共同通信杯2018予想・本命はグレイル

 

☆共同通信杯2018予想・本命はグレイル

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

近年、クラシックの有力馬を次々に排出しているこのレースですが、

今年も一頭、関西から大物が参戦してきます。

その名もグレイル

 

聖杯という意味の馬名ですが、

その名に相応しい気品のある馬体と、

大物としての器を感じさせる逸材です。

 

まだ馬に若いところがあると武騎手も話していますが、

それでいてタイムフライヤーを差し切るのだから、

期待も相当高まります。

そこで今回の予想としては、以下の結論に達しました。

 

<共同通信杯2018予想>

◎グレイル

買い目・・・単勝200円、複勝200円。計400円。

 

以上です。




今回は◎グレイルの応援馬券としました。

正直、この馬以外に本命を託せる馬もいないですし、

対抗としてどれかの馬を立てる気にもなりませんでした。

その理由は主に3つあります。

 

①同馬の戦歴が飛びぬけている

②それでいて未完成なところがある

③馬体が素晴らしい

 

この3つです。

 

まず、①は先ほども述べましたが、

GⅠ馬タイムフライヤーを外から差し切っていますし(京都2歳ステークス)、

この事実ひとつとっても世代上位は間違いありません。

且つ、新馬戦で重馬場も経験済みで雨の心配もありませんし、

この新馬戦を快勝しての強敵相手の重賞連勝は、

馬場を考えれば相当のスタミナがなければ無かった勝利だと思います。

つまりは2400mのダービーを意識できる馬です。

 

②は未完成さですが、

この時期の大物の多くはこういう「遊び」を残しているもので、

グレイルにもこれが見られるのは、むしろ良い傾向だと思います。

手前を変えるのが得意でないとか、

エンジンのかかりが遅いというのも、

馬の素質の問題ではなく、競馬を覚えてないからでしょう。

荒削りながらGⅠ馬に勝つ実力は相当です。

 

③は馬体の素晴らしさです。

これは前走時パドック予想で本命◎に推したほどですが、

バランス・筋肉・体型・輪郭、どれをとっても一流でした。

今年の3歳世代の馬には好馬体の馬が多いですが、

この点に関しましても心配無用と思います。

ただ、実際の仕上がり自体は当日まで分かりませんので、

情報が必要な方ははしくれの「パドックロード」をご利用下さい。

 

と、いう事で・・・。

 

今年の共同通信杯2018の予想は、

本命グレイルの応援馬券であっさり決まりました。

 

奇策に出た馬がツボにはまるとか、

他馬の馬体の成長があまりにも目立つ事でもなければ、

まずデータから見ても通過点だと思います。

 

新たな歴史の扉を開けるような、

豪快な走りに期待したいですね☆

 

*京都記念2018の予想はこちらからご覧ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「共同通信杯2018予想・本命はグレイル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です