ステルヴィオ優勝!スプリングステークス2018結果

 

強いものは強い。

差し届くかが焦点だった

1番人気のステルヴィオですが

終わってみれば最後きっちり捉えての優勝でした。

 

スプリングステークスでは

弥生賞時と大分馬場状態が違っていましたが

外を回って追い込んできた同馬は

さすがの一語です。

 

それではこのステルヴィオが優勝した

スプリングステークス2018の結果を

まずは予想から振り返って参りたいと思います。

 

<スプリングステークス2018予想>

本命◎ステルヴィオ

対抗○バールドバイ

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<スプリングステークス2018結果>

優勝馬・・・◎ステルヴィオ

2着馬・・・エポカドーロ

3着馬・・・マイネルファンロン

(○バールドバイ4着)

払戻金・・・単勝230円&複勝120円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ステルヴィオが優勝。

それでは早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

10番のカフジバンガードがやや出遅れます。

その他の各馬は好スタートで

赤丸で囲ったステルヴィオも

問題なくスタートを切ります。

 

 

大方の予想通りコスモイグナーツが先手を切り

前半の1000mは59秒6で通過します。

2番手以下は離されて

ややスローな流れです。

 

 

一頭だけ飛ばして行ったコスモイグナーツですが

4コーナーを回るとすぐに後続に捉まります。

2番手で機を窺っていた

エポカドーロが交わして先頭に立ちました。

 

このエポカドーロを外から鋭く

ステルヴィオが追い詰めますが

並んでからもエポカドーロは

しぶとく粘ります。

 

 

最後は2頭が競り合う形で同時にゴールしますが・・・

脚勢に勝っていたステルヴィオが勝利しました。

 

今回の反省点は

やはりこのステルヴィオ一点で良かったかな

というところです。

 

前日まではまだインが生きており

内を突いて伸びる各馬を警戒していましたが

日曜のこの段階では

随分内が荒れていました。

 

これを考えれば自ずと

ステルヴィオ本命に行き着きますが

同馬の差し切りをもっと

信じて良かったかなと思います。

 

また、パドックロードでの印は以下の通りでした。

 

 

◎1着→○5着→▲8着→☆12着でした。

順列は良いのですが

いかんせん相手が来ませんでしたね(^^;)

 

実はパドックを見て一番に

ステルヴィオで決まりましたが

このパドックには色々な葛藤(かっとう)がありました。

 

まず、ステルヴィオの仕上がりですが

85点というところで

仕上がってはいましたが

トライアル仕様でした。

ただ+6kgでしたが太め感はなく

成長の影を見ることもできました。

この仕上がりでも一番良く見え

上位の馬で取捨選択に

迷ってしまうほどだった弥生賞と比べると

単純に2番手以下がかなり混戦模様のパドックでした。

 

2番手にはレノヴァールでしたが

レースでは少し外を回りすぎましたね。

仕上がり自体は良かったのですが

もう少し全体的に引き締まると尚良いです。

バランスも良いタイプなので

中山も合っています。

もう少し柔軟性があれば更に良い馬です。

 

3番手はハッピーグリンでした。

この馬はやや線が細く

気になるところではありましたが

それでも総合的な仕上がりでは

上位と判断しました。

ツヤが今一でしたし

中山よりは東京向きの印象も受けました。

それでもまとまりで言えばやはり

3番手かなと思います。

 

4番手はライトカラカゼでした。

この馬は柔軟性とバランスに優れていますが

まだ全体的に馬体の緩さが目立ちました。

ただそれでも上位評価できる一頭でしたし

3着のマイネルファンロンと悩むところでした。

 

2着に来たエポカドーロ

毛ヅヤがあまりよく見えず

お腹周りも少し太くて無印にしました。

ただ筋肉の張りは上位でしたし

もっとバランスよく見えたら選べたかなと思います。

幅があるので中山コースは合っていますね。

 

それから3着に来たマイネルファンロンですが

非常にライトカラカゼと悩む仕上がりでした。

柔軟性のカラカゼか

筋肉のファンロンか・・・。

このあたりまだまだ修行が必要です。

精進致します。

 

最後に気になった2頭を上げると

バールドバイは中々好仕上がりの一頭でした。

ただ現時点では全体的に緩いです。

それは人気馬ルーカスにも同じ事が言えます。

特にルーカスは本番までに

この緩さを解消して筋肉をつけねばなりません。

これはかなりの上昇度が要求されると思います。

皐月賞はいっそパスして

成長を促した方が良いくらいに見えました。

 

ただこの時期の若駒には

急成長する馬もいますから

一概には言えないですが・・・。

東京向きの馬体なので

青葉賞は良いと思います。

今後の成長を見守りたい一頭です。

バランスは随一なだけに・・・。

 

という事で今回も

パドック診断が主でしたが

これから注意すべき点は以下の2点です。

 

①パドック診断では弥生賞組が上位。

②中山の芝Aコースはインのダメージが深い。

この2点です。

 

ただ、①に関しては

ステルヴィオは弥生賞上位組と遜色ないと思います。

エポカドーロは次走の仕上がりを見ないと

まだなんとも言えません。

 

今週末も的中を増やすために

②は特に要注意です。

日経賞ではこの点を考慮したいと思います。

それから今回のレースデータも

記しておきましょう。

 

スプリングステークス2018データ

・馬場状態:良。芝刈済み。インのダメージが深い。

・走破タイム:1分48秒1(平年並み)

・1000m通過59秒6

・ペース:ハイペース(単騎逃げ)

・レース上がり3F:36秒4(優勝馬34秒1=最速)

 

それでは長くなりましたが

今回はこの辺で。

好調のパドックロードの実績もぜひご覧ください。

今月は重賞で3着独占4回です☆

パドックロード(2018)3月度会員募集中!

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です