きさらぎ賞2018予想・本命はカツジ

☆きさらぎ賞2018予想・本命はカツジ

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の日曜日には京都競馬場で、

GⅢきさらぎ賞2018が開催されます。

 

新馬戦で素晴らしい末脚を見せたダノンマジェスティが人気ですが、

はしくれの本命◎はカツジに決定しました。

 

現在の京都競馬場の芝状態は例年にないくらい荒れており、

この馬場が展開を左右して結果に影響を与えています。

スローペース濃厚なメンバー構成を考えると、

おいそれとダノンマジェスティを本命にはできませんでした。

 

更に詳しい見解は後述するとして、

まずははしくれの予想印と買い目の公開に参りましょう。

 

<きさらぎ賞2018予想・印&買い目>

◎カツジ

○サトノフェイバー

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連&ワイド◎ー○各100円、計400円。




本命◎はカツジです。

先述のとおり今の京都競馬場の芝状態は荒れています。

ただでさえピッチのあがりにくい京都外回りの中距離戦で、

この馬場状態を考えると差し馬は選びにくいです。

 

そこで好位で立ち回れて一脚使える同馬を本命に指名したわけですが、

距離延長の今回にしてもおそらく不安はないと思います。

というのも、同馬は重馬場の新馬戦を快勝しており、

続く重賞・デイリー杯2歳ステークスも連対を果たしたからです。

 

こういう結果が残せる馬にはスタミナが有る馬が多く、

200mの距離延長ならさして影響は無いと思います。

また、若駒らしくフレグモーネで休養明けとなりますが、

大事には至らなかったようで調教でも動けています。

このレースは1勝馬では苦戦傾向もありますから、

2戦2連対の同馬のキャリアも生きてくると思います。

 

対抗○にはサトノフェイバーです。

同馬は今回おそらく逃げて競馬をすると思いますが、

少頭数のスローペースで展開有利は明らかです。

 

問題はどれくらいのペースで逃げるかにもよりますが、

前走の初戦V時も最後の600mでは末脚を伸ばしています。

今回もこの前走と似たような走りができそうですし、

先行するとしぶとい血統のゼンノロブロイ産駒です。

 

鞍上にはローカルで逃げて穴を開ける古川騎手が騎乗しますが、

今回のメンバーならば京都でも一発が狙えそうです。

他馬にとって追い込みにくいペースを巧みに作り出す事ができれば、

最後まで先頭で粘り切るシーンも有るでしょう。

 

買い目は絞って2頭の単勝、馬連・ワイドで臨みます。

 

さて、クラシックに直結してくる大事な一戦・きさらぎ賞2018。

最初にゴールを駆け抜けるのはどの馬になるでしょうか。

当レースの各馬の仕上がりも非常に楽しみなところです。

パドック速報の配信結果は回顧にてお伝えいたしますので、

そちらもぜひお楽しみになさって下さい☆

 

*東京新聞杯2018のはしくれの予想はこちらからご覧下さい。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「きさらぎ賞2018予想・本命はカツジ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です