京都記念2018結果・優勝馬はクリンチャー

 

圧倒的な一番人気に支持されたレイデオロ。

GⅠ馬4頭の中でも特に注目を集めましたが、

豪華メンバーの間を割って優勝をさらったのは、

菊花賞を2着としていた4番人気のクリンチャーでした。

 

一体どんな京都記念になったのか。

まずははしくれの予想からご覧いただき、

結果の発表後に回顧して参りましょう。

 

<京都記念2018予想>

◎レイデオロ

○クロコスミア

買い目・・・◎・○単勝各100円、複勝○100円、馬連◎ー○100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<京都記念2018結果>

優勝馬・・・クリンチャー

2着馬・・・アルアイン

3着馬・・・◎レイデオロ

(○クロコスミア8着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎レイデオロは3着・・・。

早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

やや挟まれるような形でレイデオロが出遅れますが、

外枠のアクションスターを除けば大体五分のスタートでした。

インからはプリメラアスール、

外からは、○クロコスミアが先頭を窺います。

 

重馬場でプリメラアスールは脚を取られたような動きで、

そうこうする内クロコスミアが単騎で前へと押し進めます。

後続もそこまで離れた展開にはなりませんでしたが、

モズカッチャンはやや後ろからの競馬を選択しました。

 

 

最初の1000m通過は63秒0。

重馬場ではありましたが、これは明らかに遅いペースです。

行く馬が居ない事は事前に把握できていましたので、

おそらくどの騎手にとっても想定の範囲内だったでしょう。

 

先頭のクロコスミアがそのまま馬群を引っ張る形で、

勝負どころの3コーナー~4コーナーの下りにかけても、

殆ど隊列が変わらないまま直線を迎えます。

ですが、直線を迎えてすぐにクロコスミアは失速してしまいます。

 

 

ここでは勝ち馬クリンチャーに赤丸をつけましたが、

ご覧のとおり馬場の3部~4部どころを通っています。

最内には後方で待機していたモズカッチャンが鋭く切れ込み、

レイデオロはクリンチャーの外を追い込んでいます。

 

そして、一旦は内からモズカッチャンが抜け出したかに見えましたが、

すぐさま中を割ってクリンチャーが力強く抜け出してきました。

レイデオロは切れ味を殺がれ、

外から変わってアルアインが勢いよく追い込んできます。

 

 

最後はクリンチャーがGⅠ馬3頭を従えてゴール。

菊花賞の無念を晴らす素晴らしい金星でした。

 

この結果を受けてはしくれがまず、なるほどと思ったのは、

馬場が菊花賞ほどではないにせよ、

相当ダメージを受けていたなという実感があった事です。

上位2頭は極悪馬場の菊花賞での経験が生きた感じで、

その点ではレイデオロは良く頑張ったと思います。

 

こういう馬場状態の時は、

逃げた馬や内を突いた馬が伸びにくいのが特徴で、

連戦コンビを組んで来たクリンチャーと藤岡騎手には、

この事が追い風でした。

 

ただ、予想時の反省をしなければならない点は、

インが潰れて外差し馬場へと変貌していた事でして、

この点の把握が甘かったなと反省しています。

 

因みに、「パドックロード」での印は以下の通りでした。

 

 

▲1着→◎3着→○4着→☆8着ですね。

当ブログ予想では対抗だったクロコスミアを、

仕上がりの差から☆に落としました。

何とか2頭が3着以内に入線してくれましたね。

 

やはり優勝馬クリンチャーは良い出来にありましたが、

もう少し絞れてくるともっと走れると思います。

ですがその状態でも金星を上げましたので、

この馬の成長力は確かだと思います。

 

2着馬アルアインはまだ太いところがありましたが、

今回を叩いた上積みが次走望めると思います。

毛ヅヤもまだまだ一息でしたし、8分の仕上がりでした。

 

レイデオロもまだ緩さがあり、

いかにもドバイの前哨戦としての仕上げに見えました。

ただ、馬体のバランスとしてはやはり一番目を引く馬体でしたし、

これで次走はかなり良い状態で臨めると思います。

 

モズカッチャンは典型的な叩き良化型ですね。

毛ヅヤも冴えませんでしたし緩さも残っていました。

ですが、お腹周りが絞れていたのが非常に好感でした。

以前はぼてっとしていましたので、これはかなり良い傾向でしょう。

 

クロコスミアも悪くはない仕上がりにありました。

ただ、今回は仕上がりよりも展開と馬場に泣きました。

得意の重馬場でスローペースと条件が揃ったと見ていましたが、

荒れ馬場とインコースの影響が勝った感じです。

このあたりが詰められると予想家として一皮剥けられると思いますので、

今後も気をつけたいと思います。

 

このレースのパドックの総括としましては、

やはり「仕上がり8分の馬の争いだった」という事です。

4頭目のGⅠ馬ディアドラに関しては6分でしたし、

この一戦で勝負付けが済んだとは言い難いです。

この事は覚えておいて損はないかと思います。

 

さて・・・。

断然1番人気のダービー馬レイデオロは敗れましたが、

馬場と展開を考えれば悲観すべきではないと思います。

重馬場の予想はいつも難しいものですが、

この一戦をバネに再度挑戦したいと思います。

 

そして、今回もはしくれを応援くださった皆さん、誠にありがとうございました。

これからも的中を目指して精進致して参りますので、

どうぞお付き合い下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

*優勝馬クリンチャーの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に心よりお祝い申し上げます。

*クイーンカップ2018の無料予想はこちらからご覧ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です