センチュリオン優勝!マーチステークス2018結果

 

春爛漫。

そんな陽気の中行われた

マーチステークス2018ですが

優勝したのは中山得意の

2番人気センチュリオンでした。

 

これまでの7勝全てを

中山ダート1800mで

上げていた同馬ですが

8勝目と初重賞制覇

この得意のコースでした。

 

それではそんな結果となった

マーチステークス2018を

まずは予想から振り返り

復習して参りましょう。

 

<マーチステークス2018予想・印&買い目>

◎エピカリス

○センチュリオン

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<マーチステークス2018結果>

優勝馬・・・○センチュリオン

2着馬・・・クインズサターン

3着馬・・・ロワジャルダン

(◎エピカリス14着)

払戻金・・・単勝610円、複勝190円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの◎エピカリスは14着でしたが・・・

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

メイショウウタゲ、サンマルデュークが出遅れます。

1番人気のハイランドピークも

あまり良いスタートではありません。

各馬の位置取りに注目が集まりましたが・・・。

 

 

赤丸で囲った優勝馬センチュリオンはここでしたが

なんと逃げ馬ハイランドピークは

最後方のこの位置。

スタートはそこそこでしたが

出遅れた訳ではありません。

横山騎手の判断で

下げた結果でしょう。

 

 

1000m通過は61秒7。

ハイランドピークが前に行きませんでしたが

それでも中々のハイペースとなり

持久力が要求される展開となりました。

センチュリオンは良い手応えで

4コーナーを回り

対してハイランドピークは

かなり厳しいポジションです。

 

 

最後の直線に向くと

3番手を追走していた

センチュリオンが抜け出しを図り

◎のエピカリスはずるずる後退してしまいます。

変わって外からアルタイルや

クインズサターンが追い上げてきて

最後は内からロワジャルダンも

優勝争いに加わってきます。

 

 

それでも最後は粘り切った

センチュリオンが凌いで優勝。

中山ダート1800mはこれで8勝目となりましたが

8つもの勝ち星全てが

同じコースとは珍しいです。

 

因みにパドックロードの印は・・・

 

 

▲1着→☆4着→◎9着→○14着でした。

優勝馬は見抜けていますが

高評価のハイランドピークの走りにはかなり残念でした。

 

まず、優勝馬のセンチュリオンですが

この馬はいかにも中山向きの

腹袋がある雄大な馬体で

特に今回のような

良馬場のダートは得手でしょう。

特に当該コースでは

3歳春から活躍していましたが

余程ここは同馬にとって

走りやすいコースなのだと思います。

 

2着馬クインズサターン

中々の仕上がりでした。

☆のアルタイルと迷いましたが

やや胴が詰まっているので

マイル向きかなと思い

今回は印を回す事ができませんでした。

ツヤもよく

上昇しているのははっきりと感じられました。

 

3着のロワジャルダン

やや緩く見えたのですが

おそらくこれは体型でしょう。

独特のバランスを持ち

気になる仕上がりではありました。

ただ個人的に見慣れない仕上がりでもあり

地方競馬所属になった事も

無関係ではなさそうです。

この点は次のレースで生かしたいところです。

 

そしてハイランドピークですが

この馬はかなりの好仕上がりでした。

95点~100点くらいはつけられる仕上がりで

正直横山典弘騎手の騎乗には

残念でなりません。

やはり逃げて勝利してきた馬ですし

ピッチ走法でどんな展開にも対応できそうな馬ですから

同馬得意の戦法で戦ってほしかったです。

 

エピカリスに関してはやはり

仕上がりはかなり良かったと思います。

ただ、馬の精神的な問題なのか

最後は気持ちがぷっつりと

切れたような走りでした。

バランスも良くツヤもあり

筋肉の張りも悪くなく

特段問題が見つかりません。

こういうタイプは簡単には見限れないところです。

 

アルタイルは上昇途上でしたが

芯のしっかりしたタイプで

好感が持てました。

馬体に幅があって

パワーとゆとりが感じられましたので

最後に☆評価としましたが

あと少しで3着以内の

良い走りをしてくれました。

 

という事で・・・

エピカリスは今回だけでは

判断できないと思います。

ハイランドピークも然りで

この辺が競馬の怖さです。

 

両頭とも仕上がりには

問題が無かっただけに

次の一戦でも警戒が必要でしょう。

 

対して勝ち馬センチュリオンは

馬体的にも中山適性が

はっきりと現れていますから

逆にその他のコースで勝利を

勝ち取れるかが焦点でしょう。

 

これからも更に相馬眼を磨いていく所存ですので

どうぞ「パドックロード」の印にも

ご注目下さい。

パドックロード(2018)3月度会員募集中!

 

それでは最後に当レースの

データを記しておくとしましょう。

 

マーチステークスデータ

・馬場状態:直前に回復した良

・走破タイム:1分52秒1

・1000m通過:61秒7

・ペース:ハイペース

・レース上がり3F:37秒8=優勝馬37秒6



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です