シルクロードステークス2018結果・優勝馬はファインニードル

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は京都競馬場で、

GⅢシルクロードステークス2018が開催されました。

 

昨日から時折降雪を観測していた京都競馬場ですが、

当レースの施行はなんとか良馬場でとなりました。

この一戦で優勝したのは最内枠のファインニードルでしたが、

はしくれの予想は果たして的中したのでしょうか。

 

まずは予想からご覧いただき、

結果の回顧へと参りたいと思います。

 

<シルクロードステークス2018予想 印&買い目>

◎ダイアナヘイロー

○ナックビーナス

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎200円、ワイド◎ー○100円、計400円。

 

結果はこちらです。

 

<シルクロードステークス2018結果>

優勝馬・・・ファインニードル

2着・・・セイウンコウセイ

3着・・・フミノムーン

(◎ダイアナヘイロー16着)

(○ナックビーナス5着)




はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダイアナヘイローは16着・・・

早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

少しばらついたスタートになりました。

外でラインミーティアが、内でグレイトチャーターのダッシュがつきません。

対して外でミッキーラブソング、ナックビーナスが好スタートを切りました。

押して行く各馬の中で誰が先頭に立つのかですが・・・

 

序盤は早めに仕掛けて行ったセイウンコウセイがハナに立ち、

はしくれの◎ダイアナヘイローは控えて2番手を進みます。

予想ではこのダイアナヘイローとナックビーナスのハナ争いでしたが、

58kgを背負っても果敢にセイウンコウセイが行きました。

 

 

最初の600m通過は34秒0でしたが、

これは今の馬場を考えれば中々速い時計です。

先頭の青い帽子、セイウンコウセイが手応えよく4コーナーを回っていきます。

 

 

赤丸で囲った◎ダイアナヘイローは一体どうしてしまったのか、

全くこのセイウンコウセイに付いて行く事ができません。

そうこうする内、3番手からファインニードルが踊り出て、

ここから一気に後続との差を開きにかかります。

 

 

最後は2馬身の差をつける完勝の内容でしたが、

同馬のスプリンターズステークスからの巻き返しは見事でした。

そして2着に粘ったセイウンコウセイ、

3着には大穴のフミノムーンが入りました。

 

今回のはしくれの敗因は、まずペースにありますが、

終わってみればミドルハイで、

且つセイウンコウセイがハナを切るのは正直想定外でした。

スローになるという想定はものの見事に外れました・・・

 

とはいえ1~2着馬が3・1番手で走っていたので、

2番手を追走していたダイアナヘイローの位置取りが悪かったとは思えません。

同馬はスプリンターズステークスでも大敗を喫していますが、

意外な程の敗戦を喫してしまったという印象です。

 

馬場に関してはやはり荒れ馬場で内側が有利でした。

この点はBコース替わりでも変わらないだろうと踏んでいましたが、

恐らく来週もこの傾向は継続すると思います。

雪の影響は特段見られませんでした。

 

 

こちらはパドック速報での印です。

◎ダイアナヘイローの仕上がりは良かったと思います。

全体的に冬場でもあり、仕上がり8分の馬が多かったですが、

その中でも上位の仕上げにあると判断できました。

それだけに今回の16着は本当に驚きました・・・。

敗因はちょっと現時点では分からないところです。

 

○には大分体のバランスが良くなってきたカラクレナイを選びました。

前残りの流れの中で良く追い込んで4着でしたが、

こちらは◎とは対照的に近走不振の出口がようやく見えてきた感じです。

 

▲セイウンコウセイは冬場に仕上がりが良くなるタイプで、

今回も昨年よりは劣るものの良い仕上がりにありました。

落ちていた筋肉の張りがかなり戻ってきましたね。

 

☆タマモブリリアンは17番人気と評価こそ低かったですが、

2着セイウンコウセイとはコンマ4秒差の9着でした。

張り、ツヤ共にかなり目を引く仕上がりで、

最内枠のファインニードルと迷ってこちらを選択しました。

 

優勝馬ファインニードルは実に取捨が難しかったです。

発表では馬体重が前走から+18kgでしたが、

はしくれの目には+4~6kg程度の感じに映りました。

それでも太め残りの判断に変わりはありませんでしたので、

印を回すところまでは辿り着けませんでしたが、

張りツヤに関して言えば良かったと思います。

 

3着フミノムーンも8割仕上がっていましたが、

何分ツヤはあまり良くなくその点が割引でした。

ただ、結果の通り走れる仕上がりにはありましたので、

大穴を開けたとはいえ別段驚きはしませんでした。

 

それから今回の結果は仕上がりよりも、

枠の影響が強かったかと思います。

1~3着馬が馬番7番以内で決着という結果からも、

パドックではちょっと厳しい結果になってしまいました。

それだけに外枠のカラクレナイは良く頑張ってくれたと思います。

 

さて・・・

総評としては全馬完璧には仕上がっておらず、叩き台の色が濃い一戦でした。

馬場は相当内有利なのが改めて判明しましたので、

展開をよく読みながら次週は対処したいと思います。

 

そして、今週も応援下さった皆さんに心より感謝致します。

当ブログ予想・メルマガ「パドックロード」共に、

より一層の精進を致しますので、

これからもどうぞ当ブログを、よろしくお願い申し上げます。

 

*優勝馬ファインニードルの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に心よりお祝い申し上げます。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です