいものでした。

 

大舞台で勝てる騎手とは

こういう騎手を指すのだという

ファンタジックな仕掛けを見せて

ハートの強さを証明しました。

その騎乗を引き出した

スワーヴリチャードもまた立派です。

 

そして4月度最初の重賞配信となった

「パドックロード」の印ですが・・・

 

 

◎1着→☆2着→▲3着→○7着で、3着独占となりました(*^^*)

「各馬好仕上がり」という短評は

非常に珍しいものでしたが

上位評価の馬たちは皆

きっちり上位に入線しました。

短評に違わぬ結果となり嬉しい気持ちです。

 

そして

優勝馬スワーヴリチャードの仕上がりですが

これはもう100点と言える仕上がりだったと思います。

完全に競走馬の旬を迎えた体つきで

ハリ・ツヤ・バランス・柔軟性と

どれをとっても文句なしでした。

前走時に既に殆ど仕上がっていましたが

もう一段上の仕上がりでパドックから驚かされました。

 

2着ペルシアンナイト

90点の仕上がりでした。

前走も何で負けたか不明という仕上がりでしたが

今回も同様に買っておきたい仕上がりでした。

充実していて弾むような

弾力のある筋肉が目を引きました。

 

3着のアルアインも90点の仕上がりでした。

この馬は予想時にもお伝えしたとおり

中距離体型なのですが

前走よりも少し絞れてスタミナを感じさせました。

パワータイプでギアチェンジには

戸惑うことも有りそうですが

展開ひとつで粘れていても

おかしくない仕上がりでした。

 

そしてブログ予想の本命から

○に落としたサトノダイヤモンドですが

同馬は前走時よりも十分

馬体は出来ていました。

3着独占の結果からも

同馬の仕上げが悪くなかった事が

お伝えできれば幸いです。

スワーヴリチャードに匹敵するほど

仕上がっていました

お腹の辺りがまだもう少し

絞れる余地がありました。

あと少しで全盛期のあの

素晴らしい馬体にお目にかかる事ができそうです。

はしくれは楽しみにしています。

 

という事で・・・。

サトノダイヤモンドに関しては

内で進路が開かない事を

予想時にも危惧しましたが

それが現実となるような

内枠が鬼門でした。

 

対してスワーヴリチャードは

「作戦通り」という鞍上の

強いハートと完璧な仕上がりで

これ以上ないパフォーマンスで

優勝を果たしました。

 

この2頭は今回明暗が

くっきりと分かれましたが

もし天皇賞で再戦すれば

まだ分からないと思います。

今から2頭の仕上げを見るのが

楽しみでなりません。

「パドックロード」の印にも

ぜひご注目ください。

今回のレースデータの後にリンクを用意しましたので

そちらもご覧いただければ幸いです。

 

大阪杯2018データ

・馬場状態:良。Bコース替わりできれいな馬場。

・走破タイム:1分58秒2

・1000m通過:61秒1

・ペース:かなりのスローペース

・レース上がり3F:34秒1(同・優勝馬)

 

予想結果全公開中☆

大阪杯3着独占のパドックロード

下記リンクから詳細をお確かめ下さい。





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です