オーシャンステークス2018結果&チューリップ賞2018結果

 

やはり芝状態が結果に色濃く影響した

GⅢオーシャンステークス

荒れる重賞ということで

人気は割れていましたが

それでもやはり今年も荒れた結末となりました。

 

それでは早速予想から振り返り

結果の発表へと参りましょう。

 

<オーシャンステークス2018予想>

◎ネロ

○スノードラゴン

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<オーシャンステークス2018結果>

優勝馬・・・キングハート

2着馬・・・ナックビーナス

3着馬・・・ダイメイフジ

(◎ネロ4着・○スノードラゴン11着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ネロは4着・・・。

早速結果を回顧して参りましょう。

 

 

まず、スタートは外枠15番の

レーヌミノルが好スタートを決めました。

ネロも普通のスタートから一気に前を目指します。

 

前半の600mは33秒5のハイペース

これはある程度予想通りの展開となりました。

勝ち馬キングハートは5~6番手の

インから3頭目の一番芝の良いところを回りました。

 

道中も手ごたえ抜群のこのキングハートでしたが

直線に入ると前で粘るネロに襲い掛かります。

坂で抜け出しを図りますが

ネロもしぶとく応戦します。

 

坂を上りきるところでは

ナックビーナスが外から切れ込み

この3頭で大勢が決したかに見えました。

 

ですが今度は更に外から

ダイメイフジが強襲し

粘るネロをハナ差退け3着に入線しました。

 

ちなみにパドック速報「パドックロード」

の印は以下の通りです。

 

 

▲3着→☆4着→○5着→◎12着でした。

 

う~ん・・・

4頭中3頭が掲示板に入線してくれましたが

馬券対象はダイメイフジのみとなってしまいました。

非常に残念です。

 

このレースは特筆すべき仕上がりの馬はなく

かなり横一線のメンバー構成に見えました。

 

レースを振り返ってみると

やはり芝の良いところを回った馬が強かったですね。

予想時にもお伝えしたとおり

インから2~3頭のところで

1~2着馬が誕生しました。

 

ただ、ダイメイフジの追い込みをみると

やや馬場が外差し馬にも

色気が出てきた感じもあります。

明日の弥生賞ではこの点、注意が必要でしょう。

 

以下データをまとめておきます。

 

オーシャンステークス2018データ

・馬場状態:良。インから2~3頭分が最も伸びる馬場

・走破タイム:1分8秒3

・600m通過:33秒5

・ペース:ハイペース

・レース上がり3F:34秒8

 

 

次にラッキーライラックの始動戦が注目された

GⅡチューリップ賞の結果をお伝え致します。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<チューリップ賞2018予想>

◎ラッキーライラック

○リリーノーブル

▲スカーレットカラー

買い目・・・単勝○100円、複勝○・▲各100円、3連複◎○▲100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<チューリップ賞2018結果>

優勝馬・・・◎ラッキーライラック

2着馬・・・マウレア

3着馬・・・○リリーノーブル

(▲スカーレットカラー7着)

払戻金・・・○複勝110円。

 

はしくれ・・・的中です!

が、ガミってしまいました・・・。申し訳ございません(・・;)

 

はしくれの本命◎ラッキーライラックは見事優勝してくれましたが・・・

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

 

まず、優勝馬ラッキーライラックですが・・・

スタートは5分に決めます。

外で一頭サラキアが大きく出遅れてしまいましたが

それ以外の馬たちは特段不利はありませんでした。

 

サヤカチャンとカレンシリエージョ

2頭がレースを引っ張ります。

前半の800mは47秒5のスローペース

3番手の絶好位をキープした石橋騎手は好騎乗でした。

 

4コーナーを回ってすぐに

外からマウレア、リリーノーブルが

追い出しを図りますが

ラッキーライラックは持ったまま

余裕の手ごたえで直線に向きました。

 

坂を上がっても末脚は衰えず

道中楽をできたのもあり

全くラッキーライラックには死角がありませんでした。

激しい2着争いを尻目に

余裕の2馬身差でゴールしました。

 

この一戦での「パドックロード」の印は以下の通りでした。

 

 

○1着→◎2着→☆3着→▲6着です。

 

やりました、3着独占です(*^^*)!

仕上がりに関して特筆すべきは

やはり◎に推したマウレアでしょう。

 

この馬は100%仕上がっていましたね。

やはり権利取りは絶対条件で

しかもこのメンバーが相手ですから

前走とは打って変わって仕上がっていました。

 

前走のクイーンカップでは無印にしましたが

今回は別馬のようでした。

どこまで上昇するか疑問でしたが

素晴らしい仕上がりでした。

 

また、優勝馬ラッキーライラック

未だに完璧な仕上がりというのを

一度も見た事がありませんが

今日も仕上げ8割でこの圧倒的な走りです。

これはものが違うという他はないでしょう。

+10kgでしたが+4kg程度に見えました。

 

3着リリーノーブルも仕上がりは8割でした。

馬格のある馬なので

休み明けでは良かった方

これは次走の本番では上昇してきそうです。

今回は締まりに乏しく叩き台の仕上げでした。

 

データ予想▲の

スカーレットカラーは切りました。

まだ馬体が緩いですから

今後の上昇次第でしょう。

 

代わりに入れたシグナライズ

これもとても良い馬です。

この馬は今後、伸びてきそうです。

 

レースの反省点としては

金曜前日のラッキーライラックの単勝オッズ

1.1倍がどれくらい回復するか

が判断し切れずに買い目を分散、

これが失敗の元でした。

きっちり買っていくべきでした。

 

チューリップ賞2018データ

・馬場状態:良。きれいな高速馬場

・走破タイム:1分33秒4

・800m通過:47秒5

・ペース:スローペース

・レース上がり3F:33秒9

 

さて

2重賞から始まりました

3月の開催ですが

「パドックロード」では早速

本線的中&3着独占

となりました。

 

まだまだ沢山のレース配信を予定しておりますので

ぜひ「パドックロード(2018)3月度会員募集中!

をご覧ください。実績無料公開中です。

 

それでは明日のGⅡ弥生賞も目一杯

楽しんで参りましょう☆

(弥生賞はこちらから→弥生賞2018予想・本命はダノンプレミアム




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です