セダブリランテス優勝!中山金杯2018結果

 

☆セダブリランテス優勝!中山金杯2018結果

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

2018年の回顧記事はまず、

最初の重賞開催となった中山金杯2018です。

 

このレースではしくれが本命◎に推したのはセダブリランテスでしたが、

タイトルにも記載した通り、

見事優勝を果たして的中を届けてくれました!

 

新年最初の重賞である金杯を的中できたのは、

とても幸先が良いなあと嬉しく思っています。

今回のレースでは当ブログでも様々な変革がありましたので、

まずはほっと一安心と言ったところです。

 

とはいえ、ここで浮かれてばかりではその後の予想に響きますので、

まずはしっかりレースを回顧して、

次に繋げていきたいと思います。

因みに当ブログ予想は以下の通りでした。

 

<中山金杯2018予想 印&買い目>

◎セダブリランテス

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎300円、計400円。

 

結果はこちらです。

 

<中山金杯2018結果>

優勝馬◎セダブリランテス

2着ウインブライト

3着ストレンジクォーク

 

払戻し金・・・単勝250円、複勝130円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)




それでは早速的中となった中山金杯2018の結果を、

画像を交えて振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

ほぼ揃った飛び出しになりました。

最内枠でウインブライトがやや好スタートを決めましたが、

特別ロケットスタートというわけでもありません。

ここから坂を上りながら、各馬位置を確保しに行きます。

 

 

そして序盤は各馬控えて、やはり無理して前に行く馬はいません。

このあたりは予想時にもお話したとおりですが、

コース形態とメンバー構成からゆったりした流れになりました。

セダブリランテスは3番手を追走しています。

 

先頭に立ったのは3番のトーセンマタコイヤでしたが、

少し予想と違ったのは14番のマイネルミラノが逃げなかった事ですね。

これにより序盤は更にスローな流れとなりました。

 

 

1000mの通過タイムは61秒5のペースで、

これは馬場も良かった事から、かなりのスローと言えるでしょう。

この流れを嫌って3コーナーではマイネルミラノが仕掛けましたが、

このマイネルミラノにとってはちぐはぐな競馬になってしまいました。

 

これによりペースが上がって各馬手綱が動きますが、

前半のリードがある為、差し馬には苦しい展開でした。

前目で運んだセダブリランテスも、

手綱こそ動きましたがまだスタミナに余裕が有ります。

 

 

4コーナーを回って最後の直線に入りました。

赤丸で囲ったセダブリランテスは絶好の4番手です。

ただ、先頭のマイネルミラノを早めに捉まえたウインブライトが、

後続を素早く引き離しに掛かります。

これで一旦は離されたかに見えたセダブリランテスでしたが・・・。

 

 

最後の坂でもう一伸び、前を捉えて優勝しました。

最後まで衰えない末脚で、スタミナも披露してくれましたね。

 

ところでこの中山金杯2018ではしくれが改革した点に、

◎の単複をだけを買った事が挙げられますが、

その緒戦を良い形で締めくくれたのは一安心です。

 

また、当ブログ予想時にもセダブリランテスの馬体について触れましたが、

当レースの有料パドック配信予想は、以下の通りでした。

 

 

今回は初めての試みとして短評を入れてみましたが、

やはり◎はセダブリランテスで「かなり良い」でした。

張りの有る馬体は特にパドックでも目立っていました。

 

同馬は発表では+8kgの馬体重でしたが、

それは全て筋肉量の増加によるものだと思いました。

予想時にも触れた通り緩さがなくなればもっと走ると思いましたが、

実際にも以前より緩さがなくなり、

付いてくると思ったところに筋肉がのってきました。

これは明らかに同馬の成長を示すものだと思います。

データ予想でも本命でしたし、安心の◎でした。

 

驚いたのは2着に入線したウインブライトなのですが、

この馬は発表どおり+10kgという太めの馬体で、

それにもかかわらず好走していますから、

能力は相当高いと思います。

ハンデ差も1kgありましたし、

これはデータ予想で本命にされた方などは、

落胆する必要はないと思います。

次走以降、絞れてくれば更に怖い存在です。

 

さて、復習をまとめると、

まず馬場状態に関してですが、

Cコースに変更して殆ど内外変わらないので、

結果的にロスの無い内が有利と言える内容でした。

道中内目で溜められた上位3頭は、この点活きてきましたね。

 

また、ペースはマイネルミラノが最初から先頭に行かなかった以外は、

殆ど想像したとおりのスローペースとなりました。

道中のペースアップが早めになりましたから、

最後はやや持久力を要求される展開でした。

最後の急坂を越えるスタミナも必要だったと思います。

 

総括すると中山金杯2018の感想としましては、

上位2頭の素質の高さがかなり際立っていたと思います。

特にセダブリランテスはまだキャリアも浅いですから、

馬体の充実を含めて今後も更に楽しみな存在です。

 

中距離路線で早くも新星登場となった中山金杯2018。

新年最初の重賞を獲らせてくれた優勝馬セダブリランテスを、

これからも一ファンとして注目していきたいと思います。

 

*セダブリランテスの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。この度は誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です