フェアリーステークス2018予想・本命はサヤカチャン

 

☆フェアリーステークス2018予想・本命はサヤカチャン

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

東西金杯が終わって中央競馬の開幕が告げられましたが、

日曜日もGⅢフェアリーステークスが中山競馬場で開催されます。

 

昨年はアエロリットが2着に入線したレースですが、

勝ち馬は10番人気のライジングリーズンでした。

明け3歳の牝馬限定戦という事で荒れる傾向がありますが、

はしくれの本命◎はサヤカチャンに決定しました。

 

それでは早速、予想印と買い目をご覧頂き、

予想の根拠の説明へと移って参りましょう。

 

<フェアリーステークス2018予想 印&買い目>

◎サヤカチャン

○ライレローズ

▲プリモシーン

買い目・・・単勝◎・○・▲各100円、ワイド◎ー○100円、計400円。




本命◎はサヤカチャンです。

今の中山の芝状態はCコースへ変更して概ね良好、

となれば気になるのはどんなペースになるのかです。

 

このフェアリーステークスの過去5年は極端な結果となっており、

逃げ馬が勝つか差し馬が勝つかの殆ど二択となっています。

これはどんなラップ構成になるかにもよりますが、

瞬発力勝負になるのかどうかが問われていると言えます。

 

そこで今年のメンバーを見渡すと、

はっきり逃げて競馬をしそうなのはサヤカチャンだけと思われ、

同馬が1枠1番を引いたのは幸運と言えそうです。

 

前走では阪神JFを14着大敗でしたが、

今後を見据えて控える競馬をしたのが裏目に出た印象で、

こうなれば得意の型に戻してくると思います。

瞬発力にも疑問があるので適度にラップを刻むと思われ、

最後は持久力を生かして押し切ってしまうと見ます。

 

対抗○にはライレローズです。

おそらくサヤカチャンの逃げは確定的だと思われますが、

万が一サヤカチャンが逃げなかった時の候補が同馬です。

 

逃げ馬が残る展開だと好位競馬組も上位に食い込みますが、

この馬は逃げても逃げなくても自在性を武器に立ち回るでしょう。

実際前走の未勝利戦では前々で運んで見事に勝利、

スタミナのあるところは父ディープブリランテ譲りでしょう。

 

この馬の理想としてはサヤカチャンを壁にしての2番手追走だと思いますが、

これだと逃げ切りを許してしまう可能性も高いです。

それだけにコンビが変わらず3戦連続北村騎手で、

マイルも連続3戦目なのが仕掛けの妙を生みそうです。

 

最後に▲はプリモシーンです。

同馬を最後に選んだ理由は、

もしもペース予想が外れて瞬発力勝負になったとき、

外から猛然と追い込んでくるのが同馬だと思ったからです。

 

展開やペースを読むのは競馬予想では必須ですが、

とはいえアテが外れたときの事も考えねばなりません。

基本的に当ブログでは買い目を抑えて対処しますが、

今回はもしもの備えに同馬をプッシュしておきます。

 

その瞬発力は柔軟性に富んだ馬体を作る木村厩舎らしい武器で、

前走のマイル戦でも33秒2という高速上がりを計時しています。

もし前が飲み込まれて差し届く展開なら、

まず同馬の末脚が一番の脅威になるでしょう。

 

買い目は2パターンを想定して、単勝を散らします。

 

さて、毎年荒れた結果となるフェアリーステークスですが、

2018年の予想結果は果たしてどう出るでしょうか。

こういうレースは馬券の対応力が特に求められる一戦です。

レース結果から復習するのが楽しみでもありますね。

 

昨年はアエロリットがGⅠを制しましたし、

このレースから活躍馬が出てくる事を期待しましょう☆

 

*シンザン記念2018のはしくれの予想はこちらで無料公開中です☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「フェアリーステークス2018予想・本命はサヤカチャン」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です