東京新聞杯2018予想・本命はダイワキャグニー

 

☆東京新聞杯2018予想・本命はダイワキャグニー

 

切れ長な馬体、東京コース4-0-0-2の実績・・・

今回の東京新聞杯2018の予想は、本命ダイワキャグニーです。

 

東京開催になってはしくれがまず気にかけている事は、

開催初日からきれいな馬場とは言えなかった芝状態です。

天気は晴れて良馬場の施行が望めそうなのは良いのですが、

この点を考慮すると同馬に落ち着きました。

 

詳しい予想の内容は後述する事として、

まずははしくれの予想印と買い目の発表に参りましょう。

 

<東京新聞杯2018予想 印&買い目>

◎ダイワキャグニー

○サトノアレス

▲ハクサンルドルフ

買い目・・・単勝◎~▲各100円、馬連ボックス◎~▲各100円、計600円。




本命◎はダイワキャグニーです。

先述のとおり今の東京の芝状態はきれいとはいえず、

部分部分で荒れたところが目立つ芝状態です。

 

前目で運んで粘りこみを狙う馬にはかなりタフな芝状態で、

かといってあまり後方から追い込むのも届きそうにありません。

つまりは好位から一脚使えて東京コースを味方にできる走りが求められます。

 

そこで白羽の矢が立ったのが東京4-0-0-2という巧者の同馬ですが、

鞍上も横山騎手から変動が無いのも好感です。

前走の中山金杯ではスローペースを中団~後方待機したのが裏目でした。

馬体自体は仕上がっており、今回もそれを維持しているような調教が伝えられています。

 

こういう「コースを選ぶタイプ」は毎回が勝負レースになりやすく、

それだけに仕上がりも良くスタートを迎えられそうです。

また、外枠スタートという点も荒れ気味の内を回避できる事から良い方に出そうですし、

末脚は堅実な馬ですから勝機はあると思います。

 

対抗○にはサトノアレスです。

この馬は朝日杯でGⅠを制した逸材ですが、

その後は消化不良のレースを繰り返して来ました。

 

これは一重に同馬に運が少し足りないと言った結果で、

その敗戦には毎度明確な敗因が見つけられます。

距離延長や重馬場に出遅れ、休み明けなど明確で、

さして原因が無いときはきちんと連対を果たしています。

 

これは同馬の地力が高い証拠と判断できますし、

今回は流れも向きそうで1-1-0-1と相性の良い東京が舞台です。

元々マイルのGⅠ馬ですし、地力の高さに注目です。

 

▲にはハクサンルドルフです。

この馬はまだ準オープンを卒業したばかりの身ですが、

その切れ味は57.5kgを背負って32秒2を記録する程切れる末脚を持っています。

 

スローの瞬発力勝負に近いレースが見込まれる今回、

同馬にとっては末脚を生かす絶好機と言えそうです。

枠も中程の9番枠で周りを見ながら行けるのも良く、

安定感ある戸崎騎手が鞍上なのも好感です。

 

今回は熱発明けで体調は気がかりですが、

少しずつ着実に成長を促されて来ました。

季節を問わず大崩れしないタイプでもありますし、

重馬場を得意としているようにスタミナもあります。

久々の56kgで末脚に磨きがかかれば、

この重厚なメンバーに入っても突き抜けておかしくありません。

 

買い目は乱戦模様でオッズが割れているため、単勝を散らしていきます。

 

さて、オッズが示しているとおりに混戦模様の重賞ですが、

東京新聞杯2018の予想は以上になります。

若い4歳~5歳世代の上記3頭に期待をしつつ、

パドックでの仕上がりにも注目したいと思います。

 

それでは、皆さんの馬券の収支改善を願って・・・

グッドラック☆

 

*きさらぎ賞2018のはしくれの予想はこちらからご覧下さい。

*はしくれのパドック速報「パドックロード」はこちらからどうぞ。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です