ファインニードル優勝!高松宮記念2018結果

 

成長と克服。

左回りで実績を上げた事が無かった

ファインニードルの鮮やかな優勝。

追いすがるレッツゴードンキを制し

見事なGⅠ初勝利でした。

 

当日の中京競馬場は

前日からの稍重馬場から

良馬場へと回復したばかりの馬場でしたが

連日晴れ渡っていたとはいえ

この影響も感じられた高松宮記念2018。

 

まずは予想から振り返り

レースの回顧へと参りましょう。

 

<高松宮記念2018予想・印&買い目>

◎レッドファルクス

○レーヌミノル

▲レッツゴードンキ

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス◎○▲各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<高松宮記念2018結果>

優勝馬・・・ファインニードル

2着馬・・・▲レッツゴードンキ

3着馬・・・ナックビーナス

(◎レッドファルクス8着、〇レーヌミノル7着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎レッドファルクスは8着・・・

それでは早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

外でラインスピリットとラインミーティアが出遅れますが

反対に内ではセイウンコウセイが

好スタートを決めます。

赤丸で囲んだ優勝馬ファインニードルも上々です。

 

 

最初の600m通過は33秒3でしたが

セイウンコウセイが引っ張り

ハイペースになりました。

馬場は発表こそ良馬場でしたが

時計のかかる馬場でした。

 

 

最後の直線、坂の途中では

ファインニードルはこの位置です。

前はセイウンコウセイが粘り

内からはこれを目がけて

レッツゴードンキが迫ります。

 

このレッツゴードンキの更に内から

ダンスディレクターが猛追し

外からはファインニードルと

ナックビーナスが追い上げてきます。

 

 

最後はファインニードルがハナ差交わして

見事優勝をもぎ取りました。

1番人気の本命◎レッドファルクスは8着で

終始後方のインを回る展開に泣きました。

 

今回のパドックロードの印は以下の通りです。

 

 

▲1着→☆6着→○7着→◎8着でした。

優勝馬ファインニードルは選べていますが・・・。

2頭以上の3着以内入線とはなりませんでした。

 

まず、優勝馬ファインニードルの仕上がりですが

この馬はいつもバランスが

やや整っていないような馬体に見える馬です。

今回もその点では変わりなかったのですが

それ以外の要素に関して

あまりにもよく出来ていたため

▲の印をつけるに至りました。

ツヤ、ハリ、筋肉量と素晴らしい仕上がりでした。

 

2着のレッツゴードンキ

あまりよく見えませんでしたので

思い切って無印にしてしまいました。

この馬は調教がレースに直結するタイプですが

その好調教を表すような

仕上がりには見えませんでした。

とにかくツヤが今一でしたし

冬場の牝馬はこういう仕上がりに

なりやすいものですが

それを考えてもおいそれとは

印を打ちにくい仕上がりでした。

 

3着のナックビーナス

良く仕上がっていました。

☆はセイウンコウセイにするか

このナックビーナスにするか

スノードラゴンにするかで

随分悩みました。

セイウンコウセイの方が

より絞れてシャープに見えましたので

上位に取ることにしましたが

ここははしくれの未熟さで

結果的に選びきれていませんでした。

ナックビーナスはバランスが良く

前走よりも良化が目立った一頭です。

 

◎レッドファルクス

やはり好仕上がりの一頭で

枠と馬場と展開を考慮すれば

致し方ない結果だと思います。

95点はつけられる仕上がりでしたが

何分この馬には流れが向きませんでした。

それゆえパドック予想よりも

データ予想で本命にしてしまった点の方が悔やまれます。

 

○レーヌミノル

成長を見せてくれました。

+6kgも太め感なく

筋肉の張りも良く

充実していた一頭です。

強豪に混じっての7着という成績なら

今後も同馬の走りには

期待ができると思います。

 

という事で・・・。

今回は馬場の回復具合を

読むのが難しかった事と

枠順と展開をもっと

吟味すべきだったと思います。

 

ファインニードルに関しても

左回りは当該コース1回のみの経験でしたし

少し気にしすぎたかなと

反省もしています。

 

スプリント界の新王者誕生となりましたから

今後の短距離路線での

活躍に期待です。

 

高松宮記念データ

・馬場状態:前日の稍重から回復した良。

・走破タイム:1分8秒5

・600m通過:33秒3

・ペース:ハイペース

・レース上がり3F:35秒2=勝ち馬34秒5



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です