アメリカジョッキークラブカップ2018結果・優勝馬はダンビュライト

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、日曜日に中山競馬場で開催されたGⅡ、

アメリカジョッキークラブカップ2018の結果

についてお伝えしたいと思います。

 

4歳馬ダンビュライトが鮮やかな勝利を飾りましたが、

果たしてはしくれの予想は的中したのでしょうか。

先ずははしくれの予想からご覧いただき、

結果の回顧へと参りましょう。

 

〈アメリカジョッキークラブカップ2018予想・印&買い目〉

◎ダンビュライト

〇マイネルミラノ

買い目…単勝◎100円、複勝◎・〇各100円、馬連◎ー〇100円、計400円。

 

結果はこちらです。

 

<アメリカジョッキークラブカップ2018結果>

優勝馬・・・◎ダンビュライト

2着・・・ミッキースワロー

3着・・・○マイネルミラノ

払戻金・・・単勝390円、複勝140円、680円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ダンビュライトが1着・・・!

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

特に目立った出遅れも無く、揃った飛び出しになりました。

坂が控える最初の直線、何が出て行くのかというところでしたが・・・。

最初は何と、はしくれの本命◎ダンビュライトが前に出ました。

 

実況アナも驚いたような声を上げていましたが、

坂も上り切る頃になるとダンビュライトを制して結局、

予想通りに○マイネルミラノが先手を奪いに行きました。

 

 

序盤はこの2頭に加えてトミケンスラーヴァも前に行きかけましたが、

マイネルミラノが先手を主張し、

2番手をダンビュライトが主張する形をとると、

すぐさまポジションを下げるように中団に位置取りました。

 

 

前半の1000mの通過は61秒3で、

レース全体の時計からはスローペースとなりました。

赤丸で囲ったダンビュライトはこの位置で2番手、

先頭を切るマイネルミラノも速いペースではありませんから、

3番手以降の待機組みは既に出番が無さそうでした。

 

 

4コーナーを回ってついにマイネルミラノが捉まりますが、

とはいえ前を行く2頭の手応えは、まだ余裕がありました。

ダンビュライトが手ごたえ十分に坂で先頭に立ちましたが、

マイネルミラノも離されずに良く粘っていました。

 

この時点ではしくれは◎・○2頭のワンツーも過ぎりましたが、

中団からミッキースワローが勢い良く差して来ました。

さすがに得意の中山2200m、末脚も鋭かったです。

ダンビュライトには届きませんでしたが、

マイネルミラノをミッキースワローが交わしたところがゴールでした。

 

 

ダンビュライトはこれで初の重賞勝利を飾りましたが、

はしくれとしても今回の一戦は予想が非常に上手く行った一戦で、

展開とスローペース、インを突いた馬の粘走、

マイネルミラノの単騎逃げと全て予想通りでした。

(予想の詳細はアメリカジョッキークラブカップ2018予想・本命馬は…をご覧ください)

 

そして今回は当ブログ予想よりも、

更に精度の高い予想をメルマガ「パドックロード」にて配信する事ができました。

因みに結果は以下の通りです。

 

 

ご覧の通り、◎1着→○2着→▲3着とパーフェクトでした(*^^*)

やはり相馬眼を駆使した予想の方が好結果に結びつきます。

この週、新たに2名の方がメルマガを購読して下さいましたが、

予想をお役立て頂けていればこれ以上ない幸いです。

 

また、この予想結果はリンクにて無料で公開中ですので、

その真偽を直にお確かめ頂く事も可能です。

 

 

また、この日の配信では京都10Rでずば抜けた馬が居り

こちらも配信致しましたが・・・。

 

 

何と発走前に故障で除外になってしまいました(泣)

 

あとは残る○ラズールリッキーの馬券頼みとなりましたが・・・。

このラズールリッキーが見事2着に入ってくれ、

複勝870円(10番人気)を手にする事ができました。

◎リモンディの単勝を厚めに買っていたので残念でしたが、

的中は素直に嬉しい結果となりました。

 

また、この◎リモンディは本当に素晴らしい馬で、

重賞戦線でも活躍できる馬だと思いました。

怪我を治して良い状態で復帰してほしいものです。

 

はしくれの「パドックロード」は超お値打ち価格で配信中ですので、

ご興味を持たれた方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

 

さて、話を戻しますが・・・

1~3着パーフェクト的中となったAJCCパドックの各馬の診断結果ですが、

まず◎のダンビュライトは殆ど100%仕上がっていました。

これは勝負に出たなという仕上がりで、

無駄が全くありませんでした。

 

不良馬場の菊花賞でのダメージも殆ど無く、

前走で勝利したのはやはり充実の証でしょう。

今回馬体は前走よりも仕上がっていましたが、

絞れてスタミナのありそうな体つきで丈夫そうなのも好感です。

これ以上は分かりませんが、これからも期待が持てる一頭に違いありません。

 

2着のミッキースワローに関しては、今回は仕上がり8分でした。

まだ馬体に緩さが残り、絞りきれていない印象でした。

と言っても太め感はなく、走れる仕上がりにはありました。

ツヤが今一に感じたので、春に向かってこれから更に良くなると思います。

 

3着のマイネルミラノはほぼ100%仕上がっていました。

それでも印が▲なのはミッキースワローとの体型の差です。

マイネルミラノという馬の特徴は腹袋の大きさにあり、

この体型が最後の切れを殺ぐ事に繋がっています。

実際切れるミッキースワローに差し切られたのは偶然ではなく、

それだけに先行する競馬が命題となるでしょう。

 

☆トミケンスラーヴァは8着という成績でしたが、

同馬も胴周りが太いタイプで切れ味では分が悪そうです。

押し出されての逃げ馬タイプで今回は控えて行きましたが、

多少のハイペースでも逃げるくらいの思い切りが必要でしょう。

ただ、全体のバランスは良く今が旬だと思います。

 

最後に、人気馬ゴールドアクターの仕上がりについてですが・・・。

無印にした通り、買える仕上がりでは有りませんでした。

馬体のバランス、肉付きともに相当にちぐはぐで、

かなり突貫工事で出走に漕ぎ着けた印象を持ちました。

 

やはり舞台が同馬にとって最適という事もあり、

復帰が遅れて焦りもある中、出走に踏み切ったのかなと思います。

次走については分かりませんが、

もう少し時間をかけて芯を作ってほしいと思います。

何と言っても有馬記念を優勝した名馬ですから、

ゆっくりとでも良い状態で復帰してほしいと思います。

 

以上がはしくれのパドック診断です。

因みにはしくれのパドックの見方の基本極意は、

パドックの見方、お教えします!で既にお伝えしていますので、

相馬眼を鍛えたい方はぜひご一読ください。

 

と、言う事で・・・。

皆さんのアメリカジョッキークラブカップ2018の結果はいかがでしたか?

はしくれはダンビュライトの今後に期待が膨らむ、嬉しい一戦となりました。

競馬観戦には寒さが一段と増す厳しい季節ではありますが、

熱戦を期待しながら今後の競馬も楽しみましょう。

 

そして皆さんの「競馬の収支改善」に、

当ブログが少しでもお役に立てますよう精進致しますので、

これからも末永くよろしくお願い申し上げます。

 

*優勝馬ダンビュライトの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に心よりお祝いを申し上げます。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「アメリカジョッキークラブカップ2018結果・優勝馬はダンビュライト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です