レインボーライン優勝!阪神大賞典2018結果

 

長距離適性。

やはりこの部分が重要だった

GⅡ阪神大賞典2018の結果でしたが

GⅠでもそのスタミナを遺憾なく発揮していた

レインボーラインがついに今日

長距離重賞を制覇しました。

 

戦前のクリンチャー

アルバートの2強ムードを打ち破り

重賞2勝目をあげたレインボーライン。

 

この阪神大賞典を

まずは予想から振り返り

結果を回顧していきたいと思います。

 

<阪神大賞典2018予想>

本命◎アルバート

買い目・・・単勝&複勝◎各200円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<阪神大賞典2018結果>

優勝馬・・・レインボーライン

2着馬・・・サトノクロニクル

3着馬・・・クリンチャー

(◎アルバート4着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎アルバートは4着・・・

それでは早速

結果を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

揃った飛び出しになりました。

外から11番のヤマカツライデン

最内からはトミケンスラーヴァ

そして500万下を勝ったばかりの

ムイトオブリガートが先団を形成します。

 

 

1週目のスタンド前ですが

1000m通過は60秒1のミドルペース

徐々にヤマカツライデンが

後続を引き離しにかかります。

 

向こう正面ではやや隊列が長くなり

少しバラけて進みましたが

そこから残り800mを迎える頃には

徐々に後続各馬が追い上げに入りました。

 

 

4コーナーを回って直線を向くと

クリンチャー以下2番手が台頭してきますが

一頭外を差して来る

レインボーラインの脚勢が目立っていました。

 

岩田騎手がここで内に切れ込んだので

サトノクロニクルが少し下げましたが

すぐに追い込んで2着争いに加わってきました。

(岩田騎手は過怠金。)

 

 

最後はインに切れ込んできた

レインボーラインがそのまま快勝。

3歳時のアーリントンカップ以来の重賞2勝目となりました。

 

今回は本命◎をアルバートに打ちましたが

「パドックロード」の予想でも

やはり同馬がよく見えました。

 

 

○1着→☆2着→▲3着→◎4着で上位独占の結果でした。

◎アルバートが4着ではありましたが・・・。

 

このアルバートは休み明けは

いつも緩さが目立つのですが

今回はかなりきちんと体ができていました。

汗はかいていましたが

十分走れる仕上がりにあり

○のレインボーラインと迷いましたが

本命と致しました。

 

レインボーラインは+10kgで出走でしたが

太め感は全くなく

全て成長分と考えて問題ないと思います。

筋肉の張りも十分で

本命とかなり迷いましたが

柔軟性でアルバートを上に取った結果です。

ただ、この仕上がりで天皇賞に出走できたら

かなり良い線行くのではと期待が高まります。

 

3番手はクリンチャーでした。

同馬は前走・前々走と常に馬場が悪かったですが

良馬場でも見所のある競馬をしてくれました。

旬に入って充実しており

ツヤが良ければ上記2頭に匹敵する仕上がりでした。

筋肉も充実しておりパワータイプの印象を受けます。

 

最後はサトノクロニクルですが

この馬は体型的に中距離向きに見えました。

それでこの結果ですから

走るなあという印象です。

柔軟性に富んだ馬体で馬自体がまだ若いですから

これからも色んなレースで活躍してくれそうです。

 

上記4頭はさすがに今回

人気どおりに仕上がっていました。

他に一頭上げるとすれば

ムイトオブリガートの出来は目を引くものがありました。

この馬は500万下を勝ったばかりには見えない馬で

自己条件なら十分に勝ち負けできると思います。

格上挑戦も納得でした。

 

さて

今回のデータ予想の敗因としましては

やはり休み明けのアルバートは

エンジンのかかりが遅い点でしょうか。

 

馬体もできていましたし

調子はかなり良さそうでしたが

幾分4コーナーあたりで

もたついているように見えました。

前走が3600mだった事もあるのかもしれません。

 

この点は昨年のオールかマーでも

見られた傾向ですので

もっと慎重に扱うべきでした。

 

これを差し引いても3着までには

届いてくれると思いましたが

やはり重賞勝ち馬たちとの

一戦ですから甘くはないです。

ただ天皇賞に出れば

上昇していると思いますので

メンバーと展開次第で面白い存在です。

 

戦前は2強対決の様相を呈した一戦でしたが

終わってみれば3~4番人気が

ワンツーの結果でした。

やはり競馬は簡単ではない

と実感できたレースでした。

次も精進して参ります。

以下に阪神大賞典2018のデータを記します。

 

・馬場状態:良。きれいな芝状態。

・走破タイム:3分3秒6

・1000m通過:60秒1

・ペース:ミドルペース

・レース上がり3F:36秒4(優勝馬35秒8=最速)

 

そして最後になりますが

次週はGⅠ高松宮記念です。

好調の「パドックロード」もぜひご利用ください☆

パドックロード(2018)3月度会員募集中!

(実績無料公開中です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です